もうすぐ父の日。お父さんとの絆を深める絵本10選

もうすぐ父の日。お父さんとの絆を深める絵本10選

頼もしくてかっこいいお父さん。父の日はそんなお父さんとたくさんふれ合って、心からの感謝を伝えましょう。親子で読みたいお父さんを描いた絵本10選をご紹介します。

お父さんと家族の絆

親子の強い愛や絆を描いたストーリーは、いくつになっても感動するもの。お父さんだからこそ築くことができる、家族との絆がテーマの絵本です。

おとうさんがおとうさんになった日

おとうさんがおとうさんになった日
「お父さんはいつお父さんになったの?」そんな子どもの素朴な疑問に、なんと答えますか?

3人目の子どもの出産を控える家族が幸せいっぱいに描かれている、この絵本。新しい命を迎える父親の気持ちに、ぐっと胸が熱くなるかもしれません。自分が産まれるとき、家族がどんな想いで待っていたか、あたたかい気持ちが子どもにも伝わるとよいですね。

きんようびはいつも

きんようびはいつも
毎日忙しいパパとの特別な日、金曜日。ぼくにとってパパとの時間をゆっくりと満喫できる大好きな日です。

二人がすごす、ささやかな習慣の中に、お互いがお互いを想う気持ちと深い愛情がたっぷりと伝わってきて、読み終わるととても満ち足りた気分になります。みなさんも、この絵本のように子どもと小さな行事を作って、とっておきの時間をすごしてみてはいかがでしょう。

おとうさんがいちばん

おとうさんがいちばん
子どもをどう褒めるか、親ならば一度は悩んだことがあるかもしれません。この絵本は、主人公が自分の描いた絵を周りのみんなに褒められながらも、いまいち欲しい言葉がもらえずに満足できないというストーリー。

子どもの心情が繊細に表現され、大人も学ぶことが多い内容です。子どもが本当に望む褒め方ができると、子どもも自信をもつことができそうです。

お父さんの子育て奮闘記

日々育児に奮闘するお父さんの姿は、なによりも愛情深く輝いて見えます。お父さんと子どもが送る日常の風景に心があたたかくなる絵本です。

おとうさんはウルトラマン

おとうさんはウルトラマン
子どもが好きそうな表紙のイラストが魅力的なこの絵本は、子どもだけでなくお父さんにもぜひ読んでほしい一冊。

ありのままに描かれたお父さんの姿に、ジーンと感動してしまう方もいるでしょう。誰よりも仕事や育児に頑張っているお父さん。子どもの「お父さん大好き」という気持ちがさらに強くなること間違いなしです。

おむかえパパ

おむかえパパ
保育園や幼稚園に子どもを送り迎えするお父さんがテーマの絵本。おしゃれなイラストとユーモアあふれるストーリーに加えて、子どもに対するお父さんのやさしい対応が、絵本を読む私たちをとにかく楽しい気持ちにしてくれます。

送り迎えの道中にこんな会話ができたら、毎日の通園もより楽しくなるかもしれません。親子のコミュニケーションが弾むきっかけをくれそうな素敵な一冊。

とうさんはタツノオトシゴ

とうさんはタツノオトシゴ
代表作「はらぺこあおむし」で有名な、世界的な絵本作家エリック・カールさんによる、こちらの作品。鮮やかな色彩でとにかく美しいイラストで描かれるのは、子育て中のお父さん魚たちの大奮闘。

魚が隠れている透明シートのしかけもあり、魚好きな子どもはもちろん、楽しいこと好きなすべての子どもたちに読んでほしい一冊です。海の中のお父さんたちの活躍に、読み聞かせをするお父さんも育児に励みたくなるはずです。

お父さんと遊ぼう

お父さんとの遊びは体をめいっぱい動かしてダイナミックに楽しみたい!どんなことをして遊ぼうと悩んでいるお父さんたちにぜひ読んで欲しい絵本です。

ピッツァぼうや

ピッツァぼうや
かわいらしい男の子の笑顔が印象的な表紙と、目を引くタイトルに興味をもつ方も多いかもしれません。

この絵本のストーリーは、雨が降って不機嫌な息子をお父さんがピッツァにしてしまうというもの。この愉快な展開に、たちまち笑顔になるだけでなく、二人の楽しいスキンシップに真似をしたくなる方もいるでしょう。

あそぼう あそぼう おとうさん

あそぼう あそぼう おとうさん
おんぶ、だっこ、たかいたかい……体を動かして遊ぶ方法はたくさんありますよね。ですが、この絵本には、きっとみなさんが経験したことのないような楽しい遊びがたくさん描かれているでしょう。

お父さんらしいダイナミックな遊びに、子どもたちも大喜び!お父さんとたくさんふれ合う父の日にぜひ手に取ってほしい一冊です。

お父さんの仕事を知る

普段家ですごすお父さんは、やさしい笑顔でいっぱい遊んでくれる……そんなイメージをもつ子どもが多いかもしれません。父の日をきっかけに、お父さんが働くかっこいい姿を知って、感謝を伝えてみてはいかがでしょう。

パパのしごとはわるものです

パパのしごとはわるものです
「かっこいい」とはどういうことかを改めて考えさせられる一冊。

お父さんの仕事はわるものレスラー。その事実に対する子どもの心情がありのままに描かれ、葛藤する姿に寄り添いたくなります。そして、自分の仕事に誇りをもっているお父さんはとても頼もしくかっこいい。お互いへの愛情が伝わるラストは胸にぐっときます。

おとうさん

おとうさん
お父さんは普段どんな一日をすごしているのでしょうか。いろいろなお父さんが描かれているこの絵本には文字はありません。ですが、緻密なイラストからは文章以上にいろいろなことが伝わってきます。

街の中で見かけるさまざまなお父さんの中に、きっと自分のお父さんが見つかります。子どもとのコミュニケーションにぴったりな一冊です。
<執筆>KIDSNA編集部
「絵本」に関する記事をKIDSNAアプリで!
アプリDLはこちら▼

2021年06月14日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧