内祝いに紅白の名入れそうめんやうどんを用意しよう

内祝いに紅白の名入れそうめんやうどんを用意しよう

出産や初節句のお返しをするときのポイント

出産や初節句の内祝いに、そうめんやうどんを贈りたいと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、紅白素麺や名入れうどんなどの内祝いに贈ったものや、お返しのメッセージを添えるなどの内祝いを贈るときに意識したことを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。

出産や初節句の内祝いに贈る品物は?

出産や初節句の内祝いやお祝いをもらったときのお返しに、どのような品物を贈るとよいか気になっているママもいるかもしれません。内祝いを選ぶときの悩みをママやパパたちに聞いてみました。

20代ママ
子どもの出産の内祝いには相手に喜んでもらえる品物を贈りたいと思います。内祝いにふさわしく、華やかに見えるものが知りたいです。
30代パパ
初節句のお祝いをいただいたので、お返しは相手の家族に食べてもらえるものがよいのではないかと思いました。お祝いにふさわしい食べ物には何があるか悩んでいます。
出産や初節句の内祝いは、相手に喜んでもらえそうな食べ物を贈りたいと考えるパパもいるようです。内祝いやお祝いのお返しにはお菓子もよいようですが、そうめんやうどんといった麺類を贈っても喜ばれるかもしれません。

そこで今回は、内祝いに贈るそうめんやうどんについてお伝えします。

内祝いに贈るそうめんやうどんの用意の仕方

内祝いに贈るそうめんやうどんは、どのように用意するとよいのでしょう。ママやパパたちに購入先を聞いてみました。

ギフトを扱うお店で購入する

30代パパ
私たちはギフト用品のお店で内祝いのそうめんを購入しました。実際に品物を手に取って見ることができるようになっていたので、贈る相手に喜んでもらえる内祝いを選びやすいと思います。
出産や初節句の内祝いをギフト用品を取り扱うお店で購入したパパがいました。大型の店舗に行くとたくさんの品物を見比べるできるので、夫婦の好みのあうものを選ぶことができたというパパの声もありました。

通信販売で注文する

30代パパ
出産の内祝いは通信販売のサイトを利用して購入しました。私の場合、出産後は外出することが大変だったので、赤ちゃんが寝ている間に自宅にいながら品物を選べる通信販売のサイトは利用しやすいと感じています。
内祝いを贈る時期に外出が大変だと感じる場合は、通信販売で注文するのもよいかもしれません。通信販売サイトには、いろいろな種類の内祝い用のそうめんやうどんがあるようなので、夫婦でゆっくり選ぶとよさそうです。

ママたちが内祝いに贈ったそうめんやうどん

うどん
mnimage - stock.adobe.com

ママやパパたちが内祝いとして贈ったそうめんやうどんは、どのようなものなのでしょう。実際に贈った品物を聞いてみました。

紅白のそうめんやうどん

20代ママ
赤ちゃんを出産した内祝いは、おめでたさを感じられるものがよいと思い、紅白のうどんを贈りました。白とピンクのうどんが並んだ紅白の内祝いは、赤ちゃんのかわいらしさを感じられる品物ではないかと思います。
出産の内祝いに紅白のうどんを贈ったママがいました。紅白のうどんやそうめんには淡いピンク色と白色が交互に並んでいるものや、右左にそれぞれの色が並べられているものもあるようなので、ママとパパの好みにあわせて選ぶとよいかもしれません。

名入れのそうめんやうどん

20代ママ
私たちは名入れの紅白そうめんを内祝いとして贈りました。そうめんにかける熨斗に名入れをしてもらうものですが、赤ちゃんの名前の他に生年月日も入れてもらえるので、出産報告にもなったと感じています。
赤ちゃんの名前や生年月日が入った名入れのそうめんやうどんも、出産や初節句の内祝いによいかもしれません。ママのなかからは、名前の漢字にふりがなをつけてもらえたので、贈った相手に名前の読み方がわかりやすいと喜ばれたという声も聞かれました。

そうめんやうどんとお菓子の詰めあわせ

40代ママ
初節句の内祝いに麺つゆやお菓子の入った「素麺の詰めあわせ」を贈りました。お菓子は天然の着色料が使われている手毬のようなかわいい飴と金平糖のセットなので、初節句にふさわしい内祝いではないかと思います。
内祝いにそうめんとお菓子の詰めあわせの品物を選んだママもいるようです。詰めあわせの内容にはお菓子の他に紅白のおもちなどもあるようなので、贈る相手の好みや家族構成にあわせて選ぶとよいかもしれません。

内祝いを贈るときのポイント

内祝いを贈るときにはどのようなことを意識するとよいのでしょう。ママやパパたちにポイントとしていることを聞いてみました。

贈るタイミングを考える

出産祝い
Evgeny Karandaev/Shutterstock.com
30代ママ
内祝いを贈るときはタイミングを考えることを意識しました。出産祝いのお返しとして内祝いを贈る場合は、いただいてから2週間以内に届けることができるとよいと思います。
内祝いを贈る際には届けるタイミングを意識することも大切かもしれません。ママのなかには、出産後は忙しくなることを考えて、出産前に内祝いを選んでおき、出産祝いをもらったときにスムーズにお返しできるように準備をしておいたという声もありました。

お返しのメッセージを添える

30代パパ
出産や初節句のお祝いをいただいたお返しとして、内祝いにお礼のメッセージを添えて贈りました。お祝いをいただいたときに電話でお礼を伝えてありましたが、内祝いにも改めてメッセージを添えることで私たちの感謝の気持ちをこめられたように感じています。
内祝いに心のこもったメッセージを添えると、贈る相手にも気持ちが伝わりそうです。注文する際にメッセージも依頼できる通信販売サイトを利用したママのなかからは、贈った相手に「きれいなメッセージカードが入っていた」と喜ばれたという声も聞かれました。

内祝いにふさわしい熨斗や包装紙を選ぶ

40代ママ
内祝いに使う熨斗や包装紙は、お祝いにふさわしい色や柄を選ぶようにしました。金色で縁どられたパステルカラーの花が描かれた包装紙を使ったところ、赤ちゃんが誕生したお祝いのお返しらしく、やさしい雰囲気のラッピングになったと思います。
赤ちゃんの誕生や初節句の内祝いには、やさしい色使いやかわいいイラストが描かれた熨斗や包装紙を選ぶとよいかもしれません。包装紙に名入れをしてもらうため、名前の文字が映える色や柄を選んだというパパの声もありました。

相手に喜ばれる内祝いを贈ろう

素麺
bonchan/Shutterstock.com

出産や初節句の内祝いとして、紅白のそうめんや名入れのうどんを贈ったママがいました。お祝いをもらったお返しとして、お菓子やおもちの入った素麺セットなどを選んでもよいかもしれません。

送るタイミングを考えたり心のこもったメッセージを添えたりして、相手に喜ばれる内祝いを贈ることができるとよいですね。

2020年02月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧