親子で読書をしよう。親子で読んでいる絵本や読書を楽しむポイント

親子で読書をしよう。親子で読んでいる絵本や読書を楽しむポイント

親子で読書をしてよかったと感じたこと

親子で読書を楽しみたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事は、親子で読んでいる絵本や読書を楽しむポイント、親子で読書をしてよかったと感じたことについて、ママたちの体験談を交えてお伝えします。

親子で読書をしている?

子どものいる家庭では、親子で読書を楽しみたいと考えるときもあるのではないでしょうか。ママたちに、普段の生活のなかで親子で読書をしているのか聞いてみました。

20代ママ
我が家では、毎晩寝る前に親子で読書をしています。1日3冊と決めて、その日に娘が選んだ絵本を読んで楽しんでいます。
30代ママ
子どもの頃から本に興味をもってもらえればと思い、親子で読書をするようにしています。私が仕事の日は慌ただしく読めない日もあるのですが、休日には図書館へ行き好きな絵本を借りてきてゆっくり読んでいます。

ママたちに聞くと、夜寝る前や家族の休日などに親子で読書をしているようです。他にも、お昼寝前の時間に絵本を読んでいるという声もありました。

そこで、今回は読書を楽しむポイントや親子で読書をしてよかったことなどについてママたちに聞いてみました。

親子の読書に読んでいる絵本

実際に、ママたちは親子で読書をするときにどのような本を選んでいるのでしょう。

物語の絵本

絵本
iStock.com/CCaetano
20代ママ
うちでは、よく物語の絵本を読んでいます。物語のなかの登場人物といっしょに、親子でわくわくしながら展開を楽しんでいます。

親子で読書をするとき、物語の絵本を読んでいるママがいるようです。ママのなかには、幼稚園で先生が読んでくれた物語の絵本が面白く、子どものお気に入りの本になったので図書館で借りて家でも読んでいるという声もありました。

季節感を感じられる絵本

20代ママ
うちの子は、春夏秋冬の季節感を感じられる絵本が好きでよく読んでいます。その季節に咲く草花や四季にあわせた食べ物など、身近な話題が多く出ているので『昨日ご飯のときに食べたよね』などと2人で共感しながら読んでいます。

春夏秋冬の草花や、その季節ならではの行事や食べ物などが伝えられている絵本を読んでいるママもいるようです。季節感を感じられる絵本を読むことで、子どもに季節の草花や食べ物を教えるきっかけになるかもしれませんね。

数字やひらがなの絵本

20代ママ
小学生になった上の子が勉強している姿を見て、下の子が数字やひらがなに興味を持ち始めました。ちょうどよい機会だと思い、数字やひらがなが絵といっしょにわかりやすく伝えられている絵本を読んでいます。

数字やひらがなの本など、子どもが興味や関心を持っていることにまつわる絵本を読むのもよいですね。数字やひらがなの絵本の他にも、子どもの好きな植物や昆虫、乗り物などの図鑑を読んでいるという声もありました。

親子で読書を楽しむポイント

本と本棚
iStock.com/blackred

親子で読書を楽しむためには、どのようなことを意識すればよいのでしょう。親子で読書を楽しむときのポイントについて、ママたちに聞いてみました。

ペースや内容は子どもにあわせる

20代ママ
親子で読書をするときは、できるだけ娘のペースにあわせて読むようにしています。ページが前後した場合でも、娘が自分のペースで楽しめるよういっしょに共感しながら読んでいます。

子どもが自分のペースで読書を楽しめるよう、読むペースや内容をあわせることを意識しているママがいるようです。好きなページを繰り返し読むなど内容やペースにあわせることで、子ども自身も満足しながら楽しむことができそうですね。

環境づくりを工夫する

30代ママ
息子が絵本に集中できるよう、部屋の環境を整えてから読むようにしています。読書をする前に必ずテレビを消して、静かな空間のなかでゆっくり読書の時間を楽しんでいます。

絵本の読み聞かせをする前にテレビを消すなど、親子で絵本をより楽しめるよう環境づくりを工夫してみるのもよいかもしれません。他にも、リビングや寝室に本棚を置くなどいろいろな場所に少しずつ本を置き、気が向いたときに子どもがすぐ本を手に取れる環境を作っているという声も聞かれました。

親子で読書をしてよかったと感じたこと

ママたちに、親子で読書をしていてよかったと感じることについて聞いてみました。

親子のコミュニケーションになる

20代ママ
夜寝る前の読書は、息子と私がコミュニケーションをとる貴重な時間になっています。1日の終わりに息子を膝の上に乗せてゆっくり絵本を読む習慣は、これからも続けていきたい思っています。

子どもといっしょに読書をする時間は、親子が触れあうコミュニケーションにもなるようです。ママのなかには、仕事や家事で慌ただしく子どもとコミュニケーションをとる時間がゆっくりとれないときもあるので、寝る前に必ず絵本を読む時間を作っているという声もありました。

自分で考えるきっかけになる

20代ママ
うちの場合は、読書の習慣を身につけたことで子どもが自分でさまざまなことを考えるきっかけになったように感じています。絵本の感想を言いあうなど親子で内容についての話をすることで、考える習慣がついているように感じています。

親子で読書をすることは、子どもが自分で考える習慣作りのきっかけになっていると感じたママもいるようです。さまざまな内容や物語を伝えた本の世界を味わうことで、人の気持ちや自分が知らない世界などを想像できるようなきっかけを作ってあげられるかもしれませんね。

新しいものを覚えるきっかけになる

20代ママ
絵本のなかに出てくるさまざまな言葉を聞いたり読んだりすることで、娘が言葉を覚えるきっかけになったように感じています。実際に見聞きしたことがないものでも、一生懸命覚えようとしている姿はとてもかわいらしいです。

普段から親子でさまざまな本を読むことで、子どもが言葉を覚えるきっかけになったと感じたママもいるようです。子どもが関心を持ったものにまつわる絵本や図鑑など、子どもが知りたいと思ったことや興味をもった気持ちを伸ばしてあげられるとよいかもしれませんね。

親子で読書をしよう

ママと男の子
iStock.com/kohei_hara

ママたちは、物語や季節を感じられるような絵本など、子どもといっしょにさまざまな本を読んでいるようです。親子で読書をすることで、子どもとのコミュニケーションになったり言葉を覚えるきっかけになったというママの声もありました。

本を読むときの環境作りなども工夫もしながら、親子で読書の時間を楽しめるとよいですね。

2019年05月18日

専門家のコメント
18
    ゆう先生 保育士
    0歳児でも絵本を見せると、興味を持ってジーっと見ていることがあります。
    声色を変えたり登場
    ぷん先生 保育士
    小さい子って絵本や紙芝居が大好きですよね(^^)乳児さんは繰り返しの言葉が出てきたり、身近
    いちぽ先生 保育士
    一歳の息子と最近は車の図鑑や飛び出す絵本を読んでいます。
    車が好きで、何回も見ているのでわ
    あー先生 保育士
    地域の図書館へ定期的に行き本を借りるようにしています。小学校の勉強もあるので、何冊とか目標
    きらり先生 保育士
    親子で絵本を楽しむのであれば、できたら膝の上に乗せてあげたりしてスキンシップも兼ねて絵本を
    りお先生 保育士
    私が本が好きなので、最低週に1回は図書館に行っています。子どもたちも絵本を借りに一緒に連れ
    まい先生 保育士
    オノマトペの絵本があると子どもも真似して絵本読めるのことが出来ます
    一緒に楽しみながら読む
    とーち先生 保育士
    定期的に図書館で絵本を借りています。

    子ども達本人が読みたい本、私が子ども達と一緒に読み
    あーちん先生 保育士
    親子で読書の時間いいですよね!お気に入りの本があるので何度も読んでいます。スキンシップの時
コメントをもっと見る

絵本の関連記事

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

  • 絵を描いて色を塗る、紙を切って貼る。指先を使っていろいろなものを作るこのような工作は、脳に刺激を与えるだけでなく、子どもの隠れた能力を引き出すというよさもあるかもしれません。そこで今回は、おうち時間での遊びや夏休みの宿題にぴったりなアイディアがいっぱいつまった、工作の絵本11選をご紹介します。

  • 原爆の日や終戦記念日など、8月は「戦争」という言葉を目にする機会が増える時期かもしれません。戦争について、子どもに伝える必要があると思っている保護者の中にも、どうすればうまく伝えられるか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、戦争と平和について伝えてくれる絵本10選をご紹介します。

  • 子どもと家ですごす時間がよりいっそう増える夏休み。普段は忙しくてなかなか時間が取れないママやパパも、せっかくならこの夏休みにしかできないことを親子で体験したいですよね。そんなときは、いろいろな料理を楽しんでみてはいかがでしょうか?料理に興味をもちはじめる幼児期にぴったりの料理絵本10選をご紹介します。

  • 子どもたちが待ちに待った夏休みが始まります。どこに出かけよう、どんなことを学ぼう、どんなことにチャレンジしよう……夏休みに胸を膨らませる子どもたちも多いでしょう。一度きりのその夏を思いきり楽しめるような、読んでワクワクする絵本12選をご紹介します。

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ