【産婦人科医監修】妊娠中疲れやすい期間はいつからいつまで?原因と対処法

【産婦人科医監修】妊娠中疲れやすい期間はいつからいつまで?原因と対処法

注意が必要な疲労感とは

妊娠中、疲れやすいと感じる妊婦さんは多いのではないでしょうか。妊娠初期から6カ月、7カ月頃、後期に渡り疲労感の種類が異なるかもしれません。妊娠するとなぜ疲れやすくなるのかを時期別にご紹介します。また、疲れを感じたときの対処法について産婦人科医監修の元、解説します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠中疲れやすいと感じる

さまざまな体の変化を迎える妊娠中は、母体に負担がかかり疲れやすいと感じることがあるでしょう。

「疲れ」は妊娠中の代表的な兆候の一つです。

時期別の疲れの特徴や疲れを感じたときの対処法について見ていきましょう。

妊娠中疲れやすいと感じるのはいつからいつまで?

妊娠時期によって疲れやすさの種類や質は異なります。

妊娠初期

妊娠初期はホルモンバランスの変化により、疲れやすさや眠気を感じることがあるでしょう。つわりの症状により、吐いたりして疲れやすくなることもあります。

人によっては気分の浮き沈みがあり、これにより疲れやすいと感じることもあるでしょう。

妊娠中期

妊婦さんのお腹
sokazunana7- stock.adobe.com
妊娠中期である5カ月、6カ月、7カ月頃は安定期に入り、人によってはつわりなどが落ち着き体調が安定します。

一方でお腹は徐々に大きくなるので、疲れやすいと感じる妊婦さんもいます。妊娠初期のひどく疲れやすい時期は過ぎているものの、引き続き疲れやすさの他、倦怠感やだるさ、熱っぽさを感じる場合もあります。

個人差もありますが安定期であっても妊娠6カ月、7カ月頃に疲れやすいと感じることがあります。

妊娠後期

妊娠後期になると、お腹の赤ちゃんが大きく重たくなることで疲れやすくなります。

寝る体勢が整わなかったり、お腹で膀胱を圧迫され頻尿になり、夜中に起きてしまうことで疲れが取れず、翌日に疲れを持ち越してしまうこともあるでしょう。不安感によって眠れないこともあるかもしれません。

妊娠中疲れやすい原因

妊娠中に疲れやすい原因にはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠中、大量に分泌される妊娠ホルモンにはいくつか種類があります。その中の一種である「プロゲステロン」が妊娠中の疲れやすさの原因の一つです。

プロゲステロンは妊娠初期頃に分泌量が増え、子宮内膜の形成をサポートしたり、乳腺を発達させる働きをします。一方で、疲れやすいと感じさせる働きもあります。疲労感のほか、基礎体温上昇に伴うほてりや、消化不良、眠気もプロゲステロンに関係する兆候です。

ホルモンバランスの変化が原因で憂鬱に感じることもあるでしょう。

貧血

妊娠7カ月頃から9カ月頃(中期~後期)にかけて貧血が起こりやすくなります。妊娠中は鉄分の不足による「鉄欠乏性貧血」になることがほとんどです。

血液成分のヘモグロビンは酸素を体に行き渡らせる働きをしていて、ヘモグロビンには鉄分が必要です。妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を送るため、母体の鉄分が不足しやすい状態になります。鉄分が不足するとヘモグロビンがうまく合成されず、血中の酸素濃度が薄まってしまいます。

これに加えて妊娠中は、お腹の赤ちゃんに血液を届けるため血液量が増えますが、血液中の赤血球が増える速さが追いつかず血液濃度が薄まり、酸素も不足しやすくなります。

その結果、体内への酸素供給量が減り、疲れやすいなどの症状が起こります。

お腹が大きくなる

妊娠8カ月~10カ月の後期は、お腹が大きくなってきたことにより疲れやすくなる傾向があります。

厚生労働省によると、妊娠中期~後期の体重増加ペースは1週間あたり「300g~500g」であることが望ましいとしています。
出典:妊娠中の体重増加は、お母さんと赤ちゃんにとって望ましい量に/厚生労働省
妊娠後期の目安の体重は、妊娠前の体重によって異なるため個人差がありますが、数キロ増えている体を支えるため疲れやすくなるのは当然といえそうです。

子宮が大きくなり肺を圧迫することで息切れしやすくなり、疲れを感じやすくなることもあります。十分な睡眠が取れず疲労感が残ることもあるでしょう。

疲労感を感じたときの対処法

疲れを感じたときは、どのような対処法をするとよいのでしょうか。

休息をとる

妊娠中は疲れやすくなります。疲れを感じたら、無理をせずこまめに休息をとりましょう。

妊娠初期はつわりにより疲れを感じることもあるため、できるだけラクな体勢で休むとよいでしょう。仕事中であっても無理は禁物です。

お腹が重くて疲れる場合には長時間歩いたりせず、こまめに座るなど体を労わりましょう。

バランスのとれた食事

バランスの良い食事
kai- stock.adobe.com
妊娠中は血液中の酸素が薄まり貧血になりやすいため、疲れやすくなることがあります。

肉や卵、魚などの動物性たんぱく質に含まれる鉄分は比較的吸収が良いとされています。しかし、鉄分摂取のために動物性たんぱく質ばかり食べると、体重増加の原因になります。

緑黄色野菜や大豆製品にも鉄分が含まれているため、バランスよく取り入れましょう。

十分な睡眠

妊娠中はホルモンバランスの変化により眠気を感じることがあります。妊娠中はカフェインを控えた方がよいため、カフェインの制限により眠いと感じることもあるでしょう。

また、寝るときの体勢が整わず夜中何度も起きてしまい、寝不足になる妊婦さんもいます

睡眠不足は疲れやすさの原因となるため、できるだけ十分な睡眠をとるよう心がけましょう。

夜中に十分眠れない場合は、日中に昼寝を取り入れたり、休憩時間に仮眠をしたりと数回に分けて睡眠時間を確保するとよさそうです。

家事は適度に手を抜く

妊娠中は体の変化や疲れやすさから、いつも通りに家事ができないことをパートナーに理解してもらう必要があります。

家事は完璧にこなそうとせず適度に手を抜き、お腹の赤ちゃんを優先しましょう。空いた時間を休息や睡眠にあてて、心と体をリラックスさせることも大切です。

妊娠中に疲れを感じたときの通院のサイン

妊娠中はどの時期にも疲れやすいと感じる原因はありますが、だるさを強く感じたり、無気力状態が長期に及ぶ場合は、妊娠うつの可能性があります。

疲れやだるさが続くときには専門家に相談しましょう。

疲れやすい妊娠中は無理をせず、お腹の赤ちゃんを優先しよう

妊娠中は無理せず休息をとる
siro46- stock.adobe.com
妊娠中は疲れやすい時期です。

特に妊娠初期に分泌量が増えるホルモンには、疲労感を伴うものがあります。中期や後期も、お腹が大きくなるにつて疲れやすいと感じることはありますが、ホルモンバランスの変化による妊娠中の疲れやすさ は妊娠が進むにつれて次第に治まっていきます。 

妊娠中に疲れを感じるときは、こまめな休息やバランスのとれた食事を意識することで疲れが軽減することがあります。十分な睡眠をとって、無理をしないことが大切です。

お腹の赤ちゃんを優先して、妊娠中の疲れを乗り切りましょう。

監修:杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗 監修の記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

田園調布オリーブレディースクリニック

2020年01月31日

専門家のコメント
29
    うう先生 保育士
    妊娠中はどの時期も疲れを感じやすくなり、寝ることさえも疲れを感じることもありました。抱き枕やクッションをその時々によって少し工夫して使うと楽になる時があります。意外だったものが役立つときもあるので何でも試して試行錯誤しながら乗り越えました。
    せおみ先生 保育士
    妊娠中は初期はつわりから始まり、いつも疲れやすいですよね。特に後期はお腹が大きくなり、身体の不調もでてくるし、夜もぐっすり眠れない日もでてきたりと、ますます疲れやすくなると思います。
    りお先生 保育士
    妊娠中、なんだかんだとずっとしんどいような気がします💦

    私は第一子29歳、第二子は33歳、第三子35歳で出産しましたが、29歳、33歳の時は疲れやすいとか特に感じることなく妊娠中も精力的に活動していたのですが、35歳の時は妊娠中ずっとしんどかったです💦

    つわりが終わっても、疲れやすくだるい、寝たい、、と言った感じで。
    なので、妊娠中は家事と上の子2人の世話でいっぱいいっぱいだった気がします。

    妊娠中、疲れやすく感じるのは年齢も大きいと思います。
    若いと体力もあるので比較的大丈夫かと思いますが、35歳を超えると体力も落ちているので、疲れたら潔く休んで、特に自分の身体とお腹の赤ちゃんを大事にしてくださいね!
    ゆきな先生 保育士
    私はずっと眠かったですよ!
    寝づわりだと勝手に言ってました!!
    いつでもどこでも寝れる、永遠に寝れる、、でした!!
    疲れるというか眠くて眠くてたまらなかったです!!!
    流石にうつ伏せは無理でしたが仰向けでふつーに寝てました!
    めい先生 保育士
    妊娠中はどの時期も違う疲れがありました。
    貧血、寝づわり、頻尿など身体の変化は次々と起こります。なるべく自分の身体に耳を傾けたいですね。
    とーち先生 保育士
    妊娠中はいつも疲れ易かった気がします。


    初期はつわりに悩まされ、
    お腹が出てくると、思うように動けず。


    後期になるとお腹が重くて、寝るときも眠りが浅くなり。。

    その時、その時で癒しグッズ(好きな飲み物、抱き枕など)を見つけ、マタニティーライフを過ごしました(*^^*)
    すー先生 保育士
    妊娠初期からつわりがひどく、寝たきりで身体が思うように動かなくてイライラしていました。常にだるいのに、夜も全然眠れなかったので目がチカチカしてマタニティライフを楽しんだ記憶がありません。歳上の友だちは36歳で妊娠していましたが、つわりもなく色々動き回りいつもアクティブでした。同じ時期に妊娠し、私は32歳だったのですが年齢は関係なくその人の体質なのかなと思いました。
    ゆり先生 保育士
    私は、妊娠初期に数ヶ月安静生活だったので、体力が落ちて、疲れやすいのかなぁともおもいましたが、思い返せば妊娠期間はずっと眠たいなぁとおもったり、疲れたなぁと思うことが多かったです。
    不思議だなぁと思いながら過ごした妊娠期間でした(^ー^)
    さと先生 保育士
    妊娠中は赤ちゃんにも血液や栄養を回さなくてはいけないのでとても疲れやすくなりますよね。
    働いている方や上の子がいる方は忙しいかと思いますが周りからサポートを受けて、少しでも身体を休ませられるといいですね。
    いちぽ先生 保育士
    妊娠初期はつわりがあり疲れやすいというより気持ち悪さが勝っていました。
    お腹がふくらみはじめると、やはり疲れやすくなった感じがします。
    あーちん先生 保育士
    お腹が大きくなるまでは、疲れはそんなになかったような気がします。気疲れや、体調不良などで別の意味で疲れていたような、、
    お腹が大きいと、軽い運動もすぐ疲れていました。

    妊娠中、いろいろな変化がありますが、赤ちゃんと乗り越えていきたいですね(^^)
    なごみ先生 保育士
    妊娠中貧血になる事はよくありましたが疲れたりはあまりしませんでした。でも後期になるとさすがにお腹が重くてさらにどの態勢になっても重くて苦しくてなかなかねれなかったのが一番しんどかったですね。
    のんの先生 保育士
    妊娠期間中は、どの時期も、基本的には疲れやすいです。長時間の運転や仕事などは、妊娠していない頃に比べると疲れやすくなります。特に、妊娠初期は体調が悪くなりますし、妊娠後期になりますと、体の変化によって、動きにくくなり疲れやすいです。妊娠初期と妊娠後期は理由は違いますが、疲れやすいのは同じです。
    すみっこ先生 保育士
    どの時期も疲れやすかった様に思います。
    全く動けない訳ではないですし、私は体調も安定していたので妊娠前とあまり変わらない生活をしていましたが、やはり疲れは出ました…💦
    お腹の重さ、張り、足のむくみ…
    一日の終わりにはしっかりとした休息は必要でした。
    こうじん先生 保育士
    私自身は妊娠したことがないため、同僚の体調を慮るにも想像が足りないところが多々あり、こういった具体的な記事はとても助かります。
    かな先生 保育士
    妊娠初期、中期、後期、どの時期も疲れやすさがありました。
    初期は吐き気が止まらず、食べられずで疲労がたまり、中期は1日立つことが耐えられず、仕事の休憩中に寝たり、帰路の途中で車の中で寝たり、家について家事をする前に寝たりと休み休みでないと動けなかった記憶があります。
    無理をすると、余計にしんどくなるので休めるときにしっかり休むのが大事だと思います。
    cocoまま先生 保育士
    こればかりはほんとーに個人差かなと思います涙。しかも1人目2人目でもビックリするくらい違ったり…涙。
    とにかく無理は禁物です。リラックスを心がける為に色々考えたいものです^ ^
    あー先生 保育士
    わたしの場合うえの子の子育てや学校行事、習い事仕事もしていたので、妊娠初期から疲れがずっとありました。そのうえつわりもあったので、旦那さんに家事を手伝ってもらったり家族に子育てを手伝ってもらってました!
    妊娠後期になると特に動機や息切れなどがあったので、疲れたときはその都度休んで無理なく体を動かすようにしていました!
    ゆか先生 保育士
    妊娠初期はつわりがひどく最悪でした。
    安定期に入りつわりは治まりましたがもともと貧血持ちだったので疲れっぽいところはありました。
    水分のバランスが崩れ耳鳴り?飛行機に乗っているときの感じになることもちょくちょくありました。
    自宅安静だったし、妊婦期間は苦痛しかありませんでした💦
    ひまわり先生 保育士
    私は、安定期に入ったころからトイレが近くなり、夜ゆっくり寝れなくなり疲れがとれなくなりました。
    日中も眠く、すぐ横になっていました。
    お腹が大きくなってからは寝る体勢がなかなか決まらず寝れず。
    寝れたと思ったら、お腹を蹴られて起きたり、トイレで起きたり…
    なので、疲れていなくても横になれるときは横になっていました。
    ひよひよ先生 保育士
    いつからいつまでというのは人によって違うと思いますが、私の場合は、安定過ぎたら落ち着きました。
    でも、お腹が大きくなるとまたなかなか寝つきが悪くなったりお腹をかばって寝づらくなるので、抱き枕を使ってシムス位にしてあげると少し楽になったりしました。
    自分の楽な体勢を日頃探しておくのは大切ですね。
    のの先生 保育士
    妊娠初期はつわりで辛く、妊娠中期は慣れてくるけど疲れやすい。妊娠後期はお腹が大きくなり物理的に動きづらいし疲れやすかったです。
    ぺち先生 保育士
    今9ヶ月終わりですが、妊娠中はずっと疲れやすい気がします。初期はつわりがあったのでしんどかったのもあると思いますが、後期はお腹が大きくて買い物に行くのだけでもすぐ休憩してしまいます。無理しず休み休み生活するのがいいと思います!
    べこな先生 保育士
    妊娠中は体の疲れもですが、ホルモンバランスの関係なのか、思うように動けないストレスからなのか、気持ちの浮き沈みが辛くそれで余計疲れたと感じることがありました。
    幸い、周りに当たらないようにコントロールできていた??つもりですが、夫には甘えてずいぶん迷惑を掛けたと反省してます。
    ぷん先生 保育士
    私は初期から仕事を辞める中期までがしんどかったです。
    仕事柄、常に動いたり重いものを持ったりしないといけなくて赤ちゃん大丈夫かな?と不安で仕事をしていました。つわりもあったのですが、同僚には安定期に入るまで言えなかったのできつそうな顔を見せないように見せないようにとするのが辛かったです😥
    今思えばそんな隠すこと無かったのになぁと思います😥

    仕事を辞めてからはつわりも落ち着いたからか精神的にも体力的にも安定して過ごすことができました(^^)
    かいまな先生 保育士
    妊娠中はずっとしんどかったような気がします。
    特に初めての妊娠だと余計に感じますよね!
    私の場合は常に眠かったです。
    眠れる時はずっと寝ていました。
    ちぃ先生 保育士
    妊娠中はいつでも眠かったです。食べては寝て…という生活をよくしていました。
    自分の身体の具合を見ながら行動するのがよいと思います。無理せずが1番ですね。
    cocoまま先生 保育士
    こればかりは個人差が本当にでるかなぁと思いました。私は仕事中はスイッチが入っていたようでその反動が仕事後に出ていたので帰宅後はなるべくゆっくりできるように心掛けていました^ ^
    ゆきんこ先生 保育士
    妊娠中、だるくなったり、眠くなったりなかなか毎日元気に過ごせるということがなくなってくるかと思います。
    体重も増えてくると息切れをしてしまったりなかなか動くのが億劫になってしまいますが、後期はなるべくお散歩などをし気持ちもリフレッシュしましょう!
おすすめユーザーのコメント
1
    YSK
    妊娠中は臨月入るまではすごい元気だった気がします。
    臨月に入ってとにかく歩いてください、と言われた時に真夏の炎天下の中1日3時間歩いていました。

    その時は本当にヘトヘトで重いし疲れてすぐに寝てしまっていました。

病気・トラブルの関連記事

カテゴリ一覧