【災害に備える8選】知っておきたい家族を守る防災術や防災グッズ

【災害に備える8選】知っておきたい家族を守る防災術や防災グッズ

大雨や台風、地震など、日本は自然災害の多い国。いざというときのために防災の知識を身につけておくことは、家族を守ることにつながります。そこで今回は、知っておきたい防災術や備えておきたい防災グッズをまとめてご紹介。自身の知識や自宅の備蓄を今一度見直し、不測の自体に備えておきましょう。

予測できない自然災害から家族を守る防災術

地球温暖化により、異常気象が原因と考えられる自然災害が頻発している近年。日本でも大雨が続き、川の氾濫や土砂災害などのニュースを目にする機会も増えています。

最近ではアウトドアがブームとなっていますが、子どもと自然の中にいるときに突然天候が急変する可能性も。自然災害から保護者が子どもを守るための知識と、子どもが自分の身を守るためにとるべき行動について解説します。
自然災害はいつ起こるかわからないもの。いざ災害が起こったとき、大人であってもパニックになり落ち着いて行動できるとは限りません。災害時に子どもを守りぬくための、防災対策のポイントについてご紹介します。

万が一のときのために備えておきたい防災グッズ

具体的に何をどれくらいの量備えておけばよいのか、赤ちゃんのいる家庭ではどのようなものが必要なのかなど、防災グッズに関する疑問はさまざま。災害への備えが必要だとはわかっていても、実際に数日生活できるほどのしっかりとした備えができているという家庭はさほど多くないかもしれません。

備蓄しておきたい食料や防災グッズ、赤ちゃんや小さい子どもがいる場合に必要になるグッズをまとめました。

日頃からできる災害への備え

「もしもに備える!おうち備蓄と防災のアイデア帖」は、いつもの生活に防災という視点をプラスした書籍。普段使いできるローリングストックレシピや使い切るコツ、もしものときに役立つ防災クッキングについて知識を深めてみてはいかがでしょうか。
災害への備えは知識やグッズだけでは不十分。いざというときに大人はもちろん、子どももとっさに対応できるよう、防災訓練にしっかりと取り組んだり、災害時の対応について家族で話し合っておくことも重要です。

子どもに絵本で伝える防災の大切さ

小さな子どもに災害について言葉で伝えるのは難しいもの。いつもの読み聞かせの時間に取り入れられる、大人にとっても学びの多い防災に関する絵本を集めました。身近な絵本を通して、子どもに災害に備えることの大切さや災害に遭ったときの対処法について伝えてみてはいかがでしょうか。
今読みたい記事に出会える!!
▼▼▼今すぐアプリをダウンロード!▼▼▼

2021年08月08日

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧