寝る前の絵本の読み聞かせはいつから?赤ちゃんに読み聞かせるときに意識すること

寝る前の絵本の読み聞かせはいつから?赤ちゃんに読み聞かせるときに意識すること

寝る前に読み聞かせたい絵本の種類

赤ちゃんへの寝る前の読み聞かせはいつから始めるとよいのか気になるママやパパもいるかもしれません。赤ちゃんがぐっすりと眠れるような絵本を用意したいですよね。絵本の読み聞かせをいつから始めたかや、0歳と1歳の乳児に読む絵本の選び方、寝る前に絵本を読み聞かせるときに意識することについてご紹介します。

赤ちゃんへの寝る前の読み聞かせはいつから?

赤ちゃん
leungchopan/Shutterstock.com
赤ちゃんに絵本を読みたいと考えるなかで、寝る前の読み聞かせはいつから始めるとよいのか迷うこともあるかもしれません。

赤ちゃんがぐっすりと眠れるように、寝る前に絵本を読み聞かせたいというママやパパもいるでしょう。

寝る前の絵本の読み聞かせをいつから始めていたのか、ママたちに聞いてみました。
30代ママ
生後3~4カ月頃に、赤ちゃんの隣で寝転がりながら絵本の読み聞かせをしていました。
30代ママ
生後5カ月頃から赤ちゃんに絵本を読み聞かせていました。昼間に遊ぶときに読み聞かせることが多かったですが、寝る前の寝かしつけとしても読んでいました。
30代ママ
寝る前の絵本の読み聞かせは、赤ちゃんが生後5~6カ月頃から始めていました。上の子に読み聞かせていた赤ちゃん向けの絵本を、下の子にも読み聞かせていました。
寝る前の読み聞かせをいつから始めたのか、時期はそれぞれで異なるようでした。

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせを始める時期に決まりはないため、赤ちゃんが絵本に興味を持ち始めたときなど、好きなタイミングで始めるとよいでしょう。

寝る前に読み聞かせる絵本の種類

赤ちゃん 絵本
Syda Productions/Shutterstock.com
寝る前に赤ちゃんに読み聞かせたい絵本の種類をご紹介します。

1日の生活を描いた絵本

朝起きてから夜寝るまでの1日の流れを描いた生活の絵本を、寝る前に赤ちゃんに読み聞かせているというママの声がありました。

食事や着替えなどが描かれた生活の絵本はさまざまあるようです。今日も楽しい1日だったねと赤ちゃんに声をかけながら、読み聞かせてみてはいかがでしょうか。

生活を描いた絵本は、赤ちゃんが成長してからも楽しんで読めるかもしれません。

夜を描いた絵本

月や星など、夜をテーマにした絵本は、寝る前の読み聞かせにぴったりでしょう。

夜の薄暗い雰囲気が描かれた絵本を読むと、赤ちゃんも寝るイメージがしやすく、リラックスしながらぐっすりと眠れるかもしれません。

キャラクターが寝る姿を描いた絵本

キャラクターが眠る姿を描いた絵本を、赤ちゃんに読み聞かせていたというママがいました。

かわいらしい動物や、自分と歳が近い子どもが寝ている姿を見ると、赤ちゃんもつられて眠くなるかもしれませんね。

「おやすみ」や「眠くなるよ」など眠りを誘うようなワードが多く出てくる絵本を、赤ちゃんによく読んでいたというママの声もありました。

0歳~1歳の乳児に読み聞かせる絵本の選び方

赤ちゃんの絵本を用意するとき、どのような絵本を選ぼうか迷うこともあるかもしれません。0歳~1歳の赤ちゃんに読み聞かせる絵本の選び方をご紹介します。

0歳児に読み聞かせる絵本の選び方

さまざまな擬音が出てくるものや、丸や四角などの図形が描かれたものなどシンプルな絵本は、0歳の赤ちゃんも楽しめるのではないでしょうか。

たくさんの色が使われたカラフルな絵本を選ぶと、0歳の赤ちゃんにも伝わりやすく、楽しみながら読めるかもしれません。

赤ちゃんが自分で絵本を手に持って遊ぼうとすることもあるでしょう。

赤ちゃんがさわっても安全なやわらかい布絵本や、破れにくい厚紙の絵本を選ぶのもひとつの方法です。

1歳児に読み聞かせる絵本の選び方

1歳頃になると、離乳食が完了し、幼児食が始まる子どももいるようです。食べ物が描かれた絵本など食事を楽しめるような内容の絵本を選ぶのもよいかもしれません。

1歳をすぎて、ハイハイやつたい歩きをするようになり、視界が広がってさまざまなことに興味を持ち始める赤ちゃんもいるでしょう。

1歳頃の赤ちゃんが、歩いたり楽しそうに遊んでいる姿が描かれた絵本は、赤ちゃんも楽しんで読めるのではないでしょうか。

寝る前に赤ちゃんに絵本を読み聞かせるときに意識すること

寝る前に赤ちゃんに絵本を読み聞かせるとき、どのようなことを意識しながら読むとよいのでしょうか。

落ち着いた声で読む

赤ちゃんが眠れるように、静かな声でゆっくり読み聞かせるようにしていたというママの声がありました。

絵本の内容に合わせて元気に読みたいと考えることもあるかもしれませんが、赤ちゃんが興奮してしまい、寝つきにくくなる場合もあるようです。

寝る前に赤ちゃんに絵本を読み聞かせするときは、落ち着いた声で読むと赤ちゃんもリラックスでき、眠りにつきやすいかもしれません。

赤ちゃんのペースに合わせる

赤ちゃんが絵本に興味を持ってくれなかったり、読み聞かせるときに手をのばしてページをめくったりして、絵本を思うように読めないと感じることもあるかもしれません。

赤ちゃんのペースに合わせながら、無理をせずに絵本の読み聞かせをしましょう。

寝る前にぴったりの絵本を用意して読み聞かせしよう

寝ている赤ちゃん
leungchopan/Shutterstock.com
寝る前の赤ちゃんへの絵本の読み聞かせをいつから始めようか迷うママやパパもいるかもしれませんが、絵本の読み聞かせはいつからという決まりはないため、好きなタイミングで始めるとよいでしょう。

生後3~4カ月や、生後5~6カ月など、絵本の読み聞かせを始めた時期はママによって違いがあるようでした。

「おやすみ」などのワードがたくさん出てくる絵本など、寝かしつけにぴったりな絵本はさまざまあるようです。

赤ちゃんのお気に入りの絵本を用意して、赤ちゃんといっしょに物語を楽しめるとよいですね。

2020年02月12日

専門家のコメント
22
    なえ先生 保育士
    少しずつ睡眠のリズムができてくる頃から、読み聞かせをしていました(^^)
    オノマトペは赤ちゃんに良い刺激を与えてくれるので、オノマトペの入っている絵本を選んで読み聞かせていたところ、「あーあー」「あいーー」など、生後数ヶ月の頃からとてもよくお喋りするようになり、男の子にしては早めの時期(1才3ヶ月くらいでしょうか)から、一気に言葉が増えて、2語文以上の文章を上手に話すようになりました♡
    眠る前も、眠っている間も、耳は聞こえてると聞いたことがあります。
    なので、寝る前の読み聞かせにはとても意味があると思っています(´∀`)
    興奮するようなお話ではなく、心落ち着くお話を選ぶのがおすすめです!
    いちぽ先生 保育士
    うちの子はくるがが好きなので車の絵本を読んでから眠りにつきます。
    本を読んでもらえると満足するのか、何冊か読んで寝るというパターンになってきました。
    みー先生 保育士
    絵が分かりやすかったり、カラフルなものだと小さい時から興味を持って見てくれるんではないかと思います。少しずつ言葉が出てくると、ものの名前など真似して言えるようになってきてとっても可愛いですよね。普段読みより、すこし静かなものを選ぶと良いのかもしれません。
    落ち着いた雰囲気で読んであげると子どもも落ち着いて聞いているような気がします。そのままいつの間にか寝ていますね。
    すず先生 保育士
    0歳から1歳の年齢の子は、単純な図形で色彩の鮮やかな絵に、覚えやすい繰り返しの単語がある絵本を好むように思います。

    我が子もそうで、寝る前に読んで読んでとたくさん持ってきていました。

    多くても3冊くらいでねんねだよ~っと切り上げないと、何時間でも読んで欲しがるのが困りものでした。

    寝る前の儀式として、読み聞かせをするのはとてもよい方法ですよね。
    さと先生 保育士
    寝る前の習慣付けとして入眠前の絵本はよく聞きますね。
    しかし我が家ではわくわくしてテンションが上がってしまう絵本が多いので、読み聞かせは他の時間にしています。
    もう少し大きくなったら寝る前に読む専用の耳で聞くお話の本を購入したいなと思っています。
    りお先生 保育士
    絵本の読み聞かせは、落ち着いて1人で座れるようになってからがいいと思います。

    我が家は寝る前には読み聞かせはしていませんが、時間ができたらその都度読んでいます😁

    小さい頃、図書館にもだいぶ行きましたし、絵本もたくさん読んだおかげか、小2の長男は今では1人でたくさん本を読んでいます!

    2歳の次女は、今はノンタン絵本にハマっています😁
    めい先生 保育士
    お風呂上がりに読んでます。生後2ヶ月頃から色彩がはっきりした絵本や絵が大きい本は、目の前で読むとじーっと静かに見ていました。3ヶ月超えると声を出して見ています。
    すみっこ先生 保育士
    赤ちゃんはママの声が大好きなので、本を読むこと=ママの声を聞く🥰だと思っています。
    ママの声を聞いて眠りにつくのは、安心感もありますし
    身体を休める準備時間にもなりますよね✨
    なつまる先生 保育士
    園では0歳児でも寝る前に読み聞かせしています!簡単なものを読み続けるとおはなしできるようになると内容を覚えてたり、発語にもいい影響をもたらしたりもしますよね!
    とーち先生 保育士
    寝る時間が決まってきたくらいから絵本の読み聞かせをしてました。
    小さい頃は

    いないいないばぁ。

    など、シンプルで繰り返しの多い絵本も好きでしたし、カラフルな絵本もお気に入りでした。

    最近では自分で絵本を選んで持ってきて、一緒に読むようにしてます(*^^*)
    あゆみ先生 保育士
    赤ちゃんは色彩がはっきりしたものだと視覚的にも捉えやすく、興味を持って眺める姿があります。お母さんやお父さんの優しい声で読んでもらう絵本はやはり特別ですね♪
    絵柄が並んでいて単語で表現されているものや、単純な繰り返しなどの絵本から読んであげると良いと思います^^
    ひよひよ先生 保育士
    いつからしてもいいと思います。
    うちも、赤ちゃんの頃から絵本に興味持ってくれるといいなぁと思いましたが、とんでもない笑
    私が読もうとするなら、破こうとしり、絵本を食べてました笑
    なので、お子さんによってだと思います。
    うちは、身体動かす方が好きなので、とにかく歌を歌うとぴょんぴょん飛び跳ねてます。
    もう少し落ち着いてきたら、読み聞かせをして寝られたらいいなぁと思ってます。
    おはぎ先生 保育士
    上の子たちから寝る前に読んでいましたが、五ヶ月になる弟も最近本を、開くと喜びだしました。色々な方が描いたいないいないばぁの本がありますが、どのシリーズでもいないいないばぁの本はすごく喜びます。また赤ちゃん絵本はわかりやすい繰り返しなので2歳のお兄ちゃんでも読んでくれるので、微笑ましいです
    めーめー先生 保育士
    赤ちゃんの頃からねんトレ(ねんねトレーニング)として、寝かしつけ時に絵本を読む方が増えているようです。
    寝かしつけに適した絵本をと、夜をテーマにしたものや、落ち着いたものをと工夫されるのもいいですね。

    我が家では毎晩、テーマなどは全く気にせず子どもが読んでほしい本を1冊持って寝室に行くようにしています。そうすることでスムーズに寝室に行けるようになりました。

    ただこれも子どもが2歳くらいからで、それ以前は絵本を読むとテンションが上がりすぎ、反対に寝なくなってしまうので、避けてきていました。(日中には読みましたが…)
    子どもの様子に合わせて色々試してみるといいですね。
    すー先生 保育士
    生後2、3ヶ月から寝る前に読み聞かせをしています。3歳の兄は自分の絵本と1歳の妹の絵本をそれぞれ選び眠る前に「これ読んで」と持ってきます。2人とも絵本を読むのは眠る前の儀式と思っているみたいです。
    きらり先生 保育士
    我が家は毎晩寝る前に絵本を読んでいます。息子が読んで欲しいものと、わたしが読んであげたいものを読んでいます。年齢に応じて絵本の内容もかわってくるので、成長を感じています。2ヶ月の下の子も、お兄ちゃんと一緒に寝る前絵本を見ています。楽しいのか、機嫌よく喃語を発しています♪
    あー先生 保育士
    わたし自身が絵本が好きだったので授乳のリズムが落ち着いてきたころからずっと絵本の読み聞かせはしていました。地域の保険福祉センターで名前入りの絵本をもらえたのでそれがお気に入りでよく読んでました。わたしのオススメはうたえほんというゆりかごなどの歌がのった絵本です!
    とー♡先生 幼稚園教諭
    生後3ヶ月くらいから、毎日夜寝る前に絵本を読んでいます。

    今では絵本大好きな子になっています。
    繰り返し読んでいる絵本は、内容を覚えて口に出すようになりました。

    ただ、いつも同じだと飽きるようで、新しい絵本を読むと食いつきがいいです笑
    はなこ先生 保育士
    絵本の読み聞かせのプロ?に本の読み聞かせはとても大事と聞きました。月齢によっても本っていろいろあるので、まずは月齢に合った本を読み聞かせてあげるといいですよね!だんだんと読んで欲しい本も出てくると思います。字が読めるようになっても本の読み聞かせをするのが良いと言われました!小学校四年生くらいまで読んであげると子供のために良いと言ってました!
    ぺち先生 保育士
    とっても気になっていました。なんなら、何歳くらいから絵本ってみるものなのかな?と検索したこともあるくらいです。0歳からでもいいんですね!絵本用意しないと!
    のんの先生 保育士
    上の子がものを目で追うようになった4ヶ月ぐらいから寝る前の絵本の読み聞かせを始めていました。
    お布団の中で絵本を読む=寝る時間
    と言うことが娘に植えつけられているのか、絵本を読むとすぐ寝るようになりました。
    絵本の読み聞かせは年齢等は考えなくていいと思います。
    絵本を読み聞かせることでコミニュケーションにもなるので0ヶ月から始められてもいいと思います
    まるまる先生 保育士
    低月齢児さんの鉄板は「じゃあじゃあ びりびり」と「だるまさんシリーズ」です。
    とはいえ、子どもによって好みが違うので図書館等で色々な本を借りてみたり書店で立ち読みしてみたりと好みを探ってみて下さい。
    わが家は生後半年ごろから、一人一冊読み聞かせをしています。
    3冊読むので、親は疲れますが長子の選んだ本に以外と下の子たちが食いついたりしています。
    続けていくと、小学生になる頃には自分で好きな本を読んで寝てくれるようになります。楽になりましたが、少し寂しくもあり、無理矢理読んであげたりもしてます。
    照れながらも嬉しそうです。
おすすめユーザーのコメント
1
    YK
    我が家は2歳以降にたまに…という感じです。読み聞かせが下手なのか本のチョイスが悪いのか、テンションが上がることの方が多いです

絵本の関連記事

カテゴリ一覧