【体験談】つわりのときのうどん料理。アレンジレシピや気をつけたこと

【体験談】つわりのときのうどん料理。アレンジレシピや気をつけたこと

つわりがひどいとき、うどんしか食べられないというママはいるのではないでしょうか。食欲が低下していても、冷たいうどんなら食べられるというママもいるかもしれません。今回は、つわりがひどいときのうどん料理についてやうどんのアレンジレシピなどを紹介します。

つわりのときのうどん料理

つわりがひどいときには、料理を作るのもつらかったり、食欲がなくなってしまうこともあるかもしれません。

うどんはのど越しがよく、食べやすいことや簡単に調理ができるので、つわりのときによく食べていたというママもいるかもしれません。

実際にママたちにつわりがひどいときにうどんを食べていたのか聞いてみました。

つわり中はうどんを少しずつ

「つわり中、うどんを少しずつ食べていました。茹でるときのにおいは苦手だったので、主人に作ってもらっていました」(30代/3歳女の子のママ)

つわり中はうどんを少しずつ食べていたというママがいました。うどんは食べられても、茹でるにおいなどが苦手になる場合もあるようです。

特定の味のうどんを食べていた

「なぜかカレーうどんばかりが食べたくなったので、よく食べていました」(30代/10歳女の子のママ)

カレーうどんをよく食べていたというママもいました。つわり中は特定のものが食べたくなるというママもいるかもしれません。うどんの場合も特定の味付けを好むようになることもあるようですね。

カレーうどん
K321/Shutterstock.com

つわり中はうどんが食べられなかった

「つわり中は、うどんの出汁のにおいが苦手で食べられませんでした」(20代/1歳女の子のママ)

なかにはうどんの香りが体に合わなかったというママの声もありました。うどんは食べやすいとはいえ、ママによっては出汁のにおいが苦手だと感じる場合もあるようです。

妊娠中のうどんのアレンジレシピ

つわりがひどいとき、うどんを食べていたママと食べられなかったママがそれぞれいましたが、つわり中でも食べやすく簡単にできるレシピはあるのでしょうか。

ママたちにきいた、いくつかのアレンジレシピを紹介します。

レモン風味の塩うどん

レモン風味の塩うどんは、茹でたうどんにレモン汁、塩を入れるだけなのでとても簡単です。味付けもシンプルなので、濃い味のものやにおいに敏感なママでも食べられるかもしれません。レモンのさっぱりとした味は、つわり中の気分もすっきりしそうですね。

ポン酢の冷やしうどん

冷凍うどんをレンジでチンして冷水で締めます。トマトやキュウリなど好みの具材をポン酢に漬けて冷やしたものをうどんの上にのせれば、ポン酢の冷やしうどんの完成です。

お好みでかつお節やきざみ海苔をかけてもおいしそうですね。ポン酢で味付けしているので、しつこい味にならずさっぱりと食べられるかもしれません。

梅うどん

梅入りのうどん
jreika/Shutterstock.com

冷凍うどんをレンジであたためて、冷水で締めます。水気をきったら、梅干しとなめたけをのせ、しょうゆをたらしたら完成です。お好みでいっしょに豆腐や納豆をいっしょにのせれば、食べ応えがあるメニューになりそうですね。梅を使っているので、さっぱり食べることができるかもしれません。

炭水化物の量が気になるというママは、豆腐や納豆の量を調整することでヘルシーに食べられそうですね。

また、ママたちのなかには「薬味などの匂いがダメだったので、あたたかい素うどんだけで食べていた」という声もありました。自分の体調に合わせてうどんをアレンジして作ってみてはいかがでしょうか。

妊娠中のうどん料理で気をつけたこと

うどんはさまざまなアレンジをすることで、飽きることなく食べられそうですね。妊娠中は食べるものにも気を使っているママも多いかもしれません。

ママたちに妊娠中にうどんを食べるときに気をつけていたことを聞きました。

冷たいうどんを食べすぎない

冷たいうどんはのど越しがよく食べやすいですが、冷たいうどんを食べすぎると、体が冷えてしまうかもこともあるかもしれません。うどんを食べるときはできるだけあたたかいものにするか、冷たいうどんを食べる場合は適度な量にしてみるとよさそうです。

味付けに気をつける

妊娠中はうどんの汁や具材の味付けに気をつけるといいかもしれません。なるべく薄味のうどんにしたり、汁は飲み干さないようにするなど、塩分の取りすぎに注意して食べられるとよさそうです。

ゆっくり食べる

うどんは、のど越しがいいのでつるりと食べることができるかもしれませんが、一気に食べ過ぎて気持ち悪くなってしまったママもいるようです。つわりの時期は、胃の中の状態を確かめるように、一本一本ゆっくり食べていたというママの声もありました。

つわり中のうどんはママの体調に合わせて

お腹を触る妊婦さん
Svetlana Iakusheva/Shutterstock.com

つわりがつらいときは、うどんをよく食べていたママとうどんは食べられなかったママがいるようです。

うどんは手軽に作れてアレンジもしやすいので、ママの体調に合わせて取り入れてみるのもよさそうですね。妊娠中は特にうどんの塩分や量などを工夫しながら食べるといいかもしれません。

うどんを好みの味にアレンジして、食べやすいレシピを見つけられるといいですね。

2018年08月16日


1

    uchi
    うどんってアレンジの幅が広いからいいですよね。体調に気を遣うときは体にやさしい上に飽きずに食べられるものってありがたい。 妊娠期のやさしい&おいしい食べ物シリーズが増えていくといいですね!

ケアの関連記事

カテゴリ一覧