生後9ヶ月の赤ちゃんがぐずるときのママたちの対応

生後9ヶ月の赤ちゃんがぐずるときのママたちの対応

夜中や夕方にぐずるのはなぜ?

生後9ヶ月の赤ちゃんが夜中や夕方にぐずることで悩んでいるママもいるかもしれません。今回の記事では、ママたちが考える9ヶ月の赤ちゃんがぐずる理由や、離乳食の量を調節するといった赤ちゃんがぐずるときの対応の仕方、9ヶ月の赤ちゃんの子育てで意識したことを体験談を交えてご紹介します。

生後9ヶ月の頃の赤ちゃん

生後9ヶ月になると、つかまり立ちを始めたりハイハイをして動き回ったりする赤ちゃんもいるのではないでしょうか。離乳食が3回に増えてさまざまな食材を食べ始める赤ちゃんもいるかもしれません。

なかには、9ヶ月頃から夕方ぐずるようになる赤ちゃんや、夜中に起きて泣く赤ちゃんもいるようです。

そこで今回は、夜中や夕方にぐずる生後9ヶ月の赤ちゃんについて、ママたちの体験談を交えてお伝えします。

9ヶ月の赤ちゃんが夜中や夕方ぐずる理由

生後9ヶ月頃の赤ちゃんが夜中や夕方にぐずるのは、どのような理由からなのでしょう。ママたちが考えたぐずる理由を聞いてみました。

眠いから

30代ママ
9ヶ月をすぎて昼間たくさん遊ぶようになったためか、お昼寝の時間が遅くなることがあります。そのようなときは夕方以降のスケジュールを考えてお昼寝の途中で起こすので、眠くてぐずるのかもしれないと思いました。
生後9ヶ月の赤ちゃんが夕方ぐずるのは、お昼寝が足りなくて眠いためではないかと考えるママがいました。他には、午前中にたくさん遊んで早くお昼寝をしたときに、夕方眠くなってぐずることがあるというママの声もありました。

お腹がすいたから

40代ママ
うちの子が夜中にぐずるのはお腹がすくためかもしれません。9ヶ月になって離乳食を3回食べるようになったのですが、遊び食べをして食べ残したものがあるときには夜中にぐずって泣くことがあります。
生後9ヶ月になって離乳食が進むと、食事中に遊んでしっかり食べられないこともあるようです。ママのなかからは、夕食用の離乳食を食べながら眠ってしまったときに、夜中にお腹がすくのか目を覚ましてぐずることがあるという声も聞かれました。

ママが近くにいないから

赤ちゃん 日本
Take A Pix Media/Shutterstock.com
20代ママ
息子は9ヶ月になってから私の後を追って泣くようになりました。夕方、家事で息子から離れたときや夜中に目を覚まして私が見えないときなどに、心細くなってぐずるのではないかと思います。
赤ちゃんが成長してくると、近くにいないママを探して泣いてぐずることがあるかもしれません。お昼寝から起きたときにママが近くにいないことで、しばらくぐずって泣く赤ちゃんもいるようです。

赤ちゃんがぐずるときのママたちの対応

生後9ヶ月の赤ちゃんがぐずるときには、どのような対応をするとよいのでしょう。実際にママたちが行なった対応の仕方を聞いてみました。

寝かしつけを工夫する

30代ママ
夜中に起きてぐずるときには、赤ちゃんの好きな音楽を静かに流しながら寝かしつけています。夜中に起きてしまったことで驚いて泣くこともあるようなので、普段聴いている音楽を流すことで安心できるのではないかと思いました。
赤ちゃんが夜中に起きてぐずるときに、寝かしつけ方を工夫しているママがいました。生後9ヶ月になると夢を見て目を覚ましてしまうこともあるようなので、赤ちゃんが安心して眠れるような工夫をするとよいかもしれません。

離乳食やミルクの量を調節する

20代ママ
離乳食が3回になりミルクの回数や量が減ったので、赤ちゃんの様子を見ながら離乳食とミルクの量を調節するようにしました。お腹がいっぱいにならずに夜中に起きてしまうと感じたときは、寝つく前にミルクを少し飲ませて様子を見るようにしています。
生後9ヶ月頃になって離乳食が3回になったら、授乳量と赤ちゃんの食べる量との調節をするとよいかもしれません。お腹がいっぱいにならずに寝てしまった場合は、夜中に授乳をして寝かしつけているというママの声もありました。

しっかりと赤ちゃんの相手をする

赤ちゃん 日本
szefei/Shutterstock.com
40代ママ
夕方赤ちゃんがぐずるのは、なんとなく寂しいと感じているからかもしれないので、赤ちゃんが笑顔になるまでしっかり相手をするようにしています。ときには夕食のおかずが1品減ることもありますが、赤ちゃんとのコミュニケーションを大切にしたいと思いました。
生後9ヶ月の赤ちゃんは夕方になると寂しくなり、ママと関わりたくてぐずることもあるようです。赤ちゃんが満足するまでいっしょに遊んだり抱っこをしたりして、しっかり相手をしてあげるとよいかもしれません。

9ヶ月の赤ちゃんの子育てで意識したこと

生後9ヶ月の赤ちゃんを育てるときには、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。ママたちが子育てで意識したことを聞いてみました。

生活リズムを整える

40代ママ
9ヶ月の頃は離乳食や睡眠時間、遊びといった1日のスケジュールを決めてすごすことを意識しました。赤ちゃんが夜中にぐっすり眠れるようにするためにも、生活リズムを整えることは大切ではないかと思います。
生後9ヶ月の赤ちゃんを育てるときに、生活リズムを整えることを意識したママがいました。赤ちゃんの生活リズムが整うことで、ママも休息や家事の時間を計画的にとることができ、すごしやすくなるかもしれません。

自分の時間をもつ

40代ママ
赤ちゃんが9ヶ月頃に夜中や夕方ぐずることが続いたときには、私自身の時間をもつように心がけました。夫に赤ちゃんをまかせて短時間ひとりの時間を作ることで、心も体もリフレッシュできたように感じています。
赤ちゃんのお世話で疲れたときなどは、ひとりですごす時間をもつことも大切かもしれません。ママのなかからは、赤ちゃんの寝かしつけをパパが毎晩やってくれたので、その間を趣味の時間にすることができたという声も聞かれました。

9ヶ月の赤ちゃんの子育てを楽しもう

赤ちゃん 日本
Rawpixel.com/Shutterstock.com

生後9ヶ月の赤ちゃんが夜中や夕方にぐずる理由はさまざまあるようです。離乳食が3回になり授乳回数が減ったためにお腹がすくことがあるかもしれないと考え、ミルクの量を調整しているママもいました。

生活リズムを整えたりしっかりコミュニケーションをとったりして、9ヶ月の赤ちゃんの子育てを楽しめるとよいですね。

2020年01月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧