行事の由来や楽しみ方を知る。七夕の絵本12選

行事の由来や楽しみ方を知る。七夕の絵本12選

7/7は七夕。保育園や幼稚園でも大きな笹に飾り付けをして、短冊に願い事をかくこの行事を楽しみにしている子どもたちも多いのではないでしょうか。今回は、七夕の由来から織姫と彦星のストーリーまで、行事を楽しむのはもちろん、子どもにとって学びにもなる七夕の絵本12選をご紹介します。

七夕の由来を学ぶ

一年を通しても、子どもたちにとって七夕は楽しい行事のひとつ。七夕の行事の由来を子どもに親しみやすい絵本で伝えるとより楽しめるかもしれません。小さい子どもにもわかりやすい七夕の由来を教えてくれる絵本を集めました。

たなばた

たなばた
七夕の織姫と彦星のストーリーが初山滋さんの絵によって美しく描かれ、小さい子どもでも七夕の世界にぐっと引き込まれる、魅力ある一冊。

中国の話をもとにしたこの絵本の物語は、私たちがイメージしがちなかなしい愛の物語ではなく、大人をも感動させる家族の愛の物語です。小さい子どもにとっては難しく感じられるかもしれませんが、幻想的なイラストをゆっくりと見せながら読み聞かせる時間を親子で楽しんではいかがでしょう。

ねがいぼしかなえぼし

ねがいぼしかなえぼし
昔からよく伝えられている七夕の説話がしっかり描かれているこの絵本。

織姫と彦星がなぜ年に一度しか会うことができなくなったのかを子どももきちんと理解することができます。インパクトあるイラストは鮮やかでとても美しく、織姫と彦星のことを想いながら、七夕の夜空を親子で見上げたくなるはずです。

七夕のすごし方を知る

七夕の一日を皆さんはどうやってすごしますか?七夕飾りはどんなものにしよう、短冊にはどんな願い事をかこう、どんな食事にしよう……七夕のすごし方のアイディアが絵本にはいっぱいつまっています。

みんなのおねがい

みんなのおねがい
日本の伝統行事が小さい子どもにあわせてシンプルなストーリーで描かれているため、はじめて七夕にふれる子どもにぜひ読み聞かせたい一冊です。

登場する動物たちがとてもかわいらしく、みんなですごす七夕に大人も心があたたかくなります。それぞれの願い事がきっと叶いますようにと願わずにはいられないでしょう。

たなばたまつり

たなばたまつり
一面に飾られたカラフルな短冊とやさしくほほえむ子どもが印象的な表紙からは、昔ながらの伝統ある七夕祭りを連想させます。

町中の人がかいた願い事が夜空の星に届く様が非常にロマンチックで、素敵な情景にうっとりしてしまいます。七夕を家庭や園でしか体験したことのない子どもも、絵本を開くとまるで自分もその場にいるように感じられるかもしれません。

たなばたさま きららきらら

たなばたさま きららきらら
絵本に描かれている日本のふるきよき七夕に、懐かしいと感じる大人も多いかもしれません。

たくさんある七夕飾りのアイディアは、どれもかわいらしく簡単に作ることができます。浴衣を着て、すいかやそうめんを食べ、夜空の星を眺める……近頃なかなか見かけなくなった家族ですごす七夕の一日に、今年は子どもとこんな七夕をすごしたいと思う方もいるのではないでしょうか。

短冊に願いを込める

鮮やかな短冊は七夕を彩り、家族や友だちとすごす空間を美しく演出します。そんな短冊に願いを込める様子を心あたたまるストーリーでやさしく描いた絵本をご紹介します。

たなばたのねがいごと

たなばたのねがいごと
”こわれたりなくなったりしないもの?じかんがたってもだいじなもの?それって、なんだろう?”

とても印象的なこのフレーズ。主人公のまっすぐな想いが素直に描かれており、孫とおばあちゃんの家族の絆に、思わず涙を流してしまう方もいるかもしれません。七夕の一日を家族みんなですごしたくなる、そんな一冊です。

きつねのたなばたさま

きつねのたなばたさま
親子の絆と、悲しみを乗り越えた成長を描く、心あたたまるストーリー。

幻想的なやわらかいイラストからも切なさがにじみ出し、涙したという読者も多いようです。そして何より、叶わぬ願いをした子ぎつねがつかむ幸せに胸があつくなります。織姫と彦星が定番の七夕。ときには愛のあるストーリーに感動なくしては読めない、こんな絵本を手に取ってみてはいかがでしょう。

おこだでませんように

おこだでませんように
子どもの気持ちをありのままに描いたこの絵本。一見、七夕の絵本とは思えない表紙ですが、ぜひ親子で読んでほしい一冊です。

主人公がかいた短冊の願い。子どもの揺れ動く気持ちと心の底からの祈りに、親として改めて気づかされることがあります。親ならば誰しも、いつもどんなときも、子どもの繊細でありながらもたくましい姿に寄り添える存在でありたいと思うはずです。

七夕がもっと楽しくなる

しっとりとした時間をすごすための七夕の絵本もよいですが、子どもととにかく楽しくすごすことができる絵本を選んでもよいかもしれません。親子いっしょに笑顔あふれる七夕をすごしましょう。

たなばたウキウキねがいごとの日!

たなばたウキウキねがいごとの日!
楽しい七夕の話はもちろん、星座や天の川の見つけ方や七夕の由来、飾り付けの作り方なども紹介してくれます。

キラキラしたかわいらしいキャラクターに興味を引きつけられる子どもも多いはず。この絵本を参考に、親子で七夕を存分に楽しみましょう。

たなばたバス

たなばたバス
ロマンチックな七夕とは一味違う楽しみ方ができる絵本です。

なんとも愉快なキャラクターが奮闘する姿には笑いがあり、ダイナミックなイラストも子どもが喜びそうです。子どもたちが参加できる遊びがたくさん描かれているこの絵本。ぜひ読み聞かせだけでなく、全身を使って楽しんでください!

10ぴきのかえるのたなばたまつり

10ぴきのかえるのたなばたまつり
親子に大好評「10ぴきのかえるシリーズ」の10作目となる作品。

大きな笹飾りを作るために、10ぴきのかえるたちが勇気ある冒険に出るストーリー。コミカルなイラストに表情豊かなかえるたちが描かれ、自分もかえるたちの仲間になって奮闘しているかのように、物語に引き込まれていきます。七夕の行事を楽しむだけでなく、みんなで力を合わせることの大切さを学べそうです。

たなばたセブン

たなばたセブン
保育園や幼稚園で大人気を博した、この絵本。いったいこのヒーローはどんなヒーローなのだろうと興味がわく表紙です。

子どもたちが大好きなヒーローが伝えてくれる七夕は、大切なことの本質をしっかりとらえています。やさしいヒーローの教えから、子どもなりに学べることがあるかもしれません。子どもと短冊に願い事を書く前に、この絵本をいっしょに読んでみてはいかがでしょう。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年07月05日

絵本の関連記事

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

  • 絵を描いて色を塗る、紙を切って貼る。指先を使っていろいろなものを作るこのような工作は、脳に刺激を与えるだけでなく、子どもの隠れた能力を引き出すというよさもあるかもしれません。そこで今回は、おうち時間での遊びや夏休みの宿題にぴったりなアイディアがいっぱいつまった、工作の絵本11選をご紹介します。

  • 原爆の日や終戦記念日など、8月は「戦争」という言葉を目にする機会が増える時期かもしれません。戦争について、子どもに伝える必要があると思っている保護者の中にも、どうすればうまく伝えられるか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、戦争と平和について伝えてくれる絵本10選をご紹介します。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ