1歳児にプレゼントしたい絵本の種類。子どもの興味に合った絵本を用意しよう

1歳児にプレゼントしたい絵本の種類。子どもの興味に合った絵本を用意しよう

誕生日に贈る絵本選びのポイント

1歳児に絵本をプレゼントしたいと考えたとき、どのような内容の絵本を選ぼうか迷うこともあるかもしれません。子どもの興味に合った絵本を用意したいですよね。1歳の誕生日に贈りたい絵本や、選ぶときのポイントについてご紹介します。

1歳の子どもにプレゼントする絵本を用意しよう

1歳になると、つたい歩きやひとり歩きができるようになったり、食べられる食材が増えたりと、できることが増えてくる子どももいるようです。

さまざまなことに興味を持ち始める1歳児が楽しめる絵本には、どのようなものがあるのでしょうか。

1歳の誕生日を迎える子どもに絵本をプレゼントしたいと考えているママやパパもいるかもしれません。子どもの興味に合った面白い絵本を用意したいですよね。

1歳児にプレゼントしたい絵本

1歳の子どもにプレゼントしたい絵本の種類をご紹介します。

生活に関する絵本

歯磨きをしたりお風呂に入ったりなど、身近な生活を描いた絵本はさまざまあります。

おはよう、ありがとう、ごめんなさいなどの日頃のあいさつは、1歳の子どもにはまだわからないかもしれませんが、絵本を通していろいろな言葉を知れるとよいですね。

これから始まるトイレトレーニングに向けてトイレに関する絵本をプレゼントしたママもいました。

食べ物に関する絵本

1歳頃は、食べ物の好き嫌いが出てきたり、ご飯をなかなか食べられないこともあるかもしれません。

野菜を描いたものや、料理をする絵本など、食べ物に関する絵本はたくさんあります。

子どもが食事に興味を持てるように、食べ物に関する絵本をプレゼントするのもよいでしょう。

おもちゃとして楽しめるしかけ絵本

しかけ絵本
iStock.com/belov1409
電車が走る音や音楽が流れる絵本、楽器演奏ができたりなど、おもちゃとして遊べるしかけ絵本をプレゼントするのもよいでしょう。

読むだけでなくさまざまなしかけを楽しめる絵本は、1歳の子どもにもよろこばれるかもしれません。

親子を描いた絵本

親子の姿を描いた絵には、子どもとハグをしたりなど、スキンシップを取りながら楽しめる内容のものもあるようです。

1歳の子どもとふれ合いながら絵本を読めると、普段の読み聞かせとはまた違った楽しみ方ができそうです。

1歳児にプレゼントする絵本選びのポイント

1歳の子どもにプレゼントする絵本を選ぶとき、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。

色や音を楽しめる絵本を選ぶ

リズミカルな表現がされている絵本や、カラフルな色使いがされている絵本など、1歳の子どもが楽しめる絵本はたくさんあります。同じ音を繰り返す絵本は、1歳児も覚えやすいでしょう。

子どもが好きなシリーズの絵本を選ぶ

子どものお気に入りの絵本と同じシリーズの絵本をプレゼントすると、子どももよろこんでくれるかもしれませんね。

1歳児のママたちの評判がよい絵本を子どもにプレゼントしたというママがいました。子どもの好きなものを考えながら絵本を選ぶとよいでしょう。

さまざまな物語を読めるセットの絵本を選ぶ

絵本
iStock.com/CCaetano
数冊の絵本がセットになったものは、物語のジャンルやシリーズなど、セットの内容もさまざまあるようです。数冊の絵本がひとつのセットになっていると、長い期間楽しんで読めるかもしれません。

安心して遊べる素材の絵本を選ぶ

絵本のページをめくったときに破れてしまったり、絵本が壊れてしまうこともあるかもしれません。厚紙でできたものや布絵本など、素材を考えながら選ぶと1歳児も安心して絵本を読めるでしょう。

絵本をプレゼントしたときの子どもとママの様子

子どもにプレゼントするときや、子どものお友だちに絵本を贈るとき、よろこんでもらえるかどきどきすることもありますよね。絵本をプレゼントしたときの相手の様子についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どものお友だちに、人形がついているしかけ絵本をプレゼントすると『こういうしかけ絵本は自分ではなかなか買わないからうれしい』とママもよろこんでくれたので安心しました。
30代ママ
子どもに絵本をプレゼントするとき『じゃーん!』と大げさに見せながら渡すと、子どももよろこんでくれたのでよかったです。
30代ママ
子どもの好きそうな車の本をプレゼントすると、とても気に入ってくれたので私もうれしい気持ちになりまた。
1歳の子どもに絵本をプレゼントするときに、かわいくラッピングをしたというママもいました。

『お誕生日おめでとう』と書いたメッセージカードを添えるのもよいでしょう。絵本を通して、誕生日のよい思い出を作れるとよいですね。

1歳の子どもが楽しく読める絵本をプレゼントしよう

絵本を読む赤ちゃんとママ
© Paylessimages - Fotolia
1歳の子どもにプレゼントしたい絵本の種類や、選ぶポイントについてご紹介しました。

1歳のときに楽しめるだけでなく、成長してからも長く楽しめるようにストーリーのある絵本を選んだママもいました。

誕生日をお祝いする内容の絵本や、子どもの名前を入れられる絵本をプレゼントするのもよいでしょう。1歳児の興味に合わせた楽しい絵本を用意できるとよいですね。

2019年10月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧