3歳から6歳までの幼児向け絵本セット。年齢別の選び方など

3歳から6歳までの幼児向け絵本セット。年齢別の選び方など

絵本セットで読書を習慣付けよう

子どもに絵本をプレゼントしようと考えているママやパパも多いのではないでしょうか。どのような絵本がよいか迷うこともあるかもしれません。そんなときには、話や絵の統一感がある絵本セットを選んでみてはいかがでしょうか。今回は、3歳から6歳までの幼児が楽しく読み続けられる絵本セットを年齢別にいくつか紹介します。

幼児向けの絵本セットの選び方

話や絵の統一感のある絵本セットは、3歳から6歳までの幼児が読書の習慣も身につきやすくなるかもしれません。

また、幼児が楽しく読書をしてくれるように、絵本の世界を体感できるような絵本もよいですね。

さらに、幼児の疑問にわかりやすく答えてくれるような絵本のセットは、知識も増えるので、知育にもつながりそう。

そのような、幼児が楽しく読める絵本セットをいくつか紹介します。

3歳児向けの絵本セット

3歳の幼児に向けた絵本は、ストーリーよりも子ども自身が絵本の世界を体感できるような、仕掛けなどがあるとより楽しく読めるかもしれません。

遊びながら絵本が楽しめるセット

絵本を読みながら遊べるセットです。

この絵本には、おままごとのおもちゃとセットになっているため、絵本の世界を感じながらごっこ遊びなども楽しめます。

野菜の名前や道具の使い方なども絵本の真似をしながら学べるのではないでしょうか。

えほんトイっしょ チーズくんのおいしいスープ

ワッ!と驚く楽しい仕掛けのある絵本セット

子どもたちが好きな果物や野菜が登場する絵本セットです。

まだ上手に文字が読めない子どもでも、特徴的な絵と楽しい仕掛けで遊びながら文字とふれあえるところがいいですね。

ツペラツペラしかけえほんプレゼント用3冊セット

4歳児向けの絵本セット

4歳の幼児には、子どもの疑問にわかりやすく答えてくれたり、知識が増えるような絵本のセットもあります。

また、3歳の頃と比べて少し文字の量を増やして、より文字とふれあうようにすると、文字を親しむきっかけになりそうですね。

子どもの疑問に答える絵本タイプの図鑑セット

0歳から見て楽しむことができる絵本タイプの図鑑セットです。

シンプルでかわいい絵柄なので、子どもにもわかりやすいようです。

また、いっしょに英語も載っているので、アルファベットにふれあう機会にもなるのではないでしょうか。

0さい~4さい こどもずかん 英語つき

春夏秋冬の行事がわかる絵本セット

春夏秋冬に行われる行事などが、わかりやすく説明されている絵本のセットです。

全ページにママやパパへ向けて、幼児の年齢別に読み方などのアドバイスも書かれています。

そのため、子どもの成長にあわせて絵本を読みきかせをすることもできるのではないでしょうか。

ぎょうじのえずかん3冊セット

5歳児向けの絵本セット

5歳の幼児には、4歳のときと比べて少し具体的に考える力を伸ばせるような、ストーリー性のある絵本のセットがよいかもしれません。

文字量もさらに増やしつつ、幼児が楽しく読めるような絵本を選べるとよさそうです。

個性的なキャラクターが活躍する絵本セット

なんとも言えない個性的なキャラクターが登場する絵本のセットです。

この個性的なキャラクターたちが、普段の生活のすごし方などを教えてくれるようです。

さらに、絵本のなかの家具や小道具には、キャラクターたちが隠れていて、読むたびに新しい発見が楽しめそうです。

バムとケロのなかまたち

どんな仕事あるだろう?仕事がわかる絵本セット

仕事について、わかりやすく物語を通して説明してくれる絵本のセットです。

仕事の内容や仕事とはどのようなことをするのかなど、絵本の世界のなかで登場人物たちがわかりやすく説明してくれるようです。

また、ママやパパの仕事にも興味をもつ子どももいるのではないでしょうか。そのようなときには、いっしょにママやパパの仕事の話をしてあげると、より楽しく会話ができるかもしれません。

どんぐりむらの絵本シリーズ 6冊セット

6歳児向けの絵本セット

6歳の幼児には、小学校入学に向けてより文字量を増やして、楽しく読書ができるような絵本のセットがよいかもしれません。

また、ストーリーをさらに楽しめるような、ユーモアにあふれた絵本もよいのではないでしょうか。

定番のストーリーの絵本セット

ママやパパにも馴染みがある方もいる「エルマー」のシリーズの絵本セットです。

エルマーは1回の話が長いため、ある程度の文字量が多い絵本も読めるようになってきたら用意するとよいでしょう。

毎日数ページずつ読み進めていくなど、続きを楽しみにできるような読み方もよいかもしれません。

エルマーのぼうけんセット

愉快な話に思わず笑っちゃう絵本セット

絵と愉快なストーリーがくせになる作者の絵本セットです。

普段と異なった目線で繰り広げられる話は、ハラハラドキドキしながら笑っちゃうほど愉快なようです。

子どもだけでなく、大人まで笑ってしまうほど、くせになる話が盛りだくさんなので、繰り返し読みたくなるのではないでしょうか。

かがくいひろしの絵本

楽しく読める絵本セットを選んでみよう

絵本の読み聞かせ
© yamasan - Fotolia

今回は、3歳から6歳までの幼児に向けた絵本セットをいくつか紹介しました。

絵本がセットになっていることで、次の話を読みたい気持ちになり、読書の習慣も身につきやすくなるかもしれません。

それぞれの年齢で理解できる内容や文字量などが異なるため、子どもにあわせた絵本を選べるとよいですね。

2019年03月09日

専門家のコメント
14
    ろろ先生 保育士
    絵本セットではありませんが福音館書店で『こどものとも』という月一定期購読があります。年齢別
    白玉善哉先生 保育士
    3歳児は絵が多く
    本物に近い絵のものが良いと思います。動物図鑑や乗り物、職業図鑑など興味を
    せんせい 保育士
    その年齢に合った絵本もあると思いますが、私は読んでしまうともうその絵本はその内容になってし
    いちぽ先生 保育士
    年齢によって絵本の対象年齢がありますが、どの年齢にもウケる名作と言われる絵本は普遍的ですよ
    あー先生 保育士
    こどもずかんセットはわたしも買ってあげてました!シンプルな絵なので低年齢から楽しめますし、
    すみっこ先生 保育士
    絵本セットではないですが
    絵本専門店の店員さんが毎月一冊選んでくれた絵本が届くサービスを二
    ゆか先生 保育士
    絵本セットはうちにも何冊かあります。
    ※おおかみくんシリーズ
    ※ねずみくんのチョッキシリー
コメントをもっと見る

絵本の関連記事

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

  • 夏休みもあっという間に終わり、気がつけば新学期。お休みの間に乱れがちになった生活習慣をきちんと整えたいですね。今回は、着替えから歯みがき、トイレなど基本的な生活習慣から、お片付け、挨拶、返事といった日々の生活に大切なことまで、子どもが親しみやすいストーリーで生活習慣が身につく絵本12選をご紹介します。

  • 街で障がいのある人を見かけたら……友だちに障がいのある子がいたら……私たち保護者は障がいについて子どもたちにどのように伝えるとよいのでしょうか。無意識のうちに本人や周りの方を傷つけることのないよう、子どもが親しみやすい絵本から障がいについて理解を深めましょう。今回は、子どもと障がいを考える絵本12選をご紹介します。

  • 絵を描いて色を塗る、紙を切って貼る。指先を使っていろいろなものを作るこのような工作は、脳に刺激を与えるだけでなく、子どもの隠れた能力を引き出すというよさもあるかもしれません。そこで今回は、おうち時間での遊びや夏休みの宿題にぴったりなアイディアがいっぱいつまった、工作の絵本11選をご紹介します。

  • 原爆の日や終戦記念日など、8月は「戦争」という言葉を目にする機会が増える時期かもしれません。戦争について、子どもに伝える必要があると思っている保護者の中にも、どうすればうまく伝えられるか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。今回は、戦争と平和について伝えてくれる絵本10選をご紹介します。

カテゴリ一覧