子どもの赤ちゃん返り。家や保育園での様子とママたちの対処法

子どもの赤ちゃん返り。家や保育園での様子とママたちの対処法

赤ちゃん返り中の子どもに愛情をどう伝えたか

2人目の妊娠や出産を機に、赤ちゃん返りをしている子どももいるかもしれません。保育園に行かないと言って嫌がったり、保育園での様子が変化する場合もあるでしょう。今回は保育園児の赤ちゃん返りに注目しました。ママたちがどのように接してきたかを詳しくご紹介します。

赤ちゃん返りをする保育園児

子どもの赤ちゃん返りに対し、どう対応しているか悩んでいるママやパパも多いのではないでしょうか。

保育園に通っている場合、保育園に行かないと言い出したり、保育園での様子が変化した子どももいるかもしれません。周りのママたちは赤ちゃん返りしている子どもにどのように接していたのでしょう。

赤ちゃん返りのきっかけや様子、対処法などを調査しました。

【体験談】赤ちゃん返りのきっかけ

赤ちゃん返りはいつから始まる場合があるのでしょう。赤ちゃん返りのきっかけをママたちに聞きました。

3歳と0歳のママ
妊娠初期から赤ちゃんの存在は伝えていましたが、産院で4Dエコーをいっしょに見てから上の子は赤ちゃんをきちんと認識したようです。それから何となく甘える機会が増え、赤ちゃん返りが始まりました。
3歳の子を持つ妊娠中のママ
お腹が大きくなり抱っこの回数や時間が短くなってきた時期から、赤ちゃん返りが始まりました。
3歳の子を持つ妊娠中のママ
2人目を妊娠中です。体調が優れず一時的に入院していました。退院して戻ってきてから、上の子が赤ちゃん返りしています。
2歳と0歳のママ
2人目の出産退院後、2週間くらいしてから上の子が赤ちゃん返りするようになりました。

赤ちゃん返りのきっかけは子どもによってさまざまなようです。妊娠中から始まる場合もあれば、出産後に始まる場合もありました。ママの変化や家庭環境の変化が、赤ちゃん返りのきっかけになるのかもしれませんね。

家や保育園で見られる赤ちゃん返りの具体的な行動

指をしゃぶる女の子
zilvergolf - stock.adobe.com

赤ちゃん返りしている子どもの行動にはどのようなものがあるのでしょう。家や保育園での様子を聞きました。

ママや先生などの傍を離れない

30代ママ
家ではとにかく私の傍を離れませんでした。保育園でも先生の傍にいてしばらく甘えていた時期がありました。
30代ママ
家でも保育園でも抱っこを要求されたり私や保育園の先生の膝の上に座りたがりました。赤ちゃん返りで甘えたかたのかなと思います。

これまでに比べママや保育園の先生などの傍を離れなくなったら、赤ちゃん返りをしているのかもしれません。甘えたい気持ちや不安な気持ちから「抱っこして」と要求している場合もありそうですね。

保育園に行かない・嫌がる

30代ママ
今までうれしそうに保育園に行っていたのに、赤ちゃん返りの一つなのか「保育園に行かない」と言い出しました。連れて行けば楽しそうに過ごすのですが、当時は連れ出すのがとても大変でした。
30代ママ
最近赤ちゃん返りが始まり、保育園を嫌がっています。「行ってきます」と行って保育園から出ようとすると泣き出すので、そのたびに先生がきて優しく遊びに誘ってくれています。

赤ちゃん返りをしている時期は、保育園を行かないと言い出したり、嫌がる子どもも多いかもしれません。子どもが泣いている様子を見て自分も切なくなったというママの声もありました。

指しゃぶりや激しい瞬き

30代ママ
指しゃぶりを卒業していましたが、赤ちゃん返りのときは再び指を口に持って行く機会が増えていました。保育園の先生とも相談し、きつく叱ったりはせずに優しく手をつないだり、スキンシップするよう意識しました。
30代ママ
赤ちゃん返りの時期に、瞬きが普段より激しく回数も多くなりました。保育園でも同じだったようです。先生から「指摘せずに見守り、たくさんお話しする時間を園でも家でも作りましょう」とアドバイスをもらえました。心強かったです。

赤ちゃん返りをしている時期に、指しゃぶりや激しい瞬きを子どもがするようになったという声も聞かれました。子どもの気になる行動があれば、保育園ではどうなのかを先生に相談してみるのもよいかもしれません。どのように対応するのがよいか、保育園の先生たちと相談しながら見守っていけるとよさそうですね。

赤ちゃん返りへの接し方でママやパパが意識したこと

男の子を抱っこするママ
iStock.com/monzenmachi

赤ちゃん返りをしている子どもに対し、ママやパパはどのように接していたのでしょう。意識したポイントを聞きました。

スキンシップや声掛けを十分する

30代ママ
意識的に上の子をめいっぱい構う時間を作りました。抱きしめたり、「大好きだよ」と何度も伝えました。
30代ママ
毎晩寝かしつけのときにギュッと抱きしめて、「今日も大好きだったよ。明日はもっと大好きだよ」としつこいくらいに愛情表現しました。少しずつ赤ちゃん返りが落ち着いてきました。

赤ちゃん返りしている子どもに対し、スキンシップを取る機会をこれまで以上に作ったママは多いようです。これまでと変わらず大好きであることや大切に思っていることは、きちんと言葉で伝えてあげたほうが子どもも安心しやすいかもしれませんね。

1歳や2歳など年齢によっては言葉を理解しにくい場合もあるかもしれませんが、ママだけでなくパパも交えて、何度も繰り返し愛情を伝えてみてはいかがでしょうか。

上の子の要望に応じる

30代ママ
抱っこしてと言われたらなるべく応じるようにしています。少しの時間でも抱っこすると、子どもも落ちついてくれました。
30代ママ
ミルクやおっぱいを欲しがるので1回ずつあげたことがあります。上手に吸えなくて、それからは欲しがらなくなりました。自分は赤ちゃんじゃないと実感できたのかもしれません。

赤ちゃん返りの一つとして、抱っこや母乳、ミルクを欲しがる子どもも多いかもしれません。子どもの要望を拒否ばかりせず、ときには受け入れて対応してみるのもよさそうですね。

保育園の感想を聞く

30代ママ
赤ちゃん返りが始まってから、毎日保育園で何をして過ごしたか詳しく聞くようにしています。楽しいことや嫌だったことをたくさん聞いて、ママやパパが気にかけていることを感じてもらえたらと思っています。
30代ママ
2歳から3歳にかけて赤ちゃん返りがありました。保育園にお迎えに行くと今日は何を頑張ったのかを教えてくれるので、褒めながらどう頑張ったのかを詳しく聞いています。パパも同様に接していたら、赤ちゃん返りもなくなりました。

保育園での様子を子どもに詳しく聞く方法もあるようです。ママやパパが自分を気にかけていることを、子どもも実感しやすいかもしれませんね。

赤ちゃんの話を避ける

30代ママ
赤ちゃん返りが始まってからは下の子の話題を避けるようにしました。上の子が赤ちゃんの話題を出せば別ですが、妊娠前と変わらない日常会話をすることで安心してもらえたらと思いました。

ママやパパが赤ちゃんの話を度々していたら、不安や寂しさを感じてしまう子どもも多いかもしれません。きょうだいができる前と同じ会話を心がけていたママもいるようです。

赤ちゃんが上の子を好きだと伝える

30代ママ
突然産まれた2人目に対し戸惑っているだろうと思い、「赤ちゃんが大好きだって言ってるよ」「隣に座ってくれたから赤ちゃんが喜んでるね」など、赤ちゃんが上の子を好きなんだという話をたくさしました。次第に赤ちゃん返りも終わりました。

ママやパパにとったら愛しい2人目でも、上の子がすぐに下の子に愛情を持って接するのは難しい場合もあるでしょう。赤ちゃんは上の子が大好きだと繰り返し伝え、上の子の緊張をほぐしてあげるとよいかもしれませんね。

赤ちゃん返りを乗り越えるために

手を繋ぐ親子
iStock.com/Milatas

赤ちゃん返りのきっかけは、子どもによってさまざまでした。保育園を嫌がり「行かない」と言い出したり、先生の傍にいたがる保育園児もいるようです。

たくさんスキンシップをとるなどしながら、ママやパパは上の子も大切に思っていることを、きちんと伝えられるとよいですね。

2020年02月10日

専門家のコメント
22
    ひよひよ先生 保育士
    わかる年齢とわからない年齢でも差はあると思いますが、妹や弟ができたことは小さくてもきっとわかってると思います。
    ずっと自分が1番だったのが、赤ちゃんが来たことで1番じゃなくなることが子どもたちにとってはなかなか理解するのに難しいですよね。
    手が空いてる時は、必ず上の子を沢山甘えさせてあげて下さい。
    もちろん、幼稚園や保育園にも伝えて先生に甘えさせてもらうように伝えておくのもいいと思います。
    すー先生 保育士
    上の子が2歳の時に下の子が生まれ、今まで自分で何でもやっていたはずなのに何もやらなくなりました。ご飯、お着替え、お片づけ、歩くのも嫌がり抱っこ抱っこになりました。上の子優先とわかっていても、下の子に手がかかってしまいとても大変でした。下の子が眠ったら上の子と2人で遊んだり抱っこしたり、私は休む時間がなく辛かったのを覚えています。
    せおみ先生 保育士
    我が子は三姉妹ですが、みんな3歳差です。下の子が生まれる時は3歳前後なので、長女も次女も赤ちゃん返りしていました。まず、もうそろそろ出産、臨月に入ったあたりから夜泣きが始まりました。3歳だった時の長女は日中の癇癪もひどくなりました。ママから自立しようとしている感じでした。産まれてから3ヶ月ほどは不安定な事が多かったです。産まれる前から始まった夜泣きはひどくなるのと、日中の甘えも増していました。やっぱり、家族が1人増えるという経験は嬉しい反面、甘えたい気持ちもある3歳頃は受け入れきれない部分があるのだと思います。赤ちゃんの事はすごく愛おしそうで可愛がってくれるのですがふと、甘えたくなる様です。3歳の子だけでなく、長女5歳も、小学生でさえ不安定になっていましたよ。甘えたい時はとことん甘えられる様に心がけて、一緒にいる時は上の子の優先でスキンシップを沢山とり、大好き。という事を言葉で常に伝えていました。
    すみっこ先生 保育士
    赤ちゃん返りするだろうと構えていましたが、長女は全くその気配なしでした。産まれたばかりの妹にもあまり興味を示さず、、、😲良いのか悪いのか💦💦
    大きくなった今はとても仲良しですが🥰

    赤ちゃん返りの有無や様子はそれぞれ違うと思いますが、
    小学生でも変化があると思います。最近娘の友だちに弟が産まれたのですが、何となくキツい口調でお友だちに怒っていたり、かと思えば泣き出したり…。
    弟が産まれたことが関係しているかは分かりませんが、産まれる前の姿を知っているからこそ、そう感じました。
    なー先生 保育士
    お母さんの妊娠が見てわかるようになる頃、赤ちゃん返りをしている子がいました。
    保育園来る時に涙し、ふとした時に涙し、、赤ちゃん返りというよりかは情緒が不安定な様子でした。
    お母さんともお話しして、たっぷり触れ合う時間を設けてもらうようにすると少しずつ落ち着いていました。
    難しい時もあると思いますが、甘えさせてあげる時間も必要なようですね。
    めい先生 保育士
    まだ子どもは1人目で小さいので赤ちゃん返りは見れませんが、大変さもあり可愛さもあり、あ〜まだこの子も子どもなんだなと再認識させられそうですね。
    みー先生
    @めい先生さん
    我が家はちょうど3歳差で生まれました。生まれる前から『お姉ちゃんの赤ちゃんだよー』と教え、赤ちゃんに会いに来た人にもお姉ちゃんに『抱っこして良い?』と聞いてもらってから抱っこしてもらっていました!私の赤ちゃん!と使命感と母性が湧き出ていました。でも、たまには甘えたい様子。そんな時はたっくさん甘えさせてあげて、『いつも赤ちゃんのお世話ありがとう』と伝えていました。ミルクもオムツもお風呂も私1人ですることなく、時間がかかってもお姉ちゃんにお手伝いしてもらいながらやっていました。 下の子はおかげで甘えっ子になってしまいましたが、今でも仲良しです😊
    おはぎ先生 保育士
    我が家も三兄弟の3学年差です。二人目が産まれたとき1か月で入園だったので、心配しました。しかし、日中は大きな変化はなく夜抱っこして寝かせていると、一緒に寝てー!と、離れない時期が少しあるだけでした。
    3人目の時も産まれてスグも何もなかったのですが、1か月たった頃二人共同じタイミングで急にお姉ちゃんはどもりが始まり、弟はおもらしをしだしました。どもる時はたまにゆっくり喋っていいよと伝えて、指摘はしませんでした。4ヶ月程で、すっかり治りました。
    おもらしは夜中だけまだありますが、二人共最近反応して笑ってくれる弟が大好きみたいです
    わい先生 保育士
    今まで、自分だけに注いでもらっていた愛情を兄弟ができるとそれが半分になるもしくは、なくなってしまうのでは!と本能的に子どもは感じとるのだと思います。
    関わる親はまた!?と思うかもしれませんね。そんなときは、「赤ちゃんが生まれてもあなたのことが大好きだよ。」と変わらぬ愛があることを言葉で伝えることが一番いいと思います。
    ゆきな先生 保育士
    赤ちゃんがえり、、
    産まれてからなる場合と妊娠中になにかを察知してなる子がいますよね!
    お母さんお父さんの関わりももちろんですがやはりおじいちゃんおばあちゃんの協力もあれば赤ちゃんがえりがマシな子が多い気がします、、
    親だけでなく周りの協力があるといいですよね!!
    遠方にいて協力できない場合はパパに!!!下の子はパパにみてもらって上の子がおかあさんを独り占めできる時間をつくってみてはどうでしょう
    ちぃ先生 保育士
    お母さんが妊娠して具合が悪いときや生まれてから赤ちゃん帰りする場合がありますよね。今までお母さんを独占してそばにいた分、お母さんの変化にも気付くのも早いですよね。妊娠中は自分のことでさえ大変だと思いますが、上の子との時間をたっぷりととり、甘えさせてあげられると良いですね。
    のんの先生 保育士
    幼稚園にいるお子さんで、弟や妹が生まれて赤ちゃん返りするのは、年少さんだけではなく、年中さん年長さんも赤ちゃん返りをします。
    とはいえ、ずっと泣いてたり、バブバブいうのではありませんが、
    いつもより機嫌が悪かったり、すぐ泣いたり、すぐ手を出したりと言う変化が見られます。
    一時的なものなのですが、周りのお友達に怪我をさせては大変ですので、子供の気持ちを理解しながら注意をし、見守っています
    のの先生 保育士
    寝返りをするようになったら、なるべく硬めのところで寝かせることと、子どもの周りには物を置かないことをオススメします。下の部分が柔らかいと窒息の恐れがありますので。
    りお先生 保育士
    赤ちゃん返り、2人目アルアルですよね😁
    2人目を産んだお母さんの育児の醍醐味というか笑。

    先輩ママには、2人目を産まないと経験できない、育児の醍醐味だと言われたことをよく覚えています😁

    赤ちゃん返り、悩みますよね。上の子にどう接すれば心が満足するのか、どうしてあげればいいのか、私も2人目が産まれた当初、3ヶ月ほど悩みました。

    結論としては、上の子も下の子がいる状態に慣れてくれば、赤ちゃん返りもおさまってきます。

    それまでは、他の家族の協力を得て、上の子と2人で出かける時間や過ごせる時間を作ったりして、出来るだけ上の子を優先させてあげてくださいね!
    ゆか先生 保育士
    一人でいた時間が長い子の方が赤ちゃんがえりは大変そうなイメージです。年齢もあがってきているので。

    うちは二学年離れていますが1才10ヶ月差です。
    下の子が生まれたときはとても可愛がっていました。
    それでも寂しいという感情はあったと思います。
    下の子はおっぱいあげて寝ているだけなのでほとんどをお姉ちゃんと一緒に過ごしていました。
    長いこと実家にいたので親に下の子を預けて二人で散歩や買い物などに行っていました。
    にゃんこ先生° ✧ 保育士
    私は3人3歳差で出産しました。下の子が生まれた時に赤ちゃん返りがひどくならないように気をつけていたことは、

    お父さんお母さんがあなたの事が大好きで大切であることを伝えたり、一緒に遊んだりすることはもちろんですが、

    生まれた赤ちゃんもあなたのことが大好きなんだよということを、伝えていました。

    先に生まれた子をお兄ちゃん、お姉ちゃんにするのは後から生まれた子です。
    ご機嫌な時に「お兄ちゃん、好きだよ~って言ってるよ」とか、
    お腹が空いて泣いていてちょっと待っててもらってるときも「お兄ちゃん遊ぼうよ~って泣きながら言ってるよ」など、何かにつけて好きだと伝えました。

    上の子は、好かれていると思うと嬉しいので優しく頭を撫でてくれたり、胸をトントンしてくれたりしました。

    それからもとても仲の良い兄弟です。
    ぺち先生 保育士
    幼稚園でも家庭で赤ちゃんが生まれる、生まれたという子どもはほとんどの子が赤ちゃん返りをしていました。だっこを要求したり、先生のおっぱいを探してくる子もいました。子どもなりに色々なことを感じていると思うので、園では気持ちに寄り添いながら接してお母さんにも一応その様子を伝えたりしていました。
    のの先生 保育士
    赤ちゃん返りは仕方ないことだと思います。新生児を相手しながら上の子の甘えにも対応するのは本当に大変なことだと思いますが、上の子だけの時間を確保してあげて欲しいです。寝かしつけの時でもいいし、少しの時間でもいいので。
    ろろ先生 保育士
    妹や弟がうまれ、おにいちゃんおねえちゃんになった子は園での様子を見ていてもはっきりわかります。
    今までできていたことができなくなった、しなくなったときに『どうしてできないの?』と問うのではなく、子どもの気持ちを言葉にして噛み砕くことができるようにサポートしていきます。ご家庭では難しいときもありますが、そんなときは幼稚園や保育園の先生にも協力してもらってはいかがでしょうか?(*˙﹀˙*)
    いちぽ先生 保育士
    下の子が産まれるとお兄ちゃんお姉ちゃんたちはどうしても寂しい思いはしますよね。ずっと1番だった愛情が他に向かうのを受け入れるのに時間はかかると思いますが、必ずわかってくれるので、パパと協力して、上のこと2人の時間を作るようにするなどすると良いと思いますよ。
    ドゥー先生 保育士
    赤ちゃん返りはごく自然な姿です。今まで自分に一番だった親が、兄弟ができたことで二番手になりがちですからね。映画『未来のミライ』を観るとさらに感じます。
    私も息子が生まれてつい娘を『お姉ちゃん』と見てしまい、言葉かけや関わりをして娘にプレッシャーを与えている場面があります。その都度反省してますが…
    ちゃんとあなたを見ているよ、大好きだよ、と言葉で関わりで伝えていきたいですね。
    なごみ先生 保育士
    ほとんどの子が年齢関係なく赤ちゃん返りをしていたように思います。その子どもの様子から保育士は保護者の方の2人目妊娠に気づくことが多かったです^ ^
    お母さんの代わりにはなかなかなれませんがそんな時は保育所でもたくさん触れ合い遊びをしたり抱っこしたりしてあげました。
    すあま先生 保育士
    きょうだいができて赤ちゃん返りする園児さんはたくさん見てきました。「きょうだいができたのは嬉しいけど…ぼく・わたしも甘えたい…でもお兄ちゃん・お姉ちゃんだからわがまま言えない…」そんな葛藤の中で現れるシグナルだと考えています。

    今まで自分でできていた着替えを「できない」と言ったり、スキンシップを多く求めてきたり…千差万別でしたが、「お家で頑張っている分、保育園では甘えたいのかな」と思い、着替えを手伝ったりしながら「頑張ってるんだよねぇ。すごいねぇ」と声をかけていました。

    よく「お兄ちゃん・お姉ちゃんなんだから!しっかりしなさい!」なんて声を聞くこともありますが、本人たちが一番そのことを解っていたりするものです。

    夜眠る前に「いつもありがとう。大好きだよ」と声をかけてハグしてあげるだけでも、お兄ちゃん・お姉ちゃんの心を癒してあげられると思います(U‿U)

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧