苦手意識がつく前に楽しく学ぼう。時計と時間を知る絵本12選

苦手意識がつく前に楽しく学ぼう。時計と時間を知る絵本12選

「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

時計や時間がモチーフになった絵本

子どもが時計を指さして興味を持ちはじめたら、まずは時計や時間がモチーフになった絵本を読み聞かせてみましょう。少しずつ慣れ親しんでいくことが、苦手意識をもたずに学べるポイントかもしれません。

とけいのあおくん

とけいのあおくん
お父さんの誕生日プレゼントに買われた、目覚まし時計のあおくんのほほえましいストーリーが描かれている作品。思わずあおくんを応援したくなる内容で、どんどんお話の中に引き込まれていく絵本です。

イギリス生まれのこの一冊。何よりもおしゃれでセンスあふれるイラストが子どもだけでなく大人の心も惹きつけます。時計側の気持ちがわかると、子どもの毎日も楽しくなるかもしれません。

コッコじかんがはじまるよ

コッコじかんがはじまるよ
カラフルなニワトリたちの描き方がとてもユニークで、小さい子どももたっぷり楽しめる絵本。

”コッコ時”という時間の単位がおもしろく、子どもが時間に興味をもつきっかけにもなりそうです。かわいらしいニワトリたちの一日を参考に、子どもたちと楽しい時間をすごしてみてはいかがでしょうか。

チキチキチキチキいそいでいそいで

チキチキチキチキいそいでいそいで
「チキチキチキチキ」というフレーズが印象的な、子どもへの読み聞かせにぴったりな一冊。

物置でみつけた古い腕時計といっしょに、早送りのようにすごい早さで動きはじめるコウくん。そして家族や友だちも……!角野栄子さんの文章と荒井良二さんのイラストが絶妙にマッチした、読み終わると不思議と元気になれる作品です。

とけいのおうさま

とけいのおうさま
思わず絵本のページを開きたくなるほどキュートなイラストで読者の心をつかむ一冊。長い針や短い針など、時計に関することがたくさん登場し、時計を覚えはじめたい子どもや時間を意識した生活をしたい子どもにおすすめです。

少しのんびり屋の王さまから、時間の大切さについても学ぶことができるのではないでしょうか。

時計の読み方を学べる絵本

時計そのものに興味をもてるようになったら、次は時計の読み方を学びましょう。自然と読み方を身につけられる絵本から実践的に学べる絵本まで、さまざまな知育絵本をご紹介します。

メイシーちゃん、いまなんじ?

メイシーちゃん、いまなんじ?
時計の読み方を学べるだけでなく、カラフルな歯車が後ろに見えるようになっており、時計が動くしくみまでも知ることができる知育絵本。時計の針をまわすと本物の時計のようにカタカタと音がするので、子どもの興味もぐっと強まりそうです。

メイシーちゃんの生活にあわせて、楽しみながら時計をまわしてみましょう。

まいにちのとけいのえほん

まいにちのとけいのえほん
立体的に浮かび上がるイラストで、時計の読み方をわかりやすく伝えてくれる絵本。子どもの毎日の生活習慣の中から15のシーンを取りあげ、「とけいをみましょう、いまなんじ?」と、くり返し問いかける構成になっています。

区切りのよい時間だけでなく、分単位まで紹介してくれるため、長く楽しめることができそうなのも魅力。少しずつ難易度を上げながら、親子いっしょに学びましょう。

とけいのほん 1

とけいのほん 1
この絵本の主人公は、時計の短針と長針のちびとのっぽ。ふたりといっしょにお話を楽しむ感覚で読み進めていると、いつの間にか自然と時計の読み方が身につきます。

シンプルながらかわいらしいキャラクターがとても印象的で、子どもも時計の世界に入り込みやすいのではないでしょうか。デジタル時計に慣れ親しんだ家庭でも、時計の読み方の入門編として手にとってほしい一冊です。

とけいのえほん

とけいのえほん
この絵本には、ストーリーも時計の針をまわすようなしかけもありませんが、時間にまつわるさまざまな情景がページ一面に描かれ、その美しさを感じながら時計の読み方を学ぶことができます。

太陽や鳥、星、人……私たちが日常でみるシーンが輝いて見え、当たり前のことを大切にしようとするきっかけにもなりそうな内容です。大切な人への贈り物にもぴったりかもしれません。

時間の概念を知る絵本

時間とは不思議なもので、早く感じたり遅く感じたりすることがあります。誰にでも平等に与えられている時間の概念を知ることができる科学絵本を集めました。

チックタック じかんってなあに?

チックタック じかんってなあに?
1秒、1分、1時間といった時間の長さや過去、現在、未来であらわされる時間軸について、大人にとっては当たり前のことを子どもにわかりやすく説明してくれる一冊。

たとえば、1秒は絵本をめくるくらいの時間、時間割は1週間ごとに繰り返されるなど、子どもの身近な遊びや生活の中から、時間とは何かを教えてくれます。イメージしやすい絵本から、日々の時間の大切さを感じられるとよいですね。

絵ときゾウの時間とネズミの時間

絵ときゾウの時間とネズミの時間
ネズミの寿命は2~3年、ゾウの寿命は60~80年。ですが、一生の間に心臓がうつ回数は、ネズミもゾウも同じ15億回……それぞれの生き物が自分のからだのサイズに応じた時間軸で生きていることをやさしく教えてくれる絵本です。

子どもたちが大好きな生き物をテーマに、絵本を読みながら親子でそれぞれの時間について話し合ってみてはいかがでしょう。

ながーい5ふん みじかい5ふん

ながーい5ふん みじかい5ふん
同じ5分なのに、なんだか長さが違う……誰もがしたことがある、そんな経験。どうしてこんなにも感じ方が違うのか、子どもたちの身の回りのエピソードを通して時間の不思議やおもしろさについて触れることができます。

大人にとっては、なるほどと感心ばかりの内容ですが、子どもならではの着眼点をもつことで新しい発見がありそうです。

じかんが どんどん

じかんが どんどん
子どもがイメージしやすいイラストで、時間について楽しくわかりやすく教えてくれる絵本です。

身近なテーマで時間の概念を知ることができ、読み進めていくうちに時間の流れを体感できるようになっています。これからの新学期を有意義にすごすため、自分なりに時間を上手に使おうという意識が芽生えるかもしれません。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年09月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧