子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年11月25日

出産後の仕事復帰は最短でいつから?復帰に向けて考えておくべきこと

出産後の仕事復帰は最短でいつから?復帰に向けて考えておくべきこと

産休や育休を取得している女性にとっては、出産後の仕事への最短での復帰時期がいつからなのか、復職後の生活も気になりますよね。仕事復帰の時期や復帰後に起こりやすいトラブルを想定しながら、事前に取れる対策などをご紹介します。

仕事復帰は出産後いつからできるのか

最短6週間で復職可能

労働基準法では、産後8週間以内の女性は働いてはならないとされているようです。産後6週間が経過し、本人が希望したうえで医師の許可があれば復職可能とされています。多胎妊娠であれば、最短の復職可能日は産後6週間ではなく14週間となるようです。

出典:労働基準法における母性保護規定/厚生労働省

最長2年後からの仕事復帰が可能

産休は出産予定日の6週間前から、産後は出産翌日から8週間まで取得可能なようです。一定の条件を満たせば子どもが1歳になる前日まで育児休暇を申請できるようです。

このように産休と育休期間は出産から1年間が原則のようです。しかし、保育所に空きがないなど預け先がない場合は、最長2年まで取得できるようになりました。

出典: 改正育児・介護休業法リーフレット リーフレットNo.5/厚生労働省

仕事復帰に関して考えておくべきこと

子どもの預け先

仕事を始めるにあたり、まず必要なことは子どもの預け先を確保することかもしれません。待機児童が多い地域もまだまだ多く、希望通りに保育園が見つからない場合もあるかもしれません。いくつかの託児所に登録しておき、毎日空きがあるところを探して預けているママもいるようです。

自宅から少し離れた地域も視野に入れながら諦めずに探し続けてみましょう。

子どもの体調不良時

子どもは、急に体調を崩すこともよくあります。そんなときママとパパどちらが仕事を休むのか、両親に協力をお願いするのかなど、事前に家族間で対処法を決めておくとよいかもしれません。

忙しい毎日に仕事の大変さがプラス

走るワーママ
KPG_Payless/Shutterstock.com

育休中でさえ、家事と育児の両立は想像以上に大変だと感じたママもたくさんいるかもしれません。復職するとなると、そこに仕事の忙しさもプラスされます。

仕事から疲れて帰っても、家事育児はなかなか休むことができない場合が多いかもしれません。しかし、仕事をすることで、逆に子どもとの時間を大切にできるようになったというママもいるようです。

家事は休みの日に回したり、完璧を目指さないなど、自分なりに手を抜ける部分を見つけるとよいかもしれません。

仕事復帰までに準備すること

夫婦で家事・育児の分担を

家事や育児の分担を夫婦できっちりしておくのも、復職の負担を少なくするポイントかもしれません。育休中は女性が家事と育児のすべてを担うことも多く、復職してもついそのままになってしまいがちになる場合が多いようです。しかし、仕事をしながらすべてをこなすのは難しい場合もあるかもしれません。

役割分担は口約束ではなく、書き出して目に見えるようにした方がうまくいった、というママの声もありました。

勤務時間の確認

復職の場合は職場の環境もしっかり確認しておくとよさそうです。時短勤務制度がある会社の場合は働き方の選択肢も多くなりそうです。

復職時期は慣らし保育期間を考慮して決める

保育園に子どもを預ける場合、慣らし保育といって短時間の保育から徐々に慣らしていく場合が多いでしょう。最初の1週間程度、朝預けて昼にはお迎え、というケースも多くあります。

慣らし保育の期間中はとても出勤できる状況ではないので、保育園の入園日と復職の日は少しずらした方が良いかもしれません。

復職経験者の話を聞く

復職の経験者なら、実際に困ったことや成功の秘訣など身をもって知っているかもしれません。子どもを保育園に預けて働いている友人に、両立のしかたなどを聞いてはいかがでしょう。友人なら、あなたの性格を加味したアドバイスをくれるかもしれません。

1日のタイムスケジュールを確認しておく

復職前に、1日のタイムスケジュールをしっかり確認しておくとよいかもしれません。早くフルで働きたいと焦ることもありますが、まずは無理をしすぎないスケジュールを組むことも大切でしょう。

あらかじめスケジュールを確認しておくことで、休みの日に回せる家事を見極めるなど計画的に日々を過ごしやすくなるかもしれません。

仕事復帰時にありがちなトラブル

子どもの体調不良が続く

仕事復帰後しばらくは、思うように出勤できない場合も多いかもしれません。仕事に支障が出ると心苦しいこともありますが、子どもの体調不良を周りとのコミュニケーションを大切にしながら理解してもらえるように努めましょう。

睡眠不足が続いてしまう

復職すると、子どもの昼寝といっしょに睡眠時間を確保することが難しくなるでしょう。また、2歳ごろまで夜泣きがある子どももいるので、夜もしっかり眠れない場合があるかもしれません。休みの日に夫婦交代で子どもを見るなどして、たまにはまとまった休息を取る日ができるように協力してもらえるとよいですね。

家族と協力しながら乗り切る

家族で過ごすとき
wong sze yuen/Shutterstock.com

出産後の仕事復帰は、さまざまなハードルが出てくる場合があります。しかし、出産を経てもやりがいを感じながら社会で頑張っている女性もたくさんいるようです。

最短時期での復職も、家族の協力と工夫次第でできる可能性はあるでしょう。自分なりのペースを見つけながら、いつから仕事ができるか検討してみてはいかがでしょうか。

※記事内で使用している参照に関する内容は、2017年11月21日時点の情報となります。

仕事の関連記事
カテゴリ一覧