00:00
00:00

離乳食後期に。簡単!ふわふわ豆腐ハンバーグ

離乳食 後期 9~11ヶ月頃

離乳食に豆腐を使ったハンバーグを作りたいと思っているママもいるかもしれません。小麦粉やたまごを使わなくても簡単にハンバーグを作ることができます。今回は、ふわふわ豆腐ハンバーグのレシピをご紹介します。

材料(一食分)

作り方

  1. 木綿豆腐をペーパータオルで包み耐熱ボウルに入れる。
  2. 500wのレンジで約1分間加熱する。
  3. ボウルに鶏ひき肉(むね肉)とパン粉、片栗粉を加える。
  4. ビニール手袋などをつけ、手でよく混ぜる。
  5. 食べやすい大きさに形を整えハンバーグのタネを作る。
  6. 弱火で片面をよく焼く。
  7. 薄く焼き色がついたら裏返す。
  8. 水を少量加え、フライパンのふたをして蒸し焼きにしたら完成。

コツ・ポイント

ハンバーグのタネを作るときに、大人用と離乳食用にボウルを分けて味付けをし、それぞれのタネを食べやすい大きさに形を整えてからフライパンで焼くと時短調理になります。

初めて赤ちゃんがハンバーグを食べるときは、お肉の食感に慣れていないため食べづらいかもしれません。フォークなどでハンバーグをほぐして少量ずつ与えるとおいしく食べられるでしょう。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年12月26日

専門家のコメント
10
    のんの先生 保育士
    みじん切りにした人参・ブロッコリーを入れてアレンジしてみました!
    1歳2ヶ月の子が美味しそ
    いちぽ先生 保育士
    基本的にハンバーグには必ず豆腐を入れるようにしています。
    フワフワして柔らかいので子どもに
    のの先生 保育士
    お豆腐が入ることで食感が軽く子どもでもパクパク食べやすいのではないでしょうか。一口サイズに
    こと先生 保育士
    鶏胸肉のひき肉と豆腐だとハンバーグもあっさりして食べやすそうですね😊💕わたしもいろんな
    ゆきな先生 保育士
    あっさりしてて食べやすそう!!フワフワで子どもも食べやすそうですね!ひじきを入れて和風にし
コメントをもっと見る

離乳食 後期のレシピ動画

離乳食 後期の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ