子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年09月15日

赤ちゃん連れの結婚式。ドレスコーデや注意点、事前に確認しておくべきこと

赤ちゃん連れの結婚式。ドレスコーデや注意点、事前に確認しておくべきこと

赤ちゃん連れの結婚式。子どもが泣き止まず周りに迷惑をかけてしまわないだろうか、授乳室はあるのか、赤ちゃんにはドレスを着せるべきなのか、など悩んでいるママも多いはずです。今回は結婚式に赤ちゃんを連れて行くときの注意点と赤ちゃんの服装についてご紹介します。赤ちゃん連れの結婚式に不安を抱えているママ必見です。

結婚式に赤ちゃんを連れて行くときの注意点

結婚式で気をつけたいマナー

赤ちゃん連れで結婚式に参列することになった場合は、周りへの配慮が大切です。赤ちゃんが急に泣き出したり奇声をあげたりというのは、よくあることです。そんなときは速やかに退席して外であやしてあげましょう。

特にチャペルや、祝辞、挨拶などのときは目立ってしまうため、何度も席を外すことを想定して扉付近の席にしてもらうなど、周りに迷惑をかけないこともマナーのひとつです。

挙式・披露宴で近くに座った人には一言あいさつしておきましょう。気遣いを忘れなければ赤ちゃんが泣いてしまっても、きっと温かく見守ってくれるはずです。そして赤ちゃんには授乳やミルクの時間があります。式の途中でもその場で行わずに授乳室に行きましょう。しっかりと場をわきまえることが重要です。

式場に確認しておきたいこと

赤ちゃん連れで結婚式に参列する場合は、必要としているものが結婚式場にあるのかあらかじめ確認しておきましょう。オムツを交換できるスペースがあるか、授乳中のママは授乳室があるかどうかがポイントです。

ミルクや離乳食の赤ちゃんの場合、式場内に飲食の持ち込みは可能か、お湯はもらえるかを聞いておきましょう。また赤ちゃんが泣き出したときに退席しても良いかを確認しておくことで、万が一のときでも安心です。

ベビーカーで来るママもいますが、ベビーカーの持ち込みが不可の式場もあるので気をつけましょう。式場の設備に関しては誰かに聞くより直接式場に確認した方が確実です。

あった方がよい持ち物

自宅から持参するものとして赤ちゃんの場合は、ミルク、哺乳瓶、離乳食セット、オムツ、スタイ、着替え上下、抱っこひも、ビニール袋、タオル、おもちゃなどがあげられます。オムツは多めに持参するのがポイント。スタイや着替えは赤ちゃんがミルクなどで汚した場合に用意していると便利です。

機嫌が悪くなったときには、おもちゃであやしてあげましょう。できるだけ音の出ないおもちゃが望ましいです。抱っこひもは赤ちゃんが寝たときや、荷物で両手がふさがるときなどに役立ちます。1歳以上になると食べられるものが増えてくるため、おやつやジュースも必需品となるでしょう。ママの食事を取り分ける場合は子ども用のスプーンやフォーク、さらにはストローつきマグなどを持参しておくのもおすすめです。

結婚式に参加する赤ちゃんのドレスコーデ

ドレスを選ぶポイント

赤ちゃんは大人のように服装に関してのマナーはないので、カラーは何色でも問題ないでしょう。華やかさを出したいのであればポップなカラーを、かわいらしい雰囲気にしたいのであればパステルカラーがおすすめです。

ドレスは赤ちゃんのサイズをきちんと把握してから購入するようにしましょう。

結婚式は招待状が届いてから日数があり、赤ちゃんも成長している可能性が高いです。成長時期であれば、現時点での身長より+5~10cmが目安といわれています。

赤ちゃんは着替えやすいロンパースタイプが便利です。女の子にはオーバードレスという、レースや刺繡が入ったドレスをロンパースの上に着せてあげましょう。

0~1歳の赤ちゃんにおすすめのドレスコーデ

赤ちゃん

男の子の赤ちゃんは、二股に分かれたタイプのロンパースがおすすめです。襟のついたフォーマルでも使用できるデザインは高級感もあり人気があります。

女の子の赤ちゃんにはシンプルカラーのロンパースにチュール素材のオーバードレスを着せたお姫様コーデがよいでしょう。オーバードレスの素材とお揃いのカチューシャや靴下にするとより華やかさがアップします。オーバードレスやヘアアクセサリーの種類を変えるだけでいろいろなコーデを楽しむことができるのでおすすめです。

1~2歳の子どもにおすすめのドレスコーデ

1歳を過ぎると上下別々に組み合わせることもできます。男の子にはタキシード風スタイルが特に人気のようです。ベストは普段の服に合わせるだけでフォーマルに早変わりできる万能アイテム。1着持っておくだけで着回しができます。

女の子は、スカート部分にパニエやチュール、レースを用いたベビードレススタイル。ふんわりとしたシルエットが子どものかわいらしさをより引き立てます。胸元にはドレスと同系色のコサージューをプラスしてみてはいかがでしょうか。キラキラの靴と合わせるのがおすすめです。ヘアアクセサリーにティアラをつければ、プリンセス気分が味わえます。

赤ちゃん連れで結婚式に参加した体験談

ドレスで参加

10カ月になる息子がいるのですが、せっかくの機会なのでオーバードレスを着せて参列しました。オーバードレスはスカートタイプなので、オムツ替えのときも脱がせることなく取り換えることができたので良かったです。

オーバードレスの上からスタイをつけて食事をしましたが食べこぼしで汚れてしまったので、汚れが気になる人はロンパースの状態にして食べさせた方が良いと思います。

ドレスを着せなかった

4カ月の娘にはドレスではなくロンパースを着せて行きました。参列者のなかには赤ちゃん連れの人もいて、その赤ちゃんはかわいらいいベビードレス姿でした。

ドレスを着せて行けば良かったのかなと思いましたが、授乳もあり頻繁にオムツを替えていたので、脱着がしやすいロンパースを着せて行って正解でした。

赤ちゃんは年齢に合わせた服装で!

赤ちゃんと結婚式

赤ちゃんを連れて結婚式に参列するときは、できるだけ周囲に迷惑をかけないよう事前準備をしっかりしておくことが最低限のマナーといえるでしょう。

赤ちゃんが泣き止まないなどのアクシデントがあったら速やかに退席することを忘れずに。赤ちゃんのドレスは年齢や性別によってデザインがさまざまです。成長過程に合わせて選び、結婚式の雰囲気にあったコーデをするように心がけましょう。

家族の関連記事
  • 授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中は傷やしこり、張りや熱を帯びるなど、たくさんの痛みが伴ったりしますよね。ときには乳腺炎や白斑が発症して、痛いのに「授乳しなきゃ」頭を悩ませるママも多いはず。「病院に行ったり、マッサージしたほうがいいの?」「この痛みはいつまで続くの?」そんな授乳中のトラブルの疑問に対して、他のママたちはどんな症状をどのように乗り越えていたのか聞いてみました。

  • 【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    <毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第13話です。

    横峰沙弥香

  • 子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの足に合った靴下のサイズや実寸選びでができていますか?「どんな靴下を選べばいいの?」「年齢別にどのくらいの大きさが目安なの?」など知りたいことがたくさん。今回はそんなママの悩みを少しでも解消できるよう、子どもの靴下選びで目安になるサイズと、靴下の役割をふまえた上での購入ポイントをご紹介します。

  • 子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    みなさんはお子さんの誕生日にどのようなメニューを用意していますか?毎年同じようなメニューが続いてしまい、何か違うメニューを用意してあげたいと考えるママも多いのではないでしょうか。今回は、誕生日メニューの決め方や実際に子どもたちが喜んだ誕生日メニューはどのようなものなのか、ママたちの体験談からご紹介したいと思います。

  • 育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    何かとお金がかかる育児、国や健康保険組合から支給される手当てはとてもありがたいものです。しかし、育児中の手当ては申請しないともらえないものばかり。知らないと損をしてしまうことになります。そこで今回は、育児期間中にもらえる手当ての種類やいつ申請すればいいのかをわかりやすくまとめてみましたので、育児中の方は是非参考にしてみてください。

  • 教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    大切なわが子と出会えた喜びだけでなく、これから先きちんと育て上げられるのか不安に感じている人も多いことでしょう。子どもが大学を卒業するまでいくら教育費を用意しておけばよいのか、総額を計算したくてもやり方がわからないという方は少なくないかもしれません。教育にかかる費用を、文部科学省のデータからいっしょに読み解いていきましょう。

カテゴリ一覧