バレンタインに絵本を楽しもう。絵本の内容やプレゼントに選んだもの

バレンタインに絵本を楽しもう。絵本の内容やプレゼントに選んだもの

プレゼントするときに工夫したこと

バレンタインにあわせて、子どもに絵本の読み聞かせや、プレゼントをしたいと考えているママもいるかもしれません。この記事ではママたちがバレンタインのプレゼントに選んだ幼児向けの絵本や、本を選ぶときのポイント、プレゼントするときに工夫したことについて体験談を交えてご紹介します。

バレンタインに子どもと絵本を楽しみたい

バレンタインにちなんだ絵本や、バレンタインをより楽しめるような絵本を子どもに贈りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。

今回は、バレンタインにまつわる絵本事情について、ママたちの体験談を交えてご紹介いたします。

子どもにプレゼントしたバレンタインの絵本

赤色のリボンが付いたプレゼント
Evgeny Karandaev/Shutterstock.com

ママたちはどのような絵本をバレンタインにプレゼントしているのでしょうか。

バレンタインデーについて描かれた絵本

30代ママ
子どもに「バレンタインデーってどんな日なの?」と聞かれたので、くまの夫婦がバレンタインをすごす絵本をプレゼントしました。冬眠中のくまの夫婦が目覚まし時計をかけて、2月14日を特別な日としてすごそうとする姿がとても素敵です。

この絵本を読んでから、息子もバレンタインデーをとても楽しみにするようになりました。
バレンタインデーがどんな日なのか、子どもに伝わるような絵本をプレゼントしたというママがいました。絵本の登場人物を通じてバレンタインデーは大好きな人とすごす日だと知り、子どもに「バレンタインデーはママといっしょにいる!」と言われたママもいるようですよ。

愛情をテーマにした絵本

30代ママ
5歳の息子に、小さなウサギと大きなウサギが互いに「好き」な気持ちを比べる様子を描いた絵本をプレゼントしました。読み終わった後、「僕はママがこーんなに好きだよ」と息子が伝えてくれて、愛おしくて仕方ありませんでした。
40代ママ
私の気持ちが息子に伝わればいいなと思い、くまの母子が出てくる絵本をバレンタインに読み聞かせしたことがあります。「いつまでママは僕のママでいてくれるの?」というこぐまの問いかけに、「大きくなってもいつまでもあなたのママでいるよ」と母ぐまが応えるシーンでは、読んでいる私が思わず涙してしまいました。
バレンタインに、誰かを思いやる気持ちをテーマにした絵本を子どもにプレゼントしたママもいるようです。愛情をテーマにした絵本を子どもと読むと、ママもいっしょに優しい気持ちを感じられるかもしれませんね。

お菓子が出てくる絵本

20代ママ
1歳の息子にお菓子が出てくる絵本をプレゼントしました。まだ実物は食べられませんが、息子も楽しそうに見ています。
30代ママ
チョコでできた「だるま」の絵本を贈りました。チョコレートが溶けてしまう様子に子どもは驚いていましたが、また戻せることを知るととても喜んでいました。
バレンタインにあわせてチョコレートやお菓子が出てくる絵本を選んだというママの声がありました。絵本に出てくるお菓子に「おいしそう」と声を漏らす子どももいるかもしれませんね。

バレンタインの絵本を選ぶときのポイント

バレンタインのプレゼントに絵本を選ぶときのポイントを、ママたちに聞いてみました。

年齢にあったものを選ぶ

40代ママ
年齢にあった絵本を選ぶと、子どもも楽しめるような気がします。絵本を購入するときに対象年齢を確認し、絵本のページ数やストーリー、絵柄や言葉の使い方などを確認するようにしています。
絵本の対象年齢を目安にして、子どもにあったものを選んでいるというママがいました。1歳や2歳の幼児には絵がはっきりしたものや、繰り返し言葉、擬音語などリズムがおもしろいものを選び、3歳以上の幼児にはストーリーのある絵本を選んでいる方もいるようです。

子どもが興味をもっているものを選ぶ

30代ママ
動物好きな息子のために、動物たちがお菓子を作り、みんなで食べる絵本を選びました。お気に入りの絵本になり、毎日繰り返し読んでいます。
子どもの好きなものがたくさん登場する絵本を選んだというママがいました。興味をもっているものが出てくる絵本だと、子どもも手に取りやすいようです。

繰り返し楽しめるものを選ぶ

30代ママ
絵本を選ぶときは、できるだけ長年親しまれている絵本を選ぶようにしています。長年読み継がれてきた絵本は、繰り返し読んでも楽しむことができるような気がします。
絵本を選ぶときに、長い間親しまれてきた絵本を選ぶというママがいるようです。ママが小さい頃に楽しんだ絵本を、我が子にプレゼントすることもあるかもしれませんね。

バレンタインに絵本をプレゼントするとき工夫したこと

ハートの包装紙でラッピングしている様子
In Green/Shutterstock.com

バレンタインに絵本をプレゼントするとき、ママたちはどのような工夫をしているのでしょうか。

チョコレートといっしょに渡す

20代ママ
チョコレートといっしょに絵本を渡しました。絵本に出てくる動物に似た形をした動物モチーフのチョコレートを選んだので、「絵本と同じだ!」と子どもも喜んでくれました。
絵本といっしょにチョコレートを渡したママのなかには、絵本に関連した形のチョコレートを選んだというママがいました。子どももびっくりして楽しんでくれるかもしれません。

他には先にチョコレートが出てくる絵本を読み聞かせした後に、サプライズでチョコレートを渡したママもいました。

ラッピングを工夫する

40代ママ
購入した絵本をかわいらしくラッピングしました。リボンをつけると特別感が出てよかったですよ。
ラッピングを工夫したというママがいました。いっしょにプレゼントするチョコレートのラッピングの色とあわせた包装紙を使うなどの工夫をしているママもいるようです。

パパにも絵本をプレゼントする

30代パパ
妻が毎年バレンタインに、僕と息子に絵本をプレゼントしてくれます。僕がもらう絵本は、まだ息子には内容が難しいようですが、今は小さな息子もいつかこの絵本に描かれたことの意味を知る日が来るのだなあと思うと、感慨深いです。
バレンタインに、ママから絵本をプレゼントしてもらっているというパパの声がありました。「パパはどんな本をもらったの?」と子どもが興味を示す姿が見られることもあるようです。

絵本を通してバレンタインを楽しもう

本を読んでいる男の子
arek_malang/Shutterstock.com
バレンタインに絵本をプレゼントをするとき、バレンタインデーについて描かれた絵本や、愛情をテーマにした絵本、チョコレートなどのお菓子が出てくる絵本を選んでいるママがいるようです。

絵本を選ぶときは、低年齢の幼児には絵柄のはっきりしているものや、読み聞かせをしていっしょに楽しめるものを選び、成長とともにストーリーを楽しめるものを選んでいったという声が聞かれました。

子どもの年齢や興味にあわせて絵本を選び、いっしょに素敵なバレンタインデーをすごせるとよいですね。

2020年01月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

カテゴリ一覧