油性ペンの汚れがついてしまった洋服の落とし方や洗濯方法

油性ペンの汚れがついてしまった洋服の落とし方や洗濯方法

自宅にあるアイテムでできる方法

子どもの持ちものなどに名前を書くときによく使う油性ペンですが、洋服などについてしまったとき、自宅で落とせるのかや洗濯の方法について知りたいママもいるかもしれません。今回は、洋服についてしまった油性ペンの汚れの落とし方や、落とすときの注意点を紹介します。

油性ペンの汚れで困ったこと

ペンでお絵かきをする子どもとママ
iStock.com/Kavuto
油性ペンの汚れがついてしまい困ったことについて、ママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもが油性ペンを使ってお絵かきをしていたときに、夢中になって描いていたら洋服の袖に汚れがつきました。自宅で汚れを落とせる方法があれば知りたいです。
20代ママ
子どもが油性ペンをポケットに入れたまま遊んでいたようで、いつの間にかペン先が出ていたらしく、インクが染みて洋服に汚れがついてしまいました。
20代ママ
子どもの洋服のタグに油性ペンで名前を書こうとしたときに、不注意で洋服に汚れがついてしまいました。
子どもが遊びに夢中になっているときに、うっかり油性ペンの汚れが洋服についてしまうことがあるようです。ママが子どもの洋服に名前を書くときに失敗したり、書くつもりではなかった場所にインクがついたりしてしまったという声もありました。

自宅で油性ペンの汚れを落とす方法を知りたいというママは多いようです。

洋服についた油性ペンの汚れの洗濯方法

ママたちはどのようにして油性ペンの汚れを落としているのでしょうか。

用意するもの

20代ママ
除光液や消毒用アルコール、汚れてもよい、あて布を2枚用意して行いました。
油性ボールペンは名前の通り油分を含んだペンなので、インクの油分ごと溶かすようにして落とすと汚れが薄くなるようです。

油分はアルコールに溶けやすい性質があるようなので、除光液や消毒用アルコールを使ったというママがいました。繊維に密着させたいと考え、ジェルタイプのアルコールを使うというママもいるようです。

油性ペンの汚れの落とし方

20代ママ
落としたい汚れの裏側にあて布をし、汚れの部分に除光液を少しずつたらします。その上に別の布を重ねて、トントンと叩くようにしてあて布に汚れを移していきます。汚れが落ちるまで繰り返し行い、いつも通り洗濯機で洗えば完了です。
汚れを落とす際は、裾や袖の裏側などの目立たない場所で、色落ちしないかどうか一度確認してから行うとよいでしょう。汚れが付着してからなるべく早く行うことで、汚れが落ちやすくなるようです。

汚れがついてからどのくらい経っているかや、洋服の素材などによって、きれいに落ちたり汚れが薄くなる程度になったりなどの結果は異なるでしょう。

油性ペンの汚れは、主成分が同じ油分を使ったクレンジングオイルを使って落とす方法もあるようです。アルコール系のものが自宅にないというときは試してみるとよいかもしれません。

油性ペンの汚れがついた洋服を洗濯するときの注意点

服 タグ
hlphoto/Shutterstock.com
油性ペンの汚れがついた洋服を洗濯するときは、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

洋服の素材に気をつける

40代ママ
綿素材の普段着についた汚れは自宅で落としますが、おしゃれ着などの場合は、洋服の素材によって生地が傷んでしまったり、汚れが広がってしまったりする不安があるので、クリーニング店に持ち込んでいます。
素材によって自宅で対応するか、クリーニング店に持ち込むか決めているようです。クリーニング店に出すと費用や時間はかかるかもしれませんが、プロにお願いすることできれいに仕上がるので、無理して自宅で対応しないことも重要かもしれません。

部屋の換気をする

30代ママ
除光液などにおいがきついものを使うので、窓を開けたり換気扇をまわしたりして、部屋に充満しないように気をつけました。
油性ペンの汚れを落とす際にアルコール系のものを使うときは、気分が悪くならないようしっかりと換気をするとよいでしょう。窓や換気扇のある風呂場や、天気のよい日は外など、風通しのよい場所で作業するとよいかもしれません。

汚れをこすらない

40代ママ
早く落としたいという想いから、油性ペンの汚れを落とす際にこすったところ、かえって汚れが広がってしまいました。
こすってしまうとかえって汚れが広がることもあるようです。一気に落とそうとせずに、少しずつ丁寧に染み抜きするとよいでしょう。焦らずにやさしく扱うことがきれいに落とすコツかもしれません。

油性ペンの汚れがついた洋服を洗濯してみよう

洗濯
Africa Studio/Shutterstock.com
子どもが遊びに夢中になっているときや、ママが子どもの洋服に名前を書くときに油性ペンの汚れが洋服についてしまい、どのように対処すればよいのかと困るママもいるようです。

油性ペンの汚れを落としたいときは、除光液や消毒用アルコール、クレンジングオイルを使うとよいかもしれません。服の素材を確認し、一度洋服の目立たない部分で色落ちしないかどうか確認してから行うとよいでしょう。

汚れを落とすときはこすらずに、トントンと上から叩くようにしてあて布に汚れを移していき、最後にいつも通り洗濯機で洗うとよいようです。においがこもらないよう、アルコール系のものを使うときは部屋の換気をするのを忘れずに行うとよいでしょう。

洋服についた油性ペンの汚れの落とし方を知っていれば、汚れがついてしまっても慌てずに対処することができますね。

2020年04月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧