妊娠中でも仕事がしたい。仕事の探し方や働き方を調査

妊娠中でも仕事がしたい。仕事の探し方や働き方を調査

妊娠中に働いていたママの声

妊娠中でも働きたい、妊娠中の仕事探しはどうすればよいか気になっている妊婦さんもいるかもれません。家でできる仕事には何があるか、具体的に知りたい場合もあるでしょう。今回は妊娠中でも働いていたママたちに、仕事の探し方やおこなっていた仕事内容、働き方などを調査しました。

妊娠中の仕事事情

妊娠を控えているプレママの中には、妊娠中だけど働きたいと仕事に意欲的な方もいるのではないでしょうか。体調もよいときは暇な時間を利用して、家でできる仕事を始めたいと思う場合もあるかもしれません。

周りのママたちは妊娠中はどのような仕事をしていたのでしょう。仕事の探し方や実際にやっていた仕事などについて聞きました。

妊娠中でも働きたい!ママたちの声

妊娠中でも働きたいと思う理由はなんでしょう。元妊婦さんだったママたちの声を集めました。

暇な時間を有効利用したい

時計
iStock.com/SrdjanPav
20代のママ
つらいときに自由に休めるなら仕事をしてもよいとお医者さんから言われました。自宅安静の時期が長く暇すぎて落ち込んでしまいがちだったので、妊娠中でも家でできる仕事を探しました。
30代のママ
割と体調もよく暇をもてあましていたので、在宅ワークすればよかったなと思いました。

妊娠中に暇な時間が長すぎると、気持ちがふさぎこんでしまう場合もあるようです。身体の体調が第一ですが暇な時間を有効に使いたいという声にも共感できそうですね。

妊娠中でも収入を得たい

30代のママ
産前から在宅ワークをしていました。収入を得たい気持ちもあり、できる限り仕事をしていたかったです。
20代のママ
妊娠を機に退職したので、今後の生活のために少しでも収入を得られるよう在宅でできる仕事を探しました。

今後の生活を考え妊娠中も働いて収入を得たいママもいるようです。フリーランスや自営業の場合、臨月近くまで働く妊婦さんも多いかもしれませんね。

やりがいやキャリア

30代のママ
仕事にやりがいを感じてたので妊娠中でも仕事は続けたいと思っていました。
30代のママ
家でできる仕事をしていたので、キャリアを継続できるよう出産予定日近くまで仕事をしていました。

仕事のやりがいやキャリア継続のために働きたいママの声もありました。出産予定日近くまで仕事をする場合、急な体調の変化が起きたらどうするかをしっかり考えておくと安心でしょう。

妊娠中の仕事の探し方

妊娠中も仕事をするために、周りのママはどのように仕事探しをしたのでしょう。

クラウドサービスを利用

クラウド
iStock.com/zakokor
20代のママ
妊娠中の仕事は家でできる単発の仕事に絞りました。クラウドサービスのサイトを利用し、妊娠中でもできる仕事を選びました。
20代のママ
在宅ワークなら妊娠中でもできるかなと思い、クラウドサービスを使い仕事探しをしました。

インターネットのクラウドサービスを利用し仕事を探したママもいるようです。在宅でできる仕事も豊富にあるため、未経験な方も比較的始めやすいかもしれません。報酬のシステムなどをよく確認し、不安なく仕事を始められるとよいですね。

前職や知人からの紹介

30代のママ
職場に妊娠を伝え、数ヵ月後から業務委託に切り替えました。前職とやっていた業務内容とあまり変わらなかったので、ストレスなく働けました。
20代のママ
知り合いの人に在宅でできる仕事を紹介してもらいました。分からない点なども気軽に相談できたので働きやすかったです。

前職や知人からの紹介で仕事探しをしたママもいるようです。いっしょに働く人や環境がわかる分、安心して仕事が始めやすいかもしれません。身体に負担をかけないためも、勤務時間などの条件をきちんと話し合っておくとよいでしょう。

【体験談】妊娠中でもできる仕事

妊娠中に仕事をしていたママたちは、どのような仕事をしていたのでしょう。

事務作業

40代のママ
電車で30分くらいの職場で事務作業をしていました。腰が痛くなったらストレッチして和らげていました。
30代のママ
安定期に入ってからは営業事務をしていました。クライアント対応や営業サポートなど、事務作業を中心に行っていました。

妊娠中は事務作業を中心に仕事をしていたママもいるようです。重いものは持たないよう気をつけたという声もありました。妊婦さんにもよりますが、事務だからと言って安心せず体調を気にかけられるとよいでしょう。

在宅でできる仕事

30代のママ
通勤したり在宅に切り替えたりしながらライター業務をしていました。体調に合わせて受注本数や作業時間を調整できたのがよかったです。
20代のママ
在宅でレシート入力作業をしていました。レシートにかかれた内容を打ち込むだけなので単純作業で集中しやすく、気分転換になりました。

在宅でできるライター業務や文字入力業務も、妊娠中でも働きやすい仕事のようです。無理のない範囲の仕事量を考えながら受けられるとよいですね。

妊娠中の働き方で気にしたいポイント

妊娠中のママたちは働く上で何を気にしていたのでしょう。働き方のポイントを聞きました。

仕事中でも休める環境作り

30代のママ
疲れたらすぐに休むようにしていました。無理せずこなせる量だけ仕事を請け負い、スケジュールなどは会社に相談していました。
20代のママ
体調が悪くなったら横になって休めるよう、上司に相談しておきました。

妊娠中の体調の変化は突然残るかもしれません。仕事中でも休める環境作りを意識できるとよいでしょう。

通勤時間や通勤方法

30代のママ
大きなお腹で満員電車に乗るのが怖かったので、朝と夕方のラッシュを避けた通勤時間を選びました。
30代のママ
妊娠初期は満員電車がつらかったです。つわりが落ち着くまでグリーン車を利用しました。

会社などで仕事をする場合、通勤時間や通勤方法を気にかけられるとよいでしょう。通勤がつらければ職場に相談してもよさそうですね。

働く時間

30代のママ
体の負担を考えて時短勤務に変更しました。休みがちになっていたので、働き方についてよく上司に相談していました。
20代のママ
午後や夕方はお腹が張りやすかったので、在宅ワークは午前中だけと決めていました。

妊娠中は短時間勤務に切り替えたり、在宅ワークもほどほどに押さえたという声もありました。お腹の子を大切に思いながら、働く時間を考えられるとよいでしょう。

妊娠中の仕事について考えよう

ソファーに座る女性
iStock.com/Milatas

妊娠中はママの体調やお腹の赤ちゃんの健康を優先にしたい時期です。妊娠中でもできる仕事や働き方を工夫しながら、働きたい気持ちと上手にむきあって行けるとよいでしょう。体調を考慮しながら妊娠中の仕事について慎重に考えられるとよいですね。

2019年10月02日

仕事の関連記事

カテゴリ一覧