遠足がもっと楽しくなる絵本は?季節にあわせた選び方など

遠足がもっと楽しくなる絵本は?季節にあわせた選び方など

読み聞かせをするときの工夫も紹介

遠足を楽しみにしている子どものために絵本を読んであげたいと考えているママもいるかもしれません。今回の記事では、遠足がより楽しみになる絵本や季節にあわせた絵本の選び方、遠足の絵本を読み聞かせるときの工夫について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

遠足の前に絵本を読もう

遠足に行くことがわかった日から遠足を楽しみにしている子どももいるのではないでしょうか。初めて遠足に行く年少の子どもの場合は、遠足がどのようなものかわからず不安になることもあるかもしれません。絵本を使って遠足を楽しみな行事にしてあげられるとよいですね。

実際に、ママたちは子どもが遠足をさらに楽しみにできるよう、どのような絵本を読み聞かせていたのでしょう。

遠足をテーマにした絵本の選び方

遠足の前には遠足をテーマにした絵本の読み聞かせをすると、子どもも遠足を楽しみにできるのではないでしょうか。どのような遠足の絵本を選んだのかママたちに聞いてみました。

行き先にあわせた内容で選ぶ

「遠足の前に読み聞かせをする絵本は、行き先にあわせたものを選ぶようにしています。動物園に遠足に行くときは動物が登場する絵本、公園に遠足に行くときは公園での遊びをテーマにした絵本を選び、子どもがワクワクできるよういっしょに楽しんでいます」(4歳年少のママ)

遠足を楽しみにしている子どもに目的地のことが描かれている絵本を選ぶと、遠足を待ちわびる気分がいっそう盛り上がりそうです。行き先の他に、遠足に行くときに乗るバスの絵本をあわせて選んだら喜んでくれたというママの声もありました。

登場人物や絵柄で選ぶ

積まれた冊子
iStock.com/CCaetano

「遠足の絵本を選ぶときは子どもと同じ年齢の子どもたちが登場する内容を選んでいます。『この子たちも年中さんだってね』と話すと『ぼくと同じだね、どこに行くのかな』と興味をもって絵本を見てくれます」(5歳年中のママ)

同じ年齢の子どもたちが遠足に行く絵本を見ると、子どももいっしょに遠足に行くような気持ちになって楽しめるかもしれません。ママのなかには、子どもの好きな絵柄の遠足の絵本を選ぶと共感しやすいようだったという声もありました。

遠足に行く季節にあわせる

「うちの子の保育園では春と秋に遠足に行くので、遠足の前にはそれぞれの季節にあわせたお話の絵本を選んで読んでいます。春の遠足の前には、ちょうちょやたんぽぽが描かれている絵本を見て『ちょうちょにあえるかな?』と楽しみにしていました」(4歳年少のママ)

子どもに読み聞かせをするために季節にあう内容を選ぶママがいました。遠足の絵本のなかには季節の花や虫が描かれているものもあるので「遠足に行ったときに見つけたい」と子どもの楽しみに思う気持ちがふくらみそうです。

ママたちが用意した遠足をより楽しむための絵本

子どもが遠足をより楽しむための絵本にはどのようなものがあるのでしょう。ママたちが用意した絵本について聞いてみました。

遠足の準備を楽しむ絵本

「遠足の前の日に持ち物を準備して遠足を待ちわびるという内容の絵本を用意しました。お弁当やハンカチ、ティッシュなどを準備するところが子どもの遠足の準備と同じなので、自分が絵本に登場しているかのように楽しむことができたようです」(6歳年長のママ)

遠足の前日を描いた絵本は、子どもが自分と同じだと感じて共感をもちやすいかもしれません。他には、遠足が楽しみすぎて眠れなくなったという内容の絵本を読んで「明日は早起きできるように今夜は早く眠ろうね」と話したというママの声もありました。

お弁当を楽しみにする絵本

キャラ弁
iStock.com/yajimannbo

「子どもの遠足の楽しみのひとつにお弁当があるようなので、本物のお弁当を広げたような絵本を用意しました。子どもは『こんなにいっぱい食べられるかな』などと言いながら遠足のお弁当がとても楽しみになったようでした」(5歳年中のママ)

遠足で子どもが楽しみにしているお弁当のことを描いた絵本もあるようです。絵本を見ながら明日のお弁当のおかずについて想像するのも楽しそうです。お弁当を題材にした絵本には、動物や虫がそれぞれの好物を持って行く愉快なお話もあるようですので、見比べて楽しむのもよさそうですね。

好きなキャラクターが遠足を楽しむ絵本

「年少の子どもが初めての遠足を楽しみにできるように、好きなキャラクターたちが遠足に行く絵本を用意して読み聞かせをしました。キャラクターと自分を重ねあわせて『私も遠足に行ったら野原に寝転びたい』と楽しみにしていました」(4歳年少のママ)

子どもの好きなキャラクターが登場する遠足の絵本を用意したママがいました。遠足に慣れていない年少さんも、好きなキャラクターが遠足を楽しむ絵を見れば、初めて行く遠足の楽しさを想像しやすいかもしれません。

遠足の絵本を読み聞かせるときの工夫

遠足の絵本はどのように読み聞かせをすると子どもが喜んでくれるのでしょう。読み聞かせるときの工夫についてママたちに聞いてみました。

遠足の持ち物を使う

「遠足の絵本を読み聞かせるときは、実際に遠足に持って行くものを見せながら読むようにしました。お弁当を食べるシーンでは用意したお弁当箱の蓋を開いて見せることで、遠足でお弁当を食べる様子を思い浮かべることができたようです」(4歳年少のママ)

遠足の絵本の読み聞かせに実際の持ち物を使うと子どもが遠足のシーンを想像しやすいかもしれません。初めて遠足に行く年少の子どもといっしょにシートを敷いて水筒の蓋を開けたりお弁当箱を並べたりするといった演出をすることで、当日の練習にもなったというママの声もありました。

会話を織り交ぜて読み聞かせをする

「普段の読み聞かせではお話の通りに読んでいますが、遠足の絵本を読むときにはお話のなかに子どもの名前を入れて呼びかけるなど会話を織り交ぜて楽しむようにしています。絵本に描かれた青空を見て『お天気がよくなるといいね』などと会話もはずみました」(5歳年中のママ)

普段の絵本の読み聞かせと違い、遠足の絵本は子どもと会話をしながら読むこともあるようです。登場人物の名前を子どもの名前に置き換えて読み聞かせをすると、遠足が現実的に思えて楽しみが増すかもしれません。

遠足が楽しみになる絵本を選ぼう

パパとママと子供で絵本を読む
iStock.com/kohei_hara

遠足を待ちわびる子どものために絵本の選び方や読み聞かせ方を工夫しているママがいました。初めて遠足に行く年少の子どもも楽しめるように、遠足にあわせた季節の絵本や子どもの好きな動物が登場する絵本を読み聞かせてあげるのもよさそうです。

絵本の選び方を工夫して、遠足がより楽しみになるとよいですね。

2019年03月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

絵本の関連記事

  • お年玉のシーズンになると、子どもにどのようにお金をあげていくのがよいのか、管理はどのようにしたらよいのか、毎年悩むママ・パパもいるかもしれません。今回は、お金の概念やお金の価値、また働いてお金を稼ぐことについて学べる絵本を紹介します。親子で絵本を楽しみながら、お金のことを知れるとよいですね。

  • 小さいうちから世界の名画を見て、アートな感性を育ててほしい、そう願うママ・パパもいるでしょう。しかし有名な作品をいきなり見せても子どもにはピンとこなかったり、退屈と感じるかもしれません。そこで、絵本を通して名画に触れられる8冊をセレクトしました。先入観のない子どもの目にはどのように見えるのでしょうか

  • 11月8日は「いい歯の日」。歯みがきが苦手な子どもは多く、毎日きちんと歯みがきをさせるのは難しいときもありますよね。どうしたらむし歯になってしまうのか、なぜ歯みがきが大切なのか、大人の歯と子どもの歯の違いとは。絵本の世界で知ることができたら、歯みがきを少し好きになってくれるかもしれません。

  • 赤ちゃんにとって絵本は見る・聞くだけではなく、手でさわって感触を楽しむこともあります。最初はじっと見つめるだけの子も、だんだんと手を伸ばしてさわったり、感触をたしかめようとすることが増えるでしょう。絵本のストーリーが理解できる子も、さわれるしかけがあることで、より想像力をふくらませそうです。

  • 「わんわん」「とんとん」「おぎゃー」など身の周りにある音や、言葉がもつ耳に心地の良いリズムなど、子どもは絵本を通して「音」を楽しむことが大好きです。今回はそんな「音」に注目し、赤ちゃんから大人まで楽しめるとっておきの12冊を紹介します。読みながら体を動かしたり、笑ったり、親子で楽しめる絵本です。

  • もうすぐハロウィーン。近年では日本にもハロウィーンが浸透し、子どもたちの仮装や「トリックオアトリート」という言葉もポピュラーなものになりました。今回はそんなハロウィーンをもっと楽しむため、本場海外のハロウィーンの雰囲気を味わえる絵本や、ハロウィーンをより身近に感じられるような絵本を紹介します。

  • 芸術の秋。子どもには小さいうちからアートに触れさせたいという保護者も多いのではないでしょうか。今回は「色」に注目した絵本を集めました。美しい色彩の絵本を読み聞かせることは、子どもの感性を刺激することでしょう。赤ちゃん向けの絵本から、大人の心に響く絵本まで、とっておきの12選を紹介します。

  • 10月はスポーツの秋、運動会シーズンがやってきます。運動会の日が近づいてくると、運動が好きな子も苦手な子も、ちょっとソワソワと落ち着かない気持ちになっているかもしれません。そんな運動会への気持ちを盛り上げたり、不安な気持ちは少しでもやわらげるような12冊の絵本を紹介します。

  • 子どもに野菜を食べさせたい、野菜好きになってほしい……そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか。食欲の秋に子どもがすすんで食べられるよう、野菜がいきいき描かれた絵本を読み聞かせてみませんか?好き嫌いが生まれる前に親しみをもてる絵本から食育になるような絵本まで、年齢別にご紹介します。

  • 子どもはみんな好奇心にあふれています。身近なことに「どうして?」と感じはじめる幼児期に、絵本を通してサイエンスの魅力を伝えてみてはいかがでしょう。子どもの読み聞かせや、いっしょに実験や観察を行うおともとして持っておきたい絵本11選をご紹介します。

  • 子どもたちにとって頼れる存在であり、どんなときも味方でいてくれる、おじいちゃんとおばあちゃん。敬老の日は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんに感謝と尊敬の気持ちを伝えたいですね。いつまでも大切にしたいというあたたかい思いが伝わってくる、祖父母との絆を深める絵本12選をご紹介します。

  • 「いま、なんじ?」と子どもに聞かれたら時間を学ぶチャンスです!今回は、時計に興味を持ちはじめた子どもが楽しく理解できる絵本をご紹介します。新学期をむかえる9月、時間の大切さや一日の流れを理解するきっかけにしてみてはいかがでしょう。

カテゴリ一覧