【産婦人科医監修】妊娠39週。臨月のママの体とおなかの赤ちゃんについて

【産婦人科医監修】妊娠39週。臨月のママの体とおなかの赤ちゃんについて

妊娠39週の妊婦さんが気をつけること

いよいよ出産予定日間近の妊娠39週目、臨月の最終週。いつ赤ちゃんが生まれてきてもよいよう、ママも出産の流れを確認するなど準備を整えましょう。妊娠39週を迎える妊婦さんの身体の変化や赤ちゃんの様子を医学博士で産婦人科医、田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生監修のもと解説します。

妊娠週数39週目とはどんな時期?

妊娠39週目は、月数でいうと妊娠10カ月の4週目臨月の最終週です。

いよいよ次週には出産予定日の40週目となるため、予定日を目前に控えた妊娠39週目はいつ赤ちゃんが産まれてもおかしくない時期です。

妊娠39週目の妊婦さんの特徴

妊婦
iStock.comSatoshi-K

妊娠39週目の妊婦さんの状態について詳しく見ていきましょう。

お腹の大きさ

この頃の平均の腹囲は、スイカの中でも特に大きな大玉スイカ程度まで成長します。子宮が下がり、それまでよりもお腹の位置が下に見えることもあるでしょう。

靴ひもを結んだり、かがみにくくなるほどお腹が大きくなるため着脱しやすい靴を履くとよいでしょう。

妊娠39週目の妊婦さんの身体

前駆陣痛やおしるし、破水などの出産の兆候がいつ起こってもおかしくない時期です。

子宮が下がることで膀胱が圧迫され、より頻尿になったり尿漏れしやすくなります。恥骨付近が圧迫されて恥骨痛や足の付け根に痛みが出る場合もあるようです。

出産に向けて子宮口が柔らかくなり、腟が緩んでおりものの量が増えるママもいます。

出産前は気持ちが高まりやすい状態になり、寝つきが悪くなったり眠りが浅く熟睡できないことがあります。

妊娠39週の赤ちゃん

赤ちゃんの身体

臨月最終週である妊娠39週の赤ちゃんの身長は、50cm程度です。赤ちゃんの体重は、3000g~3500g程度です。
 
すべての器官が完成し、お腹の外に出て呼吸や体温調整ができるようになっています。ママのお腹から出る準備は万全です。
 
ただし、頭蓋骨は完全に固まっておらず、産道を通るときのためにやわらかい状態です。お腹の赤ちゃんの頭蓋骨は5枚の薄い骨でできていて、生まれてから時間をかけて1枚の固い骨へと変化するのです。

胎内での様子

赤ちゃんはママのお腹の中で、自分のお腹にひざを引き寄せ丸まった体勢で、いつ生まれてもいいように準備をしています。

赤ちゃんの頭は骨盤の中に下がって固定され動きにくくなるため、以前より胎動が弱くなったと感じることがあります。

妊娠39週目のうちにやっておきたいこと

〇臨月最終週の妊婦健診を受診する

臨月はママと赤ちゃんの状態を確認する妊婦健診が週1回になり、出産の兆候がないかを詳しく確認します。

子宮口の開き具合や固さなどをチェックし、場合によっては出産に向けて新たに検査を推奨されることもあります。

赤ちゃんがなかなか下がってこないときや、赤ちゃんの頭の大きさより骨盤が狭そうなときに、骨盤X線検査を行なう場合があります。X線が赤ちゃんに影響を与えることはないため安心してください。

陣痛を促す効果がある、卵膜剥離(らんまくはくり)という処置が行われる場合もあります。

出産の兆候を感じたときのイメージトレーニングをする

赤ちゃんはいつ生まれてもよい状態にまで成長しているので、ママも出産の流れを確認してイメージを掴んでおきましょう。

分娩の兆候があったら、電話をしたあと産院に向かいます。いつでも電話できるよう電話番号を登録しておいたり、陣痛タクシーの電話番号を控えるなどの準備をすると安心です。

陣痛がきてから出産まで、初産婦だと10~12時間ほどかかるため陣痛室での過ごし方についてもイメージをしておくとよさそうです。

いざ破水や陣痛がおこったときに慌てずに対応できるよう、心の準備も万全にしておきましょう。

しっかりと身体を休める

お腹が大きくなると寝づらくなり熟睡できなかったり、頻尿で何度か起きてしまい充分な睡眠がとれないママもいるようです。ホルモンの影響で、寝ても眠いと感じることもあります。

出産のタイミングはいつになるかわからないため、日中であっても休めるときにしっかりと眠り身体を休めましょう。

妊娠39週目の妊婦さんが注意すること

妊娠 注意
iStock.cpm/comzeal

妊娠39週目の妊婦さんが気をつけることを確認しておきましょう。

食事量に注意する

子宮が下がってくると、それまで子宮に圧迫されていた胃が少しラクになります。食欲が戻ってくるママも多いですが、食べすぎには要注意です。

正産期であっても、急激な体重増加は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症を引き起こす可能性があります。引き続き食事量に気を使い、体重増加に注意しましょう。

恥骨や足の付け根に痛みが出やすい時期でもあるため、歩いたり動いたりすることがつらくなることも臨月の妊婦さんの体重増加に注意が必要な理由といえます。

子宮が下がってきたということは出産まであと少しです。

出産の兆候を把握しておく

妊娠39週目は陣痛や破水、おしるしなどいつ出産の兆候がおこるかわかりません。出産のはじまりは陣痛からはじまるか、破水からはじまるかは人によって違います。

生理痛のように下腹部が軽く痛み、そこから徐々に強くなり10分間隔になったら落ち着いて産院に連絡しましょう。

陣痛前に尿が漏れたような水が出るのが前期破水です。落ち着いてすぐに産院に連絡をして指示を仰ぎます。お風呂やシャワーには入らないようにします。

遠方への外出は控える

この時期は遠方への外出は控え、できる限り生活圏内での外出にとどめましょう。

どうしても必要であれば、そのまま出産となる可能性を考慮し、母子手帳や保険証、大きめのナプキンなどを持参します。産院の連絡先を控えておくことも忘れないようにしましょう。タクシー代やタオルなども用意しておくと安心です。

出産のイメージトレーニングをしよう

妊娠
iStock.cm/Pilin_Petunyia

妊娠39週目は出産予定日を目前に控え、いつ赤ちゃんが生まれてもよい時期です。出産を間近に感じるママも多いのではないでしょうか。

子宮が下がるため、お腹が下の方にグッと張り出したようになります。胃の圧迫から解放され、食欲が戻ってきますが最後まで食事の質や量に配慮しましょう。

頻尿になったり尿漏れしやすい時期でもあるため、こまめにトイレに行くよう心がけることが大切です。

赤ちゃんの器官は完成し、お腹の外に出る準備は万全でタイミングを伺っています。出産の兆候があったときに焦らずに済むよう、入院準備やイメージトレーニングをしておきましょう。

気になることは週に一度の妊婦健診のときに確認し、安心して出産に望めるとよいですね。赤ちゃんに会えるのはもうすぐですよ。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年12月16日

基礎知識の関連記事

  • 世界で初めて体外受精が成功したのは、1978年のイギリス。今や、日本でも体外受精で子どもを産む方は少なくありません。この度、KIDSNA STYLE では過去に体外受精をご経験された方にご出演いただき、覆面座談会を開催いたしました。

  • 妊娠中はつわりや味覚の変化が多く、気を付けないといけないことも増えます。そのためどのような飲み物を飲んだらよいのか分からなくなることも。妊娠中におすすめしたいのは、身体を温めるホットの飲み物です。先輩ママたちはホットのどのような飲み物を飲んで、妊娠時期を過ごしていたのでしょうか。体験談をご紹介します

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊検査に行ってみようと思っても、いつ、どのようなタイミングで病院に行くのがよいか迷ってしまうかもしれません。また、初めての不妊検査に行くことは不安な思いもあるでしょう。今回は不妊検査の初診に行くタイミングや、受診に必要なもの、準備しておくとよいことなどを紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

カテゴリ一覧