保育園に適した服装とは。生後9カ月の男の子赤ちゃんの通園着の選び方

保育園に適した服装とは。生後9カ月の男の子赤ちゃんの通園着の選び方

赤ちゃんの保育園の通園着はどのようなものがよいのでしょうか。生後9カ月の男の子に適した、保育園の服装について調べてみました。季節別の選び方や体験談など、参考にしていただけたらと思います。

生後9カ月赤ちゃんの保育園での服装

赤ちゃんを保育園に入れているママの中には、毎日の保育園着の選び方に悩みを持つママもいるかもしれません。だんだんと運動量が増えてくる生後9カ月の赤ちゃんには、どのような服装が適しているのでしょうか。

赤ちゃんの動きを邪魔しない素材や、ママが管理しやすい洗いやすさや着させやすさなどの視点から、アイテム別や季節別に見ていきましょう。

生後9カ月の服装のアイテム

生後9カ月の赤ちゃんには、カバーオールよりも上下が離れたセパレートタイプの服を着させるママが多いようです。

トップス

保育園で赤ちゃんが着るトップスに、動きやすさと着せやすさ、洗いやすさなど日常的に扱いやすいものを選ぶママも多いようです。柔らかいコットン素材のトレーナーやカットソー、Tシャツなどは、赤ちゃんが動きやすく、毎日のお手入れが簡単にできるようです。前にボタンのあるトップスは、元気よく動き回る赤ちゃんには着させるのが大変なのでまだ早いかもしれません。

ボトムス

© DenisProduction.com - Fotolia

生後9カ月の男の子の赤ちゃんには、ウエストゴムにストレッチ素材やカットソー素材の柔らかく動きやすいパンツが適しているようです。柔らかく伸縮性に優れた素材なら、保育園でのオムツ替えや着替えの際にも脱ぎ着が簡単ではないでしょうか。赤ちゃんもズリバイやハイハイなどの動きを邪魔されず、活発に動きまわれることができそうですね。

その他

© 中村星心 - Fotolia

保育園の通園ではくつしたは、裏にゴムの滑り止めが付いているものが適しているようです。赤ちゃんが床で滑るのを防ぐため、安全面でも安心かもしれませんね。

季節別、保育園での服装の例

保育園での服装例を、季節別に紹介します。

暑い時期

暑い時期には、メッシュの通気性のよい肌着やコットン素材の肌着は熱がこもらないので赤ちゃんの肌をいたわってあげるのによいかもしれません。肌着のタイプとしては、タンクトップや半そでが選ばれているようです。ズリバイやハイハイをする赤ちゃんには、床に接する面にボタンがあると跡がついてしまうため、前ボタンのない肌着を選ぶママもいるようです。

タンクトップなどのノースリーブだと、空調の効いた部屋では冷えてしまうこともあるため、半そでのコットン素材のTシャツがよいかもしれません。ボトムスは、動きやすさも通気性もよいコットンやトレーナー素材のハーフパンツなどが、暑い時期にはよさそうです。

寒い時期

Andrienko Anastasiya/Shutterstock.com

寒い時期の赤ちゃんの服装は、防寒や動きやすさがある服装を選ぶというママも多いようです。動きやすく防寒力のある肌着は、コットン長袖肌着がおすすめです。

カットソーやトレーナーなどの柔らかい素材のトップスに、肌寒い日はベストやカーディガンなどの羽織を着させているママもいるようです。寒い時期のボトムスには、体にフィットするような柔らかい素材の長ズボンが適しているかもしれません。

季節の変わり目

過ごしやすい季節の変わり目には、薄手のカットソーやパンツなら快適に過ごせそうです。その日の気温によって、肌着を半そでにしたり長袖にしたりと、肌着で調整してみるのもよいかもしれません。

また、春先や秋口など気温の変化が大きい時期には服装を調整できるベストをカットソーに合わせたり、半そでにカーディガンを羽織ったりと工夫してみましょう。

保育園の服装に便利なアイテム

どのような服装が保育園の通園に便利なのか、ご紹介します。

ベスト

季節の変わり目に、保育園の通園着として便利に使えるのがベストではないでしょうか。袖がないため赤ちゃんが動きやすく、脱ぎ着することで温度調整がしやすいというママの声もありました。

カットソーやTシャツ

iStock.com/RoBeDeRo

カットソーやTシャツは、1枚でさらっと着られる使いやすさが便利なようです。柔らか素材で赤ちゃんが動きやすく、薄手なため洗濯時にも乾きやすく、薄手なので重ね着の際に服がもたつかずに着られそうですね。

肌着

通年着られるコットン素材の肌着を選ぶママもいるようです。コットン素材の肌着は、吸水性に優れているため汗を良く吸い、肌触りがやさしいのがうれしいですね。

【体験談】生後9カ月の男の子の保育園での服装

生後9カ月の男の子の赤ちゃんを子育て中のママに、保育園での服装についての体験談を聞いてみました。

動きやすい柔らかい素材の服

「保育園に行っている息子は、いつも食べこぼしや汗などで着替えることが多く、たくさんの着替え服を用意しています。コットンにストレッチの効いた柔らかい素材が動きやすいため、ネットショップでプチプラ価格の赤ちゃん服を色違いでまとめ買いしています」(生後9カ月の男の子のママ)

着替え用の組み合わせを考慮した服

「保育園ではよく着替えをするため、用意している着替えの服によってはおかしな組み合わせの服を着て帰ってくることも。着替え用の服はどの組み合わせでもおかしくならないようなデザインのものを選ぶようにしています」(生後9カ月の男の子のママ)

生後9カ月の男の子が遊びやすいように

iStock.com/yu-ji

生後9カ月の男の子赤ちゃんに適した、保育園の服装について紹介致しました。季節や気温に合った服装の選び方で、赤ちゃんが快適な保育園生活を送れるとよいですね。

2018年05月15日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧