生後5カ月の赤ちゃんのお昼寝事情やお昼寝をしないときの対応

生後5カ月の赤ちゃんのお昼寝事情やお昼寝をしないときの対応

お昼寝の寝かしつけをするときのポイント

生後5カ月の赤ちゃんが抱っこをしていないと寝ないなど赤ちゃんの寝かしつけに悩んだり、お昼寝時間が長いときは起こす方がよいのか気になったりするママもいるかもしれません。今回は、生後5カ月の赤ちゃんのお昼寝事情と、寝かしつけをするときのポイントの他に、お昼寝をしないときの対応の仕方についてご紹介します。

生後5カ月の赤ちゃんのお昼寝に関する悩み

生後5カ月頃の赤ちゃんといっしょにすごしているママのなかには、赤ちゃんのお昼寝について悩みがある方もいるのではないでしょうか。ママたちに、生後5カ月の赤ちゃんのお昼寝について気になることを聞いてみました。

30代ママ
うちの子は、あくびをしたりぐずったりと眠そうなしぐさをするのですが、なかなか寝てくれないことがあります。どのように寝かしつけをしたらよいのか悩んでいます。
20代ママ
生後5カ月の娘はお昼寝するとなかなか起きず、午後のお昼寝では18時頃まで寝ていることがあります。気持ちよさそうに寝ている姿を見ると起こすのがかわいそうに感じますが、お昼寝が長い場合は起こすようにした方がよいでしょうか。
ママたちに話を聞くと、生後5カ月の赤ちゃんがお昼寝をしないことに悩んだり、お昼寝時間が長いときは起こす方がよいのか気になったりしている方がいるようです。他には、抱っこをしていないと寝てくれないことに悩んでいるというママもいました。

そこで今回は、生後5カ月の赤ちゃんのお昼寝についてママやパパたちの体験談を交えてお伝えします。

生後5カ月の赤ちゃんのお昼寝事情

生後5カ月の赤ちゃんのお昼寝事情が気になる方もいるかもしれません。生後5カ月の赤ちゃんがどのくらいの時間寝るのかや、どのような場所でお昼寝をしているのかをママたちに聞いてみました。

お昼寝をする回数と時間

20代ママ
うちの子は一日2回、午前に30分くらいと午後に2時間くらいお昼寝をしています。お出かけをすると、移動中に寝てしまうこともあります。
午前と午後の2回お昼寝をする赤ちゃんがいるようです。お昼寝時間や回数は、お出かけをしたり疲れていたりすると変わることもあるというママの声がありました。

お昼寝をする場所

ベビーベッド
Africa Studio/Shutterstock.com
40代ママ
うちはリビングにベビーベッドを置いているのでリビングでお昼寝をします。リビングでお昼寝をしていると私が他のことをしていても目が届きやすく、お昼寝中の赤ちゃんの変化にも気づきやすいと感じます。
30代ママ
赤ちゃんを寝かせるときはいつも同じ場所がよいのではないかと考え、寝室でお昼寝をするようにしています。赤ちゃんを寝かしつけていると私もいっしょに寝てしまうことが多いのですが、赤ちゃんの元を離れるときは、ベビーモニターで赤ちゃんの様子を見守るようにしています。
赤ちゃんのお昼寝場所としてリビングや寝室を利用しているママがいるようです。他には、リビングの隣にある和室でお昼寝をしているというママの声もありました。

赤ちゃんのお昼寝場所を選ぶときは、ママの目が届きやすい場所やいつも同じ場所などを意識するとよさそうです。

お昼寝の寝かしつけをするときのポイント

生後5カ月の赤ちゃんの寝かしつけをするときは、どのようなことを意識しているのかママたちに聞いてみました。

お昼寝のしやすい環境を整える

40代ママ
お昼寝をするときは、部屋を暗くした方が眠くなるかもしれないと考え、部屋のカーテンを引いて薄暗くするようにしました。カーテンを閉めることで、窓の外で木が揺れたり鳥が飛んできたりしても気になりにくいと感じます。
お昼寝をするときは、他のことに気が取られずらい環境を作ろうと意識したママがいるようです。ママのなかからは、赤ちゃんが心地よく眠れるように温度と湿度を保つようにしたという声も聞かれました。

お昼寝の時間を決める

時計
Krakenimages.com/Shutterstock.com
20代ママ
生活リズムを整えるとお昼寝しやすくなるのではなかと思い、お昼寝時間を決めました。起床時間や授乳時間を考えて、午前は9時から午後は14時からお昼寝をするようにしています。
お昼寝時間を決めるのもポイントのひとつのようです。ママのなかからは、午前のお昼寝は1時間、午後は3時間と決め、お昼寝が長くなる場合は赤ちゃんを起こすようにしているという声も聞かれました。

寝る前の行動をルーティン化する

30代ママ
赤ちゃんが寝ないことに悩んでいたとき、友人から寝る前は同じ行動をするとよいと聞きました。寝かしつけのときは、オルゴールの音楽をかけて布団の上で授乳したら横になるという行動を毎日繰り返しています。
毎回同じような行動パターンで寝かしつけることを考えたママもいるようです。絵本を読んだりスキンシップをとったりと、赤ちゃんが安心するような行動をするとよいかもしれませんね。

お昼寝をしない場合の対応の仕方

お昼寝のとき赤ちゃんがなかなか寝つかず、どのようにしたらよいのか気になるママもいるかもしれません。ママたちは、赤ちゃんがお昼寝をしないときはどのように対応しているのでしょう。

背中をトントンする

20代ママ
私は、赤ちゃんがなかなか寝ないときは、背中や胸をトントンします。赤ちゃんの呼吸にあわせて優しく行なうようにしています。
ママやパパが背中や胸などを優しくトントンしてくれると、赤ちゃんは安心するかもしれませんね。ママのなかには、赤ちゃんの背中や頭を撫でたり、手足を握ったりするという声もありました。

抱っこをする

40代ママ
赤ちゃんがお昼寝しないときは、抱っこをしてすごしています。長時間抱っこするときは抱っこ紐を使うと便利です。
赤ちゃんがお昼寝しないときに抱っこをしているママもいるようです。ママとくっついた状態の抱っこは赤ちゃんも心地よく感じるかもしれません。

お散歩をする

20代ママ
生後5カ月の娘がなかなかお昼寝しないときは、ベビーカーに乗せてお散歩をすることにしました。赤ちゃんはベビーカーに揺られているといつの間にか眠ってしまうことがあります。
赤ちゃんがお昼寝しないときは、お散歩に出かけてみるのもよいかもしれません。ママのなかには、車でドライブをするという声もありました。

赤ちゃんにあわせたお昼寝をしよう

眠る赤ちゃん
leungchopan/Shutterstock.com

生後5カ月の赤ちゃんのお昼寝事情を聞くと、一日2回程のお昼寝をし、リビングや寝室などで寝ているというママたちの声がありました。赤ちゃんの寝かしつけをするときは、お昼寝しやすい環境を整えることや昼寝時間を決めるなどがポイントのようで、お昼寝時間が長いときは赤ちゃんを起こすこともあるようです。

赤ちゃんがお昼寝しないときは抱っこやお散歩なども試して、赤ちゃんにあったお昼寝ができるとよいですね。

2020年02月14日

専門家のコメント
21
    ゆか先生 保育士
    お昼寝には環境も大事です。
    暗くして寝るんだということを意識させてください。
    時間もだいたい決めるといいと思います。

    その上でスキンシップを取りながら添い寝をするといいですよ😄

    個人個人で触られていて心地よい箇所が違うと思うので自分のお子さんがどこを触られていると落ち着くのかを見つけるといいと思います。

    足の裏が冷たいと眠気が来ないので暖めてあげるのもいいですよ😃
    なつまる先生 保育士
    お昼寝は大事だと思います!
    保育園での生活のように毎日決まった時間に出来るといいかと思います!もちろん前後してしまっても大丈夫です!
    眉間の間を優しく撫でてあげると寝れる子が多いと思います!
    生活のリズムを作ってあげて寝やすくなるといいですね!
    こと先生 保育士
    5ヶ月だと朝寝と昼寝の2回することが多いと思います😊✨
    グズっている時は、抱っこひもをしたり、ベビーカーで散歩したりしてました!
    散歩にでかけると、赤ちゃんだけでなくママの気分転換にもなるのでいいですね!桜の時期には少し遠くまで歩いてみに行ったりしてました♡
    めい先生 保育士
    周囲のママたちは、3ヶ月とかではずっと抱っこで寝てたけど、5ヶ月頃からネントレに誘導して自然とトントンして寝るようになったとの声を聞きます。
    えり先生 保育士
    2,3回の昼寝をしますよね^^
    昼寝の時間と言うよりも、朝起きる時間や夜寝る時間を意識することで、自然と昼寝の時間も合いやすくなるのではと思います!
    その子その子で入眠の仕方が違うと思いますが、息子の場合は私の服で包んであげるとよく寝てくれました。
    おはぎ先生 保育士
    ちょうど下の子が5ヶ月です。兄がまだ未就園児な為、天気が良ければ午前中は公園に行きます。ゆっくりお昼寝させてあげたいですが、抱っこで連れ回されるので抱っこ紐の中で眠ることが多いです。これに慣れてしまったのか、家でも置いたら泣いちゃうのでおんぶして家事をすることが増えました💦
    ひよひよ先生 保育士
    ちょうどその頃が大変な時期ですよね。
    うちの子は、なかなか、まとめて寝ることができない子で、1日3回ぐらい寝てました。
    朝ちょっと、お昼1時間、夕方30分などという感じで。
    私が保育園で仕事をしていた時は0歳の子たちみんな午前寝する子は少しして、お昼寝は12時から15時までガッツリというイメージだったので、うちの子大丈夫かな?と思ってましたが、少しずつ、朝寝は少し明るめのところで寝かせて、昼寝はぐっすりしてもらいたいので、暗いところを選んでやっていると、夕寝が段々となくなってきました。
    環境を整えてあげることが大切ですね。
    また、その頃から下ろしても大丈夫なように添い寝トントンをして、慣れさせていくとこも大事ですね。
    そうすると、その後楽ですよー!
    りお先生 保育士
    お昼寝の長さや回数は個人差があるのかなーと思いますロングスリーパーの子もショートスリーパー子もいますもんね。

    一般的には、5ヶ月なら午前1回、午後1回のお昼寝なのかなーと思います。

    親がある程度生活リズムを決めてしまってもいいと思います。

    ある程度生活リズムが定まらないと離乳食始めるのも難しくなりますし、授乳とお出かけ、昼寝の時間を大体決めて生活すると楽かと思います😁

    うちは、午前のお昼寝の前に朝の離乳食、離乳食後に昼寝、昼寝後に買い物や児童館等に出かける、という感じで過ごしていましたよ😁
    で、帰宅後は授乳して、またお昼寝してました😪
    のんの先生 保育士
    生後半年近くなってくると、お昼寝をしなくなったり、変な時間に寝て夜寝なくなったりします。
    ですが、まだ生後間もないのでリズムを整えられないのは仕方ないことです。あせらずにお母さんが落ち着いて対応してあげることが大切だと思います。
    めめ先生 保育士
    5か月の頃は午前と午後2回寝ていました。2人目の子は上の子がいるのでなかなか長時間は寝れず可愛そうでしたがとぎれとぎれなんとか睡眠をとっていた感じです。
    みぃ先生 保育士
    土日の上の子がバタバタしている間は頑として寝ませんが、キチンと暗くして静かな場所で寝かせるとすーっと寝入ってくれます。
    暗くしても寝れないときには、オルゴールの曲をかけたり、添い乳をしています。お腹をトントンとしたりおでこを撫でたりしてもいいですね。
    cocoまま先生 保育士
    寝てくれないとこちらがイライラしてしまう事もありますよね。抱っこじゃないと寝てくれない事ありました〜涙けどずっとではないから大丈夫ですよ^ ^ベッドで寝るか試みてだめなら抱っこでなんどもチャレンジしていました^ ^
    めるちゃん先生 保育士
    生後5ヶ月の時は、午前と午後に、それぞれお昼寝をしていました。まだ授乳をしてる時期だったので、授乳をして、ゲップをさせるついでに、そのまま抱っこして寝かしつけしてました。
    せおみ先生 保育士
    5ヶ月の子は1日に2.3回はお昼寝をする時だと思います。その子1人だけなら自宅でお昼寝の時間をつくったり、静かな時間を確保できるかもしれませんが、上の子がいたり、母も用事などで出かける事も多くなると思います。夜、しっかり寝た日は昼寝の時間が短くなったり、日によって眠りが浅かったり、その日の環境によって色々だと思います。寝れる時に寝られれば良いのかな。と思います。母親も寝かせなきゃ!と、がんばる必要も、時間を決める必要も無いと思います。ゆったりと過ごせばいいと思いますよ。
    あゆみ先生 保育士
    寝かしつけの際は、眉毛や眉間を優しく撫でてあげると入眠する子が多いです^^また、ふくらはぎ〜太ももをマッサージしてあげるのも効果的ですよ♪リラックスして気持ち良さそうに眠っています。あとは、呼吸に合わせてトントンしてあげるのも良いと思います。
    睡眠時間やタイミングはその子や状況にもよると思いますが、なるべく静かな環境を作ってあげられると良いですね^^
    こいまま先生 保育士
    うちは背中スイッチの子だったのでずっと抱っこで寝かせていた記憶があります。
    寝かせ方もありますが、赤ちゃんの性格も少なからずあるかと思います。
    車でドライブしたり、お気に入りのタオルを見つけたり、赤ちゃんのお気に入りの寝方を見つけられたらラッキーくらいに考えていけたらいいですね。
    かいまな先生 保育士
    うちの子は朝寝と昼寝、たまに夕寝もしていました。
    昼寝は添い寝すると比較的寝てくれていたのて助かりました。
    意識したのは、毎日同じリズムで過ごすことです。
    のの先生 保育士
    お昼寝の時に少し部屋を暗くしてあげたり、テレビを消して刺激をなくすことで寝れる環境ができると思います。また、寝過ぎに注意してお昼寝をした方がいいと思います。
    すー先生 保育士
    うちは5ヶ月の頃は、朝1回、15時頃1回お昼寝をしていました。お昼寝が短かった時は夕方も眠っていました。夜に影響がでると私も体力的に辛いので、基本お昼寝は17時半までとしていました。
    ひまわり先生 保育士
    少し暗い部屋にして、静かな環境を作ってあげるといいと思います。
    カーテンを閉めるだけでも眠りやすい環境になります。
    少しずつ体力がつく赤ちゃんも出てくるので、しっかり疲れさせてあげるとグッスリ眠れるようになると思います。
    まな先生 保育士
    朝起きる時間と夜寝る時間をだいたい毎日同じ時間にすると、お昼寝の時間も決まってきました。
    赤ちゃんが眠るには環境も大事なので、カーテンを閉め、部屋の温度湿度、赤ちゃんの服装にも気をつけました。
    目が覚めたときにはカーテンを開けてあげると、寝る時間と起きる時間の区別が少しずつついていくと思います。
おすすめユーザーのコメント
1
    しずか先生
    乳児がぐっすり寝ないことを,親の対応が悪いためだと言われることがあるようですが,親の対応の良し悪しと睡眠との関連は,エビデンスが確立されていません.なので,あまり悩みすぎたり深刻に考えすぎないようにしてくださいね.

家族の関連記事

カテゴリ一覧