子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年04月29日

話題の男性保育士、てぃ先生が教える。子どもの上手な寝かしつけ方

話題の男性保育士、てぃ先生が教える。子どもの上手な寝かしつけ方

カリスマ保育士「てぃ先生」のコラムをお届けします。第2回の今回は保育園での豊富な現場経験から子どもの上手な寝かしつけの方法を教えてもらいました。

てぃ先生

てぃ先生

関東の保育園に勤めるカリスマ保育士。保育園の日常をつぶやくツイッターには40万人を超えるフォロワーがいる。著書に『ハンバーガグー』『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。』(ともにベストセラーズ)など。またツイートを原作とした漫画『てぃ先生』も連載中。2017年にはアニメ化も発表された。「保育・子育ては大変なことばかりではなく、楽しいこともいっぱいある」ということを伝えるために、現在も活動中。

こんにちは!てぃ先生です。
前回の「叱り方」について、大変多くの方へ反響があったようで嬉しく思っています。子育ては、子どもと一緒に楽しくできたら幸せですよね!

前回記事:話題の男性保育士、てぃ先生が教える。「子どものため」になる叱り方

さて、今回は「寝かしつけ」についてです。

上手な寝かしつけ方について

効果的な寝かしつけの方法は、子どもによって様々です。

「トントンすれば寝る」という子もいれば、
「そんなんじゃ寝ない」という子もいて、

保育士の仕事のなかでも試行錯誤が多いものです。

大人が心を落ち着かせる事が大事

僕が保育士として働き始めた頃は、午睡(*)の時間になると変なプレッシャーを感じていました。「寝かせなきゃ…!」と焦っていたような記憶があります。でも、この焦りこそが

子どもが寝つかなくなる最も大きな理由なのです。

ご家庭でもパパママが焦れば焦るほど、子どもが寝ないような気がしませんか?

まずは大人が心を落ち着かせて、

自分もこのまま寝られる…くらいの心持ちでいてみてください。これだけで全く変わります。

*午睡(ごすい)=お昼寝

「トントン」の正しいやり方

次に「トントン」ですが、このやり方を間違えると子どもは寝ません。

簡単に見えて、実は奥深いのがトントンです。

「寝てくれー!」と思いながら、適当にトントントントントントンとしていても、子どもは寝ないんですね。(寝る子もいますけど(笑))

「トントン」で一番大切なことは、

「子どもの呼吸のリズムに合わせること」です。

横になっている子どものお腹や背中の動きをよく見てください。呼吸をしていますから、当然息を吸ったり、はいたりしていることがわかると思います。

この動きに合わせてトントンするんです。

僕の場合は、息をはいている時にお腹や背中をトンと「1回だけ」優しくたたきます。それ以外の時は手を添えているだけです。

これで十分寝ます。

自分がトントンされていることをイメージしてみてください。心地よくないリズムでトントンされても寝られる気がしませんよね。

子どもにとってトントンは、

信頼している大人の手が自分の体に触れることで安心感を得るもの

だと僕は考えています。

ですから、そんなに何回もトントントントントントンとする必要はありません。子どもの呼吸に合わせて優しく叩く、撫でるだけで十分なのです。

それでも、やはり寝ない子どもはいます。

まず、ご家庭と保育園で最も違うことは、1日の流れが固定されているかいないかです。

ご家庭では、どうしてもパパママの動きに子どもが合わせることが多いと思いますので(逆に振り回す子もいると思いますが(笑))、

「何時に寝る」という目標を何となく据えているだけで、実際は異なってしまう場合が多々ありますよね。

パパママも大変お忙しいと思いますが、出来れば子どもの寝る時間の10〜15分前からは一旦手を止めて、

子どもを寝かしつけるために心を落ち着かせてください。

実際は寝ないとしても、子どもに「パパママも寝るんだ」と思わせることができたらベストです。

あとは、トントン以外にも眉間や目の周りを優しく撫でたり、足を握って温めてあげたりすることで寝る場合が多いですよ。

まずは出来る限り時間を固定すること、そして大人が心を落ち着かせること、「トントン」は手を添え、呼吸に合わせて優しく叩くということ。

この辺りを意識してやってみてください!ぜひご参考に。

執筆:てぃ先生

てぃ先生の記事一覧(バックナンバー)

関東の保育園に勤めるカリスマ保育士。保育園の日常をつぶやくツイッターには40万人を超えるフォロワーがいる。著書に『ハンバーガグー』『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。』(ともにベストセラーズ)など。またツイートを原作とした漫画『てぃ先生』も連載中。2017年にはアニメ化も発表された。「保育・子育ては大変なことばかりではなく、楽しいこともいっぱいある」ということを伝えるために、現在も活動中。

てぃ先生 オフィシャルブログ
Twitter(@_HappyBoy)
教育コラムの関連記事
カテゴリ一覧