2000円で選ぶ内祝いの贈り物。選ぶポイントや贈ったアイテム

2000円で選ぶ内祝いの贈り物。選ぶポイントや贈ったアイテム

おしゃれな内祝いを贈ろう

結婚祝いや出産祝いのお返しに内祝いを贈りたいけれど、2000円以下でおしゃれなものやおすすめを知りたいと考えたり、商品券でもよいのか気になったりするママもいるかもしれません。今回は、2000円程度で内祝いを選ぶときのポイントやお菓子など贈ったアイテムについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

2000円程度の内祝いを贈りたいとき

結婚祝いや出産祝いをいただいたお返しに、2000円程度の内祝いを贈りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。2000円程度の内祝いを贈るときに気になることについて、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
結婚祝いのお返しに内祝いを贈りたいと考えています。いただいた金額を踏まえて2000円以下の品物がよいかなと思うのですが、どのようなものを選ぶとよいのか悩んでいます。
30代ママ
出産祝いをいただいた方へのお返しに何を選ぶか迷っています。2000円程度の内祝いに商品券でもよいのかどうかが知りたいです。
2000円程度の内祝いにどのようなものを選ぶとよいのか、悩んでいるママもいるようです。他にも、内祝いにおすすめの品物があれば知りたいという声もありました。内祝いにどのようなものを選ぶとよいのかや贈るときのマナーがわかると、品物を決めやすいかもしれません。

そこで今回は、内祝いを選ぶときのポイントや贈ったアイテムについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

内祝いを選ぶときのポイント

内祝いを選ぶとき、どのように品物を選ぶとよいのか気になるママもいるかもしれません。内祝いを選ぶときのポイントについて、ママたちに聞いてみました。

贈るシーンやタイミングを踏まえる

30代ママ
友人から結婚祝いをいただきました。夏の時期にいただいたので、お返しにはゼリーなど涼しげなものを選び、直接渡すようにしました。
30代ママ
出産の内祝いだったので、お祝いをいただいてから1カ月くらいを目安に贈ろうと考えました。名入れのお菓子にメッセージカードをつけることで、子どもの名前をお披露目したり近況を報告したりできてよいと思いました。
贈るシーンやタイミングを踏まえて、品物を選んだママもいるようです。ママのなかには、直接渡すことができない場合にメッセージカードを添えて贈ると、より気持ちを込められるという声もありました。

相手の家族構成にあわせて選ぶ

家族構成
Rawpixel.com/Shutterstock.com
20代ママ
友人に贈る結婚内祝いをどのようなものにするか悩みました。友人は結婚して子どももいるので、子どもが喜んでくれそうなジュースを選ぶとよいかなと考えました。
内祝いを贈る相手の家族構成を考えて、品物を選ぶことも大切なようです。内祝いを贈る相手にとって、使いやすいものや食べやすいものなどを想像しながら選ぶと、より気持ちが伝わるかもしれませんね。

欲しいものを聞いてから選ぶ

30代ママ
兄弟など日頃から連絡を取り合う人には、内祝いに欲しいものを聞くことにしました。姉からは何にでも使うことができる商品券だと嬉しいと言われたので、商品券を選びました。
頻繁に連絡を取り合う相手などに内祝いを贈るときは、相手に欲しいものを聞くようにしているママもいるようです。相手の欲しいものがわかっていると、内祝い選びもしやすくなりそうですね。

実際には内祝いに欲しいものについて、相手に聞きづらい場合もあるのではないでしょうか。ママたちが内祝いに贈ったアイテムを知ることができると、内祝い選びの参考になるかもしれません。


内祝いで贈ったアイテム

2000円程度の金額で内祝いを贈ろうと考えたとき、どのような品物を贈ればよいのか悩むママもいるかもしれません。内祝いに贈ったアイテムについて、ママたちに聞いてみました。

お菓子の詰め合わせ

30代ママ
いただいたお祝いの金額を考えると、お返しは2000円以下になると思いました。たくさん種類の入ったお菓子の詰め合わせを選ぶと、相手にも喜んでもらえるかなと考えました。
2000円程度の内祝いに、お菓子の詰め合わせを選んだママもいるようです。内祝いを受け取ったママのなかからは、普段購入することが少ない焼き菓子などに子どもが大喜びしていたという声も聞かれました。

タオルセット

30代ママ
結婚の内祝いに、タオルセットを贈ることにしました。シンプルなデザインのタオルを選ぶと、贈った相手も普段使いしやすくなるかなと考えて選びました。
内祝いにタオルセットを贈ったママもいるようです。2000円程度の金額の場合、フェイスタオルやウォッシュタオルなどを組み合わせることもできるようなので、贈る相手にあわせて選べるとよいかもしれません。

洗剤

洗剤
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
結婚祝いをいただいた友人たちへの内祝いには、食器洗剤の詰め合わせを贈りました。肌にやさしいといわれている洗剤で、パッケージがおしゃれだったので喜んでもらえました。
30代ママ
2000円程度の内祝いに、おしゃれなボトルに入った洗濯洗剤を贈りました。洗濯洗剤に見えないパッケージがかわいくおしゃれだったので、内祝いにピッタリだと思いました。
内祝いに洗剤を贈るママもいるようです。ママのなかからは、おしゃれなデザインのボトルに入った洗剤だと、今後も詰め替えて使うことができるので嬉しいという声も聞かれました。

内祝いを渡すときに意識したこと

内祝いを渡すときに気をつけた方がよいことなど、気になるママもいるかもしれません。内祝いを渡すときに意識したことについて、ママたちに聞いてみました。

渡すタイミング

30代ママ
内祝いを贈るタイミングに気をつけるよう母に言われていました。お祝いをいただいてから一カ月を目安に贈るようにするとよいと聞いています。
内祝いを渡すタイミングを意識したママもいるようです。ママのなかには、出産後などはバタバタと忙しくなると思い、あらかじめ内祝いの候補を考えておくようにしたという声もありました。

のし紙の書き方

20代ママ
結婚の内祝いを贈るときはのし紙も用意しました。紅白の水引が結びきりで印刷されているものを使い、水引の上に「内祝」、下に夫婦連名で名前を書くようにしました。
のし紙の書き方を意識したママもいるようです。出産の内祝いのときは、紅白の蝶々結びの水引が印刷されたのし紙を用意し、水引の上に「内祝」、下に赤ちゃんの名前を書くとよいというママの声もありました。内祝いを贈るシーンにあわせた水引を選べるよう、意識できるとよいですね。

贈る相手にあわせて内祝いを選ぼう

贈る相手に合わせて贈ろう
Yellowj/Shutterstock.com

結婚や出産のお祝いのお返しに2000円程度の内祝いを贈るときは、贈るシーンや相手の家族構成などを考えながら選ぶとよいかもしれません。ママたちが贈った内祝いのアイテムには、お菓子の詰め合わせや商品券などがあるようです。他にも、おしゃれなボトルに入った洗剤なども喜ばれたという声もありました。

お店などで選ぶときは、2000円以下のおすすめ商品を聞いてみるのもよいかもしれません。贈る相手のことを考えながら、相手にあわせた内祝いが選べるとよいですね。

2019年12月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧