離乳食のブロッコリーの進め方。離乳食レシピやアレンジアイデア

離乳食のブロッコリーの進め方。離乳食レシピやアレンジアイデア

離乳食初期・中期・後期・完了期の進め方

離乳食のブロッコリーはいつから取り入れられるのでしょうか。離乳食初期・中期・後期・完了期の進め方やアレンジ方法を知りたいママやパパもいるかもしれません。今回は、時期別のブロッコリーを使った離乳食レシピと進め方、アレンジアイディアをまとめました。

離乳食のブロッコリーはいつから?

ブロッコリー
iStock.com/Plateresca

厚生労働省の資料によると、ブロッコリーは離乳食初期の生後5〜6カ月頃から与えられるようです。ブロッコリーを含む野菜類は、なめらかな調理形態から始めて、離乳食の進み具合に合わせて粗くしていくよう推奨されています。

【時期別】離乳食の量の目安

離乳食の量の目安についてご紹介します。

離乳食初期(5~6カ月)

調理形態の目安は、なめらかにすりつぶした状態

子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始める

離乳食中期(7~8カ月)

調理形態の目安は、舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)

1回当たりの目安量は10~15g

離乳食後期(9~11カ月)

調理形態の目安は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)

1回当たりの目安量は15g

離乳食完了期(12~18カ月)

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める硬さ(肉団子や茹で卵の白身くらい)

1回当たりの目安量は15~20g

【時期別】ブロッコリーを使った離乳食レシピと進め方

グラタン
iStock.com/iko636

ブロッコリーを使った離乳食レシピや離乳食の進め方をご紹介します。

離乳食初期

厚生労働省の資料によると、生後5カ月から6カ月頃が離乳食初期とされています。子どもの様子を見て、ご機嫌なときや体調のよいときに与えていきましょう。

ブロッコリーをなめらかにすりつぶし、ペースト状にすると食べやすいようです。野菜や粉ミルクと調理するポタージュやお粥に入れるなどいろいろアレンジできるでしょう。すりつぶした豆腐と和えて、白和えにしてもおいしそうです。

離乳食中期

厚生労働省の資料によると、生後7カ月から8カ月頃が離乳食中期とされています。離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食にして食事のリズムをつけていくとよいでしょう。

ブロッコリーを舌でつぶせるくらいの硬さにして、野菜やツナと合わせて混ぜごはんにしたり、野菜スープと煮立ててリゾットにするもよさそうです。白身魚やコーンなどといっしょにシチューに入れるのもよいでしょう。

離乳食後期

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から11カ月頃が離乳食後期とされています。授乳がメインでなくなってくる子どもは徐々に、1日3回食の食事のリズムにしていくとよいでしょう。手づかみ食べをすることもあるかもしれません。

ブロッコリーを歯ぐきでつぶせるくらいの硬さにして、おやきに入れてもよさそうです。水溶き片栗粉でとろみをつけて野菜のあんかけにしたり、溶き卵と合わせて卵とじにしたりと幅広くアレンジできるでしょう。

離乳食完了期

厚生労働省の資料によると、生後12カ月から18カ月頃が離乳食完了期とされています。1日3回の食事のリズムを大切にすると、生活リズムを整えやすいかもしれません。離乳食を進めるなかで食べ物の好き嫌いがでてくることもあるでしょう。

ブロッコリーを少量のマヨネーズと合わせてポテトサラダにしたり、チーズと合わせてグラタンやドリアにしたりするのもよいかもしれません。野菜やハムと合わせてスパニッシュオムレツにするのもおいしそうです。

ブロッコリーのアレンジアイデア

ブロッコリーを使った離乳食のアレンジアイデアをご紹介します。

肉を使ったレシピ

ブロッコリーと食べ応えのある肉を合わせると離乳食のバリエーションが広がるかもしれません。肉といっしょに調理するハヤシライスやシチュー、ポトフに入れるのもおいしそうです。

ブロッコリーと肉をトマトと煮込んでトマト煮にするのもよいでしょう。

魚を使ったレシピ

離乳食初期から与えられる魚は、離乳食に取り入れやすいかもしれません。ブロッコリーを魚といっしょにリゾットやおやきに入れたり、チーズを合わせてグリル焼きにしたりといろいろアレンジできるでしょう。

ブロッコリーと魚を使ってソースを作り、パスタと和えてもおいしそうですね。

離乳食に上手にブロッコリーを取り入れよう

ブロッコリー
iStock.com/Yue_

ブロッコリーは、離乳食初期から与えられ、他の食材と合わせやすい便利な食材でしょう。離乳食で与える機会も多いのではないでしょうか。

ブロッコリーは、1年を通して手に入れやすく、冷凍保存もできるところもうれしいポイントですね。

離乳食の進み具合に合わせて、上手にレシピにブロッコリーを取り入れましょう。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食・幼児食の一例です。
新しい食材・料理を取り入れる際は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2020年1月20日時点で作成した記事になります

2020年01月28日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧