ぬいぐるみについたよだれの落とし方。使う道具や手順

ぬいぐるみについたよだれの落とし方。使う道具や手順

洗えるぬいぐるみかどうかの見分け方など

ぬいぐるみによだれがついてカピカピになってしまったとき、どのような落とし方をするとよいのか気になるママもいるかもしれません。今回の記事は、よだれがついたぬいぐるみを洗う前の準備の他に、ママたちが洗えるタイプや洗えないぬいぐるみに試した汚れの落とし方について、体験談を交えてお伝えします。

ぬいぐるみについたよだれを落としたい

大切なぬいぐるみに子どものよだれがついてしまったとき、浸み込んだ汚れを落としたいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちに、ぬいぐるみに子どものよだれがついたときに気になることを聞いてみました。

20代ママ
うちの娘はぬいぐるみを枕のように使っているので、よだれがついてカピカピになってしまいました。ウール素材のぬいぐるみなのですが、水につけて洗えるタイプなのか洗えないぬいぐるみなのか気になります。
30代ママ
ぬいぐるみについたよだれの臭いや汚れは、どのような落とし方をするとよいのでしょう。洗う前の準備や落とし方の手順が知りたいと思いました。
ママたちは、洗えるぬいぐるみと洗えないタイプの見わけ方や、よだれでカピカピになってしまったぬいぐるみの洗い方が気になっているようです。

そこで今回は、ぬいぐるみについたよだれの落とし方についてママたちの体験談をもとにご紹介します。

よだれがついたぬいぐるみを洗う前の準備

ぬいぐるみについたよだれを落としたいときは、お手入れをする前の準備も必要になるようです。よだれがついたぬいぐるみを洗う前の準備についてママたちに聞きました。

洗濯できるかどうかを見わける

30代ママ
洗えるタイプのぬいぐるみかどうか、タグについている洗濯マークを確認しました。タグがついていない場合は、触ったときに中まで柔らかく表面に弾力があるものは洗えると判断しています。
20代ママ
息子のぬいぐるみは中に電池が入っているタイプなので、水につけて洗うのは難しいと考えました。カピカピになった表面を自分では洗えないので、他の落とし方を考えようと思います。
よだれでカピカピになってしまった汚れを落としたいとき、まずぬいぐるみが洗えるのかどうかを見わけているママがいました。他にも、水につけると色が出てしまうぬいぐるみや、ウール素材で作られたタイプも洗えない場合があるようです。

付属品がある場合は外す

付属品のついたぬいぐるみ
StudioSmart/Shutterstock.com
30代ママ
ぬいぐるみが傷まないように、洗う前にあらかじめ付属品を外しています。うちのぬいぐるみにはプラスチック製の付属品がついていたので、洗う前に外しておくと洗いやすくなりました。
ぬいぐるみに付属品がある場合はあらかじめ外しておくことで、傷みにくくなるようです。ママのなかには、ぬいぐるみの洋服も取り外しておき別々に手洗いしたという声もありました。

ほこりを払う

30代ママ
ぬいぐるみが洗いやすくなるように、洗う前に表面のほこりを払うようにしています。洋服用のブラシでぬいぐるみの毛並みにそってゆっくりとブラッシングしたり、よだれでカピカピの部分は手で払ったりしました。
ぬいぐるみの表面についたほこりをブラシなどで払っておくことで、より洗いやすくなりそうですね。ぬいぐるみの中に入ったほこりまで気になる場合は、布団たたきなどで軽く叩くようにしてほこりを払ったママもいるようです。

洗えるぬいぐるみについたよだれの落とし方

洗えるタイプのぬいぐるみについたよだれには、どのような落とし方をするとよいのでしょう。実際にママたちが試した方法をご紹介します。

洗面器で手洗いする

20代ママ
ぬるま湯を入れた洗面器におしゃれ着洗い用の中性洗剤を溶かして洗濯液を作り、ぬいぐるみを入れて押し洗いをします。手で押すように軽く絞ったら水で3回ほどすすぎ、脱水はタオルに包んだぬいぐるみを洗濯機に入れて10秒程行いました。
よだれのついたぬいぐるみを、ぬるま湯と中性洗剤を入れた洗面器の中で手洗いしたママがいるようです。カピカピになった部分の汚れが気になる場合は、手洗いする前にしばらくつけ置きをしてもよいかもしれません。

酸素系漂白剤につけ置きする

つけ置き ※すみません、良い写真が見つかりませんでした。
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
バケツに40度くらいのぬるま湯と酸素系漂白剤を入れて溶かします。バケツにぬいぐるみを入れて1時間程つけ置きして水ですすぎ、洗濯ネットへ入れてから洗濯機で軽く脱水しました。
よだれでカピカピになったぬいぐるみに、酸素系漂白剤を使った落とし方を試したママもいるようです。軽いぬいぐるみの場合は、水面にぬいぐるみが浮かんできてしまうため、ビニール袋を上から被せて重しをしてもよさそうです。

洗濯ブラシで部分洗いをする

20代ママ
よだれでカピカピになった部分など、しつこい汚れには洗濯ブラシを使っています。ぬいぐるみを洗剤液につけて汚れが柔らかくなったように見えたら、たたき洗いをしました。
ぬいぐるみのひどい汚れには、洗濯ブラシで部分洗いをするのもよいかもしれません。汚れが気になる部分には、洗剤を含ませたスポンジや洗濯ブラシで部分洗いをしているというママの声もありました。

洗えないぬいぐるみについた汚れの落とし方

ママたちに、洗えないぬいぐるみについた汚れの落とし方を聞きました。

拭き洗いをする

20代ママ
おしゃれ着洗い用の洗剤とぬるま湯を薄めた液にタオルを浸して硬く絞ります。絞ったタオルで汚れた箇所を根気強くトントンと叩くように洗い、水で絞った布で拭き洗いした部分を拭き、ぬいぐるみ全体も拭きあげました。
洗えないタイプのぬいぐるみには、拭き洗いを試しているママがいました。部分的に色が薄くならないよう、あらかじめ目立たない箇所で試してみるとよいかもしれません。

クリーニングに出す

30代ママ
息子のぬいぐるみがよだれでカピカピになってしまったのですが、洗えないタイプなのでクリーニングに出すことにしました。出してから1週間後に取りに行くと黒ずんでいた部分もきれいになっていたので満足しています。
洗えないタイプのぬいぐるみによだれがついたとき、クリーニングに出したママもいるようです。業者のなかにはぬいぐるみ専門の宅配クリーニングサービスもあるようなので、利用してみるのもよいかもしれませんね。

大切なぬいぐるみをお手入れしよう

大切なぬいぐるみをきれいに
lunamarina/Shutterstock.com

ぬいぐるみがよだれでカピカピになってしまったときは、まず洗えるタイプなのかを確認することが大切なようです。タグについた洗濯マークを確認して洗えるかどうかを確認したというママの声もありました。

洗える場合と洗えない場合のよだれの落とし方を確認しながら、大切なぬいぐるみをお手入れできるとよいですね。

2020年01月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ