子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2016年06月08日

楽しく英語に慣れよう♪家庭でできる英語あそび5つ

楽しく英語に慣れよう♪家庭でできる英語あそび5つ

2018年から小学校で英語が必修化することが決まりましたね。子どもが授業についていけるのか、不安に思うママもいるのではないでしょうか?今回は、小さなうちから遊びながら英語に親しむ方法をご紹介します。

子どもが小さなうちから楽しく学ぼう!

親の世代では、中学校から習うものだった英語。2018年からは小学校で必修化されたりと、英語力の必要性が高まっています。小学校に上がってから慌てて英語を覚えるよりも、小さいころからの遊びで自然に習得する方が断然有利!お金をかけずに家庭で出来る英語遊びの方法を3つご紹介します!

英語は何歳からはじめるべき?

子どもが簡単な単語を話せるようになってくると、一度は考えるのが「英語っていつから始めたらいいのかな?」ということ。モヤモヤしたまま何もせずに何年も経ち、気が付けばおしゃべり上手な4歳になってしまったという人も多いかもしれません。

しかし、英語を始めるのに何歳がいちばん良いということはありません。大切なのは、子どもが「やってみたい。楽しい」と思えるかどうかです。2歳から英語を始めても、親に押し付けられてイヤイヤやっていては身になりません。それよりも、3歳、4歳から楽しんで英語を始める方がいいこともあります。小さいころに始める方が習得は速いと言われていますが、大切なのは本人が楽しめるかどうか。大好きなママやパパと一緒に楽しめる英語遊びなら、英語もぐんぐん吸収していってくれますよ!

家庭で出来る英語遊び5つ

英語でまねっこ遊び

大人が指示した英語通りに子どもが動く、「まねっこ遊び」です。JumpやWalkなど遊びに使う動詞の意味、kangarooやdogなどの動物の名前はあらかじめ子どもに教えておきます。子どもにわかりやすいように、大人の指示は「動詞(Jump跳ぶ、Walk歩くなど)+like+動物(kangarooカンガルー、dog犬など)」といった風に簡潔な文章に統一します。例えば、「Jump like a kangaroo!」なら「カンガルーみたいに跳んでみよう!」といった具合です。いろいろなパターンで試してみてくださいね。いろいろな動物になりきってジャンプしたり、歩いたり・・・体を大きく使うまねっこ遊びなら子どもが喜ぶこと間違いなし!

宝探しゲーム

「Can you find (物の名前)?」と大人が声掛けして、子どもが物を探す「宝探しゲーム」は、家の中にあるものだけで出来るオススメの英語遊び。慣れてきたら、「Can you find four books?」と言った風に、探す物の数を増やして遊んでみましょう。Can you~(~できる?)という表現と、身近な物の名前、数の概念が楽しく身につきます。

カードゲーム

厚紙をカードサイズに切って、表に動物や物のイラスト、裏に動物や物の意味を英語で書いたものを用意します。イラストは手書きでも構いませんし、インターネットの画像をプリントアウトして貼ってもOKです。視覚的に記憶に残りやすいように、英単語は黒マジックで大きめに書きます。イラスト面を表に向けて英単語をあてっこしたり、「Where is(動物や物の名前)?」と質問して子どもに探してもらいましょう。

英語歌

お馴染み「しあわせなら手を叩こう」の英語歌です。「head(頭)、nose(鼻)、arm(腕)、leg(足)」といった基本的な体のパーツや、tap(とんとん)といった動詞を覚えてから遊びましょう。子どもたちがよく知っている歌なので、英語の歌詞がスムーズに頭に入ってくれます。頭と体を使って遊ぶので、お昼寝前の午前中がおすすめです。

英語で足じゃんけん

グーはrock、チョキはscissors、パーはpaperと英単語に置き換えた、足じゃんけんゲームです。掛け声は、「rock, scissors, paper, rock, scissors, paper, 1,2,3!」。3、の時にじゃんけんをしましょう。慣れ親しんだ「グーチョキパー」を英語で言いながら、体全体でじゃんけんするので頭と体がフル回転!勝ち負けを楽しめるようになってくる3~4歳以降の子どもにオススメの英語遊びです。

いかがでしたか?

英語は「勉強」になったとたんに難しく感じるもの。様々な物事をスポンジのように吸収できる小さいうちに、楽しく英語を身につけさせてあげてくださいね!

英語の関連記事
  • 日本語が先か、英語が先か。0歳から子どもに英会話を習わせる効果的な順番

    日本語が先か、英語が先か。0歳から子どもに英会話を習わせる効果的な順番

    2020年に英語が小学校の正式教科になることから、今子どもの英語教育に関心が集まっています。確かに、日本語の読み書きと違って、親なら誰でも教えられるというものでもないので、不安を持つお母さんたちも多いことでしょう。今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、0歳からの子どもの英語教育では日本語と英語のどちらが先が効果的なのかというお話をします。

    平川裕貴

  • 幼児期からの英語教育と日本語への影響。2020年英語教育改革に向けて知りたいこと

    幼児期からの英語教育と日本語への影響。2020年英語教育改革に向けて知りたいこと

    英語教育は幼児期から始める方がいいと言われても、まず多くの人が不安に感じるのは、日本語に影響はないのかということかもしれませんね。今回は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、さまざまな事例から、この不安にお答えしたいと思います。

    平川裕貴

  • 英語の絵本の読み聞かせデビュー。コツや方法、親が英語を話せなくても大丈夫?

    英語の絵本の読み聞かせデビュー。コツや方法、親が英語を話せなくても大丈夫?

    子どもに英語で読み聞かせしたいけれど、自分は英語が苦手だから…とあきらめてしまう方も多いかもしれません。でも読み聞かせに英語力は関係ありません。英語の絵本での読み聞かせデビューのコツと効果を紹介します。

  • これからは英語が必須?バイリンガル教育と子育て、海外の英語教育事情など

    これからは英語が必須?バイリンガル教育と子育て、海外の英語教育事情など

    小学校の教育において英語が必修科目(予定)となる2020年まで数年。「グローバル」という意識がより強くなっている昨今、バイリンガル教育を考える両親も多いと思います。子育てや習い事の中で「英語」は最も頻繁に使われるキーワードではないでしょうか。実際のバイリンガル子育てを見て感じたこと、また海外での英語教育事情など、筆者の体験を交えて紹介していきます。

  • 「子ども留学」はいつから?就学前に知っておくべき費用や注意点

    「子ども留学」はいつから?就学前に知っておくべき費用や注意点

    グローバル化する社会で、未来を担う子どもたちはさらに英語力が必要とされていくことでしょう。そのような社会で生きていくため「将来子どもを留学に行かせたい」と考えるママも多いのではないでしょうか?今回は生きた英語を学べる「留学」という選択肢について、留学の現状や費用などを調査してみました。

  • なぜ英語に「夫婦」という単語がない?結婚に対する、欧米と日本のちがい

    なぜ英語に「夫婦」という単語がない?結婚に対する、欧米と日本のちがい

    『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身につけさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴です。筆者は、長年欧米文化に触れてきて、文化の違いに驚き、考えることが多々ありました。そんな筆者に、今回はとても面白いテーマをいただきましたので、それについて書いてみたいと思います。「英語にはなぜ夫婦という単語がないのか」という疑問です。

    平川裕貴

カテゴリ一覧