子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年03月23日

双子の授乳方法やタイミング。げっぷのコツや便利グッズなど

双子の授乳方法やタイミング。げっぷのコツや便利グッズなど

双子のママは赤ちゃんの授乳に追われる日々を過ごすことも多いようです。双子の授乳のタイミングやげっぷの方法など、コツを掴むまではママが授乳のやり方に悩んでしまうこともあるかもしれません。今回は双子の授乳方法や、双子の授乳に役立つ携帯アプリやクッションなどの便利グッズについて調べてみました。

双子ママの授乳は大変

双子のママは育児中の喜びも増える分、育児中に大変な思いをする機会も増え、特に授乳に関して悩むママの声は多いようです。ママが双子の授乳のタイミングを掴めるようになるまでは授乳をしている時間が通常の2倍近くかかってしまうため、ママが寝る時間をほとんど取れないということも多いようです。

筆者も双子の姉妹なのですが、母に赤ちゃん時代の苦労話を聞いてみたところ「あまりにも目まぐるしくて記憶がない」と言われてしまいました。

双子ママの授乳が少しでも楽になるよう、双子の授乳のやり方には何か特別なコツがあるのでしょうか?

双子の赤ちゃん
leungchopan/Shutterstock.com

双子の授乳方法

双子の授乳のやり方は、赤ちゃんが1人のときとは異なる点がいくつかあるようです。双子の授乳はどのような方法で行ったらよいのか見ていきましょう。

同時授乳

2人以上の赤ちゃんを同時に授乳することを、同時授乳と呼ぶようです。双子の赤ちゃんの場合、助産師さんからもこの同時授乳を勧められるケースが多いようです。

同時授乳の方法はいくつかあり、先にお腹を空かせて目を覚ましたり泣き出した方の赤ちゃんのタイミングに合わせて2人同時に授乳させたり、ママが双子の授乳時間をあらかじめ決め、決められたタイミングで赤ちゃんが寝ていても起こして授乳するなどの方法があるようです。

双子の場合、授乳を別々のタイミングで行ってしまうとママの1日の時間はほとんどなくなってしまうようので、双子ママは自身の身体のためにも同時授乳を行うようにした方がよいかもしれません。

げっぷのコツ

同時授乳を行ったとしても、げっぷを2人いっしょのタイミングでさせるのは至難の技のようです。双子の赤ちゃんの授乳後のげっぷは、1人ずつ順番にさせているというママが多いようです。

ママがげっぷのために1人を抱っこしているときは、もう1人はタオルやクッションなどで頭を高くして寝かせて待たせる、というのが双子の赤ちゃんのげっぷコツのようです。頭を高くしてあげることで、吐き戻しなどを防ぐことにつながるようですね。

1人のげっぷが終わった後にすかさず寝かせていた方の赤ちゃんのげっぷに取り掛かる、というやり方で、慌ただしくも双子に授乳後のげっぷをさせている、というママが多いようです。

パパの協力

双子の場合、授乳中のパパの協力は必要不可欠かもしれません。ママが1人の赤ちゃんにおっぱいをあげるタイミングで、パパにもう1人の赤ちゃんにミルクをあげてもらうなどすれば、授乳中のママの負担も少なくなるようです。

このほかにも授乳が終わったタイミングでパパに赤ちゃんを渡し、げっぷをさせるのはパパの担当にするなど、パパが家にいるときは夫婦でスムーズな双子の授乳を行える方法を話し合っておくとよいかもしれません。

双子授乳の便利グッズ

双子の赤ちゃん用グッズ
Eastfenceimage/Shutterstock.com

最近では双子の授乳に役立つ便利グッズなども販売されているようです。どのような便利グッズがあるのでしょうか?

携帯アプリ

双子の赤ちゃんの授乳記録をつけるには、携帯アプリを利用するのが便利だというママの声もありました。1人分の赤ちゃんにしか対応していないアプリもあるようですが、最近では複数人分の赤ちゃんの授乳記録や睡眠やオムツのタイミングなどを記録できるアプリもあるようです。

また、双子の場合ミルクの消費が早いのも難点であるため、ネット通販アプリなどを携帯にダウンロードしておき、いつでも手軽にミルクを注文できるようにしているというママもいるようです。

双子用授乳クッション

同時授乳をするとなると、通常の授乳クッションでは小さくて同時授乳をするには困難なようです。そんなときに役立つ便利グッズとして販売されているのが、双子用授乳クッションです。2人分の重みでも耐えられるようなしっかりとした作りの授乳クッションで、ママがひとりで双子におっぱいをあげるときに役立つようです。双子用授乳クッションを使うことで、授乳中の腕や腰にかかる負担が減ったというママもいるようですよ。

ハンズフリー授乳クッション

専用のクッションに哺乳瓶を挟むことで、赤ちゃんがひとりでもミルクを飲めるよう設計させているハンズフリーの授乳クッションも双子ママの授乳には役立つようです。このクッションを使うことで、ママが1人の赤ちゃんに授乳しているタイミングで、もう1人の赤ちゃんが自分でミルクを飲んでくれるため、ママがひとりのときでも授乳にかける時間を短くできるというメリットがあるようです。

双子の授乳は工夫をこらして

寝る双子
Kseniia Perminova/Shutterstock.com

双子の授乳は、赤ちゃんが1人のときと比べて大変なことが多いのも事実かもしれません。それでも授乳のタイミングやげっぷのコツなど、ママと赤ちゃんに合った方法が見つかるまでいろいろなやり方を試してみたり、携帯アプリや双子用授乳クッションなどの便利グッズに頼ることでママの授乳の負担を減らせることもあるかもしれません。

筆者の母も「双子の授乳は大変だったけれど、おっぱいを嬉しそうに飲む赤ちゃんの姿を1度に2人分見れたのは楽しかった」と語ってくれました。慌ただしい双子の授乳期間もいつかは終わりが来るものなので、工夫をこらしながら前向きに限られた授乳時間を過ごせるとよいですね。

家族の関連記事
カテゴリ一覧