【体験談】断乳3日目のすごし方。子どもの様子やママの気持ち

【体験談】断乳3日目のすごし方。子どもの様子やママの気持ち

寝かしつけの工夫や授乳以外のスキンシップ

断乳3日目を迎えたママは、朝や夜のすごし方や母乳をいつ絞るのかなど、気になることもあるかもしれません。今回の記事では、断乳3日目の子どもの様子とおっぱいが痛いなどママの変化とケア、3日目以降の寝かしつけの工夫とすごし方について、ママたちの体験談をもとにご紹介します。

断乳3日目の子どもの様子

断乳3日目を迎えると子どもの様子はどう変わるのか、気になるママもいるのではないでしょうか。断乳を経験したママたちに、断乳3日目の子どもの様子を、日中と夜にわけて聞いてみました。

日中の様子

「断乳2日目までは日中におっぱいをほしがって泣いていたのですが、3日目になったら泣くことが減りました。午前中は機嫌よく遊んでくれるようにもなりほっとしました」(20代ママ)

「断乳後3日目には子どもの様子もだいぶ落ち着いてきました。子ども自身もおっぱいを卒業したということを少しずつ理解して受け入れているようでした」(30代ママ)

断乳3日目になると、おっぱいを探して泣く子もいるようですが、すっかり忘れてすごす子どももいるようです。母乳を飲まなくなった分、離乳食をよく食べるようになったというママの声もありました。

夜の様子

「断乳3日目の夜は寝つくときは少しぐずったものの、割とすんなり寝てくれました。夜中は何度か夜泣きをしましたが、今までよりは少なくなったと思います」(30代ママ)

「うちの子は比較的に忘れるのが早かったと思います。断乳3日目になると夜の寝つきもよく、朝まで一度も起きずに寝てくれるようになりました」(30代ママ)

断乳初日や2日目と比べると、夜泣きをしたりなかなか寝られなかったりということも少なくなってきたという声がありました。今まで添い乳をしていたためか、断乳したあとは指しゃぶりをしながら寝るようになったという子どももいるようです。

断乳3日目のママの様子

胸を押さえる女性
iStock.com/SementsovaLesia

断乳1日、2日目と比べると断乳3日目のママの体と心も少し変化しているかもしれません。断乳3日目のママの変化について聞いてみました。

ママの体の様子

「おっぱいが痛いと感じるときもありましたが、2日目に比べると張ることが減ったように感じました」(20代ママ)

「朝起きると、自然と出てきた母乳で下着とパジャマが濡れていました。胸が痛い状態は続いていましたが、少し慣れてきたような感じはしていました」(30代ママ)

断乳1日目と2日目に比べ、胸の張りや痛みが強くなったというママもいれば、気にならなくなったというママもいるようです。体の変化はママによってさまざまなようです。

ママの気持ち

「断乳3日目になると子どもが授乳のことを忘れ始めてきたので、子どものケアはだいぶ楽になりました。ただ、寝不足が続いていたので眠くて眠くて仕方なかったです」(30代ママ)

「子どもはもうおっぱいを探さなくなりましたが、胸の痛みが辛かったです。母乳を絞った方がよいのかなど、おっぱいのケアについて悩みました」(20代ママ)

断乳3日目になると、ママも体と心に疲れが見えてくる頃かもしれません。一方で、子どもの様子に変化が見られたり、ママの体の状態も落ち着いてくることで、断乳の終わりが見えて気持ちが楽になってきたというママの声もありました。

【体験談】断乳3日目以降の寝かしつけの工夫

夜の子ども部屋のベッド
iStock.com/ilterriorm

断乳後の生活リズムに少しずつ慣れてきて、寝かしつけるのときにも変化が出てくるかもしれません。断乳3日目の寝かしつけをママたちに聞いてみました。

「断乳後3日目は寝る前に泣いていた時間が1日目や2日目に比べるとあきらかに減りました。添い寝をして背中をひたすらトントンしていると、しばらくして寝ついてくれるようになりました」(30代ママ)

「初日に比べて夜泣きの回数は減りましたが、夜中に何度か起きました。枕元に水分を置いておき、泣いたときは少し飲ませてから再び寝かしつけました」(30代ママ)

「断乳2日目までは抱っこで寝かしつけしていましたが、3日からは添い寝で寝かしつけました。寝る時間ということを意識づけするために、寝る前の絵本を数冊読みました」(20代ママ)

断乳1日、2日目に比べると寝かしつけがスムーズにできるようになったり、夜泣きの回数が少なくなったという変化が見られたというママの声もありました。絵本の読み聞かせや子守唄を聞くなど、寝る前の儀式を取り入れることで、子どもも睡眠のリズムをつかみやすくなるかもしれません。

【体験談】断乳3日目のすごし方

断乳3日目を迎えて、ママたちは自身の体の様子や子どもとどう関わってすごしていたのでしょうか。断乳3日目のすごしかたをママたちに聞いてみました。

助産師に相談した

「断乳3日目になり、胸の一部に痛みがあったので、助産師さんに見てもらいました。専門的にケアをしてもらえてよかったです」(30代ママ)

「3日目になると胸の状態も落ち着いてきましたが、溜まっている母乳をいつ絞るとよいのかわからなかったので助産師さんに相談し、ケアの方法を教えてもらいました」(20代ママ)

断乳して3日目になるタイミングで助産師さんや医師にケアをしてもらったというママもいるようです。3日目以降も胸に何らかの違和感がある場合は、すぐに相談できるようにしておけるとよいかもしれません。

子どもとたくさんスキンシップをとった

「授乳をしなくなると子どもとのスキンシップも減ってしまうようで寂しかったです。手遊びや運動遊びなど、スキンシップがたくさん取れる遊びを積極的にするようにしました」(30代ママ)

「断乳後、子どもも少し寂しさを感じているのか、甘えてくる回数が増えました。甘えたいときは抱っこやおんぶをして思いっきり甘やかせてあげることにしました」(30代ママ)

遊んだり触れたりして、子どもとスキンシップをたくさんとったというママの声がありました。授乳以外のスキンシップの方法を見つけられるとよいですね。

断乳3日目を上手に乗り越えよう

散歩する親子
iStock.com/Satoshi-K

断乳3日目になると、泣かなくなったり朝までぐっすり眠ったりと、子どもの様子にも少し変化が見られるかもしれません。ママの体にも痛い部分があるなど、変化があるようですが、母乳をいつ絞るのかや絞りきるのかなどのケアについては、助産師などの専門家のアドバイスを受けられるとよさそうです。

子どもの様子やママの体の変化を気にしながら、断乳3日目以降も上手に乗り越えていけるとよいですね。

2018年10月03日

家族の関連記事

カテゴリ一覧