子ども乗せの三輪自転車。三輪自転車の特徴や選び方について

子ども乗せの三輪自転車。三輪自転車の特徴や選び方について

三輪自転車を購入するときに意識したこと

子どもを乗せられる自転車について知りたいママのなかには、三輪自転車の特徴が気になる方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、チャイルドシートが荷物入れになるなどの子ども乗せ三輪自転車の特徴や選び方、三輪自転車を購入するときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもを乗せられる三輪自転車とは

子どもを乗せることができる三輪の自転車があるのをご存じでしょうか。前に二輪、後ろに一輪のタイヤがついたタイプの子ども乗せ三輪自転車には、子どもを前後に1人ずつ乗せられるものや、後ろに2人乗せられるものなどの種類があるようです。

ママやパパのなかには三輪の自転車の購入を検討する方もいるようで、その特徴やよさについて知りたいという声が聞かれました。

そこで今回は、子ども乗せ三輪自転車についてお伝えします。

子ども乗せ三輪自転車の特徴

子どもを乗せることができる三輪自転車には、どのような特徴があるのでしょうか。子ども乗せ三輪自転車の特徴について、ママたちに聞いてみました。

安定しやすい

30代ママ
私が乗っている三輪の自転車は、前輪2つが後輪よりも小さめに作られているので、重心が低くなり、運転するときに安定感があるように思います。子どもを前後に乗せているときの漕ぎ出しもスムーズです。
前に二輪のタイヤがついている三輪自転車のなかには、重心が低めで安定しやすいと感じるものもあるようです。ママのなかからは、信号などで自転車を停めたときも、ぐらつきにくくバランスがとりやすかったという声も聞かれました。

スピードの調整がしやすい

30代ママ
三輪の自転車はゆったりと漕ぐイメージでしたが、前に二輪後ろに一輪のタイプの三輪自転車は、二輪自転車と同じようなスピード感で運転できると思います。二輪から三輪の自転車に買い替えましたが、幼稚園の送り迎えにかかる時間は変わらないです。
三輪の自転車は、ゆったりと漕ぐことを考えた造りのものだけではなく、二輪と同じような感覚で漕げるタイプのものもあるようです。カーブなどでスピードをゆるめたときも運転しやすかったというママの声もありました。

使い方をアレンジしやすい

自転車に乗るママ
Rafal Olkis/Shutterstock.com
30代ママ
子どもを乗せるフロントのチャイルドシートが、荷物入れ用のバスケットとしても使える三輪の自転車に乗っています。チャイルドシートの足のせ部分が可動式になっており、シート本体に一体化させるだけで荷物が入れられるのでとても便利です。
ワンタッチでチャイルドシートを荷物入れ用のバスケットに変えることができる、子ども乗せの三輪自転車もあるようです。大型のバスケットになるため、荷物を多めに運ぶことができるというママの声もありました。

子ども乗せ三輪自転車の選び方

子ども乗せの三輪自転車はどのように選ぶとよいのでしょうか。子ども乗せ三輪自転車の選び方について、ママたちに聞いてみました。

子どもの乗せやすさで選ぶ

30代ママ
子どもの乗せやすさを考えて、前が二輪後ろが一輪になっている三輪自転車を選びました。前に二輪ついているので自転車を停めたときにハンドルが動きにくく、子どもを乗せやすいと感じています。
子どもをチャイルドシートに乗せたり降ろしたりするときのことを考えて、前に二輪のタイヤがついている三輪の自転車を選んだというママの声がありました。ハンドル部分の安全ロック機能がついているものを選ぶと、より乗せ降ろしがしやすくなるかもしれません。

サイズを確認してから選ぶ

30代ママ
サイズを確認してから、子ども乗せの三輪自転車を選びました。サドルに座ったときに、両足のつま先が地面につくかどうかを確認したことを覚えています。
両足のつま先が地面につくかどうかを確認してから、子ども乗せの三輪自転車を選んだママもいるようです。サイズがあっている場合でも、三輪の自転車は二輪の自転車とはバランスの取り方が違うこともあるので、実際に試乗してから購入できるとよいかもしれません。

三輪自転車を購入するときに意識したこと

三輪の自転車を購入するときは、どのようなことを気にするとよいのでしょうか。三輪自転車を購入する際に意識したことを、ママたちに聞いてみました。

保管場所を確認しておく

30代ママ
子ども乗せの三輪自転車は二輪よりも少し場所をとるのではないかと考えて、購入する前に保管場所を確認しておきました。平置きの駐輪場だったので、無事に停められてよかったです。
子ども乗せの三輪自転車は二輪の自転車よりも横幅が広いものもあるようなので、自宅の駐輪場に停めるスペースがあるかどうかを確認しておくとよいかもしれません。マンションに住むママのなかからは、2段式ラックの駐輪場の上段には子ども乗せの三輪自転車は停められなかったので、三輪自転車用に平置きの駐輪場を確保したという声も聞かれました。

安全基準を確認する

30代ママ
3人乗り自転車の安全基準を満たしているかどうかを確認してから、三輪自転車を選びました。子どもを乗せることをメインに使用する自転車なので、安全基準を確認することも大切だと思います。
複数の安全基準をクリアしているかどうかを確認してから、子ども乗せの三輪自転車を選んだママもいるようです。自治体にもよるようですが、安全基準を満たした3人乗り自転車を購入する場合、補助金が出ることもあるようなので確認しておくとよいかもしれません。

子ども乗せ三輪自転車の特徴を知って選ぼう

二人乗り自転車に乗るママと子ども
szefei/Shutterstock.com

子ども乗せの三輪自転車は、運転するときに安定感があったりスピードの調整がしやすかったりしたというママの声がありました。フロントのチャイルドシートの足のせ部分を本体と一体化させるだけで、荷物入れとして使用できるものもあるようで、使い方のアレンジがしやすいことも子ども乗せ三輪自転車の特徴の1つなのかもしれません。

子ども乗せの三輪自転車を選ぶときは、子どもの乗せ降ろしのしやすさや足が地面につくかどうかを確認しておくとよさそうです。購入する前に保管場所を確保しておいたり、安全基準を満たしているかどうかを確認したりすることも大切かもしれません。

子ども乗せ三輪自転車の特徴やよさを知って、安全で使いやすい三輪自転車を選べるとよいですね。

2020年02月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧