【産婦人科医監修】妊娠中の果物摂取は注意が必要?おすすめの果物

【産婦人科医監修】妊娠中の果物摂取は注意が必要?おすすめの果物

控えたほうがよい果物と食べるときの注意点

妊娠中はお菓子の代わりに果物を食べているという妊婦さんもいるのではないでしょうか。果物ばかり食べていると太る原因になったり、身体を冷やしてしまう場合があります。妊娠中におすすめの果物と控えたほうがよい果物をご紹介します。また、果物を食べるときの注意点も併せて解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中の果物摂取について

妊娠するとホルモンバランスの変化などから、今まで甘いものが苦手だった人が甘いものを無性に食べたくなったり、味覚が変わることがあります。またお腹のなかの赤ちゃんへ栄養を送るため、お腹が空きやすくなる場合もあります。

お菓子ばかり食べると、妊娠糖尿病や太る原因になるので、食べすぎて急激な体重増加にならないように注意が必要です。
妊娠中は、お菓子のかわりに果物を食べて体重を調整する人もいるのではないでしょうか。

妊娠中の果物の摂り方にはいくつか注意が必要です。

おすすめの果物

妊娠中に食べるとよい果物をご紹介します。

葉酸を含む果物

アボカド
iStock.com/MarsBars
妊娠中は、葉酸が含まれている果物がおすすめです。
葉酸が多く含まれている果物は「いちご」「グレープフルーツ」「ライチ」「アボカド」などがあります。

グレープフルーツは絞ってジュースにしたり、ライチは冷凍のものを選ぶと解凍して皮をむくだけで食べられるので手軽に食べられます。

葉酸は熱に弱いため、加熱しないで食べることがポイントです。


カリウムを含む果物

カリウムには余分な塩分を排出してくれ、むくみの解消や高血圧を予防する働きがあります。

カリウムを多く含んだ「バナナ」「アボカド」「メロン」「キウイ」「アメリカンチェリー」を食べると、妊娠中のむくみや妊娠高血圧症候群になるリスクを減らせるかもしれません。

ビタミンを含む果物

ビタミンにもビタミンBやビタミンCなど種類があります。

ビタミンB6には、食欲不振や吐き気を和らげる作用があるため、吐き気や嘔吐などのつわりの症状があるママにもおすすめです。

ビタミンBを多く含む果物には「バナナ」や「夏みかん」「」などがあります。

つわりが激しくそのまま食べることが難しいときには、果物を絞ってジュースにして飲んでもよいでしょう。

ビタミンCには、鉄分の吸収力を促進して、免疫力をアップさせ、風邪などの感染症を予防する働きがあります。

ビタミンCを多く含む果物には、「」や「グレープフルーツ」「キウイ」「レモン」「いちご」「みかん」などがあります。

ビタミンCは、空気に触れると酸化して色が変色したり、本来のビタミンCの効果がなくなってしまうため、食べる直前に準備しましょう。

食物繊維

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。「水溶性食物繊維」は便秘を解消して腸内環境を整える効果があります。

アボカド」「洋ナシ」「キウイ」「プルーン」は食物繊維が豊富で妊娠中におすすめの果物です。

しかし、食べすぎると下痢を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

控えた方がよい果物

妊娠中、食べるとき注意が必要な果物もあります。

水分量が多い果物

メロン」「」「パイナップル」「マンゴー」など夏の果物は水分量が多く、身体を冷やしやすいため、妊娠中に食べるときは過剰摂取は控えて、少なめにしましょう。

カロリーが高い果物

バナナ」や「」はカロリーが高いため、食べすぎると体重増加につながる場合があります。

妊娠中の体重増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こす恐れがあります。

積極的に食べるよりも間食程度に食べるとよいでしょう。

妊娠中に果物を食べるときの注意点

妊娠中、果物を食べるときは以下のことに気をつけましょう。

適量を食べる

妊娠中は、スイーツやお菓子の代わりに果物を食べる人もいるでしょう。
果物の食べすぎは、体重増加や身体を冷やす原因になります。

食べすぎると体重増加で、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群のリスクにもつながります。
またそのまま食べるとお腹を壊して下痢をする場合もあるので適量を食べることが大切です。

葉酸を多く含む果物であればたくさん食べてもよいかと思う人もいるかもしれませんが、厚生労働省では妊娠の可能性がある18歳から49歳の女性の1日の葉酸の摂取量の目安を0.4mg(400μg)としています。

食べ物だけで1日の目安量が超えることはほとんどありませんが、摂取量を意識して食べるようにしましょう。

出典:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要/厚生労働省

食べる時間を考える

朝の時間
iStock.com/RuslanDashinsky

果物は加糖を含みますが、血液中では分解されずに吸収されます。

夜に食べるとエネルギーを身体にためて脂肪になりやすいです。果物を食べるときは、朝から夕方くらいの時間に食べるようにしましょう。

さまざまな果物を食べる

同じ果物ばかりを食べると栄養が偏り、太る原因になります。

妊娠中におすすめの果物をバランスよく食べるようにしましょう。

一気に食べてしまわないように小さく切って、回数を分けて食べることがポイントです。

しっかり洗う

果物にリステリア菌がついたまま妊婦さんが食べてしまうと感染症にかかり、赤ちゃんに影響してしまう可能性があります。

果物を食べる前は水でよく洗うことが重要です。

重曹を入れた水に少しつけることでもリステリア菌は予防できます。

種類を選んで妊娠中の果物をおいしく食べよう

妊婦さんが果物を食べる
iStock.com/Constantinis

妊娠中に果物が食べたくなる人や、体重増加を気にしてお菓子の代わりに果物を食べるようにしているという人もいるでしょう。

妊娠中に果物を食べることは、むくみや便秘の解消になったり、妊婦さんに必要な葉酸が補えるなどよい点がたくさんあります。

しかし果物を食べすぎると、肥満や身体を冷やす原因になるので注意が必要です。

果物の種類や量、食べる時間などに気をつけて妊娠中の果物を楽しみ、健康にすごしましょう。

監修:杉山 太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2019年08月23日

基礎知識の関連記事

  • 世界で初めて体外受精が成功したのは、1978年のイギリス。今や、日本でも体外受精で子どもを産む方は少なくありません。この度、KIDSNA STYLE では過去に体外受精をご経験された方にご出演いただき、覆面座談会を開催いたしました。

  • 妊娠中はつわりや味覚の変化が多く、気を付けないといけないことも増えます。そのためどのような飲み物を飲んだらよいのか分からなくなることも。妊娠中におすすめしたいのは、身体を温めるホットの飲み物です。先輩ママたちはホットのどのような飲み物を飲んで、妊娠時期を過ごしていたのでしょうか。体験談をご紹介します

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊検査に行ってみようと思っても、いつ、どのようなタイミングで病院に行くのがよいか迷ってしまうかもしれません。また、初めての不妊検査に行くことは不安な思いもあるでしょう。今回は不妊検査の初診に行くタイミングや、受診に必要なもの、準備しておくとよいことなどを紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

    宋美玄(ソンミヒョン)

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

カテゴリ一覧