女性だからこそ入っておきたい保険。保険の種類や入るタイミング

女性だからこそ入っておきたい保険。保険の種類や入るタイミング

子どものためにも重要な保険

ライフスタイルや家族構成が変化すると、優先順位を考えてリスクに備えた保険を検討するママもいるかもしれません。ママたちはどのような保険を選んでいるのでしょうか。また、保険を見直すのによいタイミングはあるのでしょうか。今回は、女性の保険について、ママたちの体験談を交えながらご紹介します。

女性ならではの保険

ライフスタイルの変化とともに、保険への加入が必要か悩む方もいるでしょう。妊娠や出産、女性特有の疾病などのような女性ならではのリスクに備える保険へ加入することで、安心を得られるかもしれません。

育児や家事、仕事との両立で忙しい女性だからこそ、万が一のときに備えるためにも、女性の保険についてしっかり考えましょう。

加入している保険の種類

保険を考えるとき、どのような保険に入ったらよいか迷う方も多いでしょう。ママたちはどのようなリスクを考えて保険に加入しているのでしょうか。

医療保険

30代ママ
子どもが生まれてからは、医療保険に加入することを検討しました。女性特有の病気になったとき、長期に渡る入院が必要になったときの保障があれば助かると思ったからです。

出産前に医療保険に加入し、緊急帝王切開になって保険が役に立ったというママの声もありました。

妊娠、出産のときの状況によっては、その後に医療保険へ加入することが難しい場合もあるようなので、事前になにが起こっても大丈夫なようにしっかり備えておきたいですね。

死亡保険

生命保険
iStock.com/takasuu
30代ママ
病気になったときに保険に入っていると心強いと思ったのと、もしものことがあったとき(お葬式など)の費用は子どもや主人に負担させたくなかったので、生命保険に加入しています。

子どもや家族に迷惑をかけないようにと死亡保険に加入しているママもいるようです。万が一のことが起こったとき、残された家族が安心して暮らせるように、きちんとした備えをしておくことが大切かもしれません。

学資保険

30代ママ
出産後まもなく、学資保険に加入しました。夫も私も地方育ちで、東京での子育て事情が分からなかったので、進学など、どのタイミングで大きなお金が必要になるかをファイナンシャルプランナーさんに相談しながら、適した保険を選びました。
30代ママ
学資保険はきょうだい揃って妊娠中に加入しました。進学のために確実に貯められるのは学資保険かなと思ったからです。
20代ママ
まだ加入はしていませんが、学資保険を検討しています。

子どもが生まれると考えるのが学資保険でしょう。子どもが進学するときには大きなお金が必要になると言われています。ママたちも子どもがどのような道を選んでも対応できるように、きちんと考えているようでした。

火災保険

20代ママ
火災保険は災害時のために加入しています。最近は大雨でもすぐに災害規模になってしまうので、火災保険に入っていると震災や豪雨などで自宅が被害を受けた際にも保障され、安心だからです。

近年では、災害のニュースをよく耳にします。災害はいつ起こるか分からないため、きちんとした保障がある保険を考えてみてもよいかもしれません。

家族や子どものためにも、日々の暮らしが保障される保険は重要でしょう。

保険を見直すタイミング

新生児
iStock.com/kuppa_rock

加入している保険を見直すのに、よいタイミングはあるのでしょうか。保険を見直したことがあるかとそのタイミングについて、ママたちに聞いてみました。

結婚後

30代ママ
結婚後、夫といっしょに加入していた保険の見直しを行いました。妊娠や出産した場合も仕事は続けるつもりだったので、死亡保障などではなく、子どもの養育資金や老後の生活資金を第一に考えました。学資保険や就業不能保険に加入しています。

結婚後、どのような働き方をするかによっても保障の必要性が変わるようでした。共働き夫婦でも、夫婦間の収入に大きな差がある場合は、主な収入の担い手の死亡保障を手厚くしておくと安心かもしれません。

出産後

30代ママ
出産後、産休を経て専業主婦になる予定だったので、夫の死亡保険を見直しました。保障を厚くし、子どもの学資保険として加入しています。
30代ママ
出産後に加入していなかったがん保険に加入しました。女性特有のがんになったときが不安だったのと、老後のために積み立ても兼ねたかったからです。

出産後は、子どもの将来を重要視して、どんな保険が必要か検討しているママが多いようです。

経済的な困難を理由にして、子どもがやりたいことや進みたい道を諦めないように、学資保険を検討してみてもよいでしょう。

年齢

30代ママ
保険に加入したまま見直していないのですが、年齢のことを考慮して見直しも必要なのかなと思っています。
30代ママ
夫が40歳になる前に、がん保険の特約を付けるか見直したことがあります。保険料が上がるタイミングで、時々見直したほうがよいのかなと言う印象です。

年齢を重ねると、そのときのニーズに合った保障の内容に違いが出てくることがあるかもしれません。加入したままにならずに、見直す機会を持つように考えているママも多いようです。

保険について夫婦でいっしょに考えよう

家族
iStock.com/Milatas

保険への加入は思いもよらないことが起こったときに備えることができる有効な方法です。今どんなリスクががあり、今後どのようなリスクに備えたいのか、しっかり優先順位をつけることが大切かもしれません。

女性が加入する保険の種類はさまざまあるようですが、見直しの機会を持ちながら、そのときどきに合った保険を選ぶとよいでしょう。

また、夫婦いっしょに生活を営んでいるからこそ、出産や子どもの養育は家族全体に関わってくるので、保険の見直しについても夫婦いっしょに考えてみましょう。

2020年01月16日

専門家のコメント
15
    のの先生 保育士
    妊娠後に入ると、もし帝王切開になった場合保障の対象外になってしまう物が多いです。なので、出来れば早めに入っておくことをお勧めします。
    すみっこ先生 保育士
    結婚後、主人と同じ保険会社のプランに加入するタイミングで色々と調べました。まだ若かったので、死亡保険・がんに特化した保険にあまりピンと来ずにきちんとつけませんでした。その年々で見直すべきですね💡💦
    あーちん先生 保育士
    もしもの時の備えとして、保険は大切ですね。
    今までは元気でも、妊娠中は体の変化も多いので出来ればそれまでに保険の見直しをしておくといいと思います!私の保険は出産の時にも帝王切開や吸引などで保険が適応されるようでした。

    妊娠後期で、謎の腹痛に襲われて1週間入院しました。妊娠中は検査も限られ、入院がのびてしまったのですが保険が適用されたので、入っていてよかったです!
    いちご先生 保育士
    女性用の保険に1つ入っていたおかげで、帝王切開の保険がおりました。とても助かりました。保険のおかげで、手出しが実質0になったので、その分、ミルクやおむつ、子どもの服などに当てることができました。
    いちぽ先生 保育士
    24歳の頃、結婚していた姉に保険は若いうちから入っていた方がいいよと言われ、生命保険と個人年金に入りました。
    若いうちから入ると掛け金も安いですし、個人年金は貯金のようなものなので将来のために良いです。
    なごみ先生 保育士
    結婚した時と子どもができた時に旦那の保険見直しをしてもらった時に保険屋さんに妊娠は何があるかわからないから絶対に入ったほうがいいと勧められて保険に入れるギリギリに加入して、結果緊急帝王切開になり保険がおりて加入しておいてよかったなぁと思いました。
    わい先生 保育士
    大学生のときに母に言われて保険に加入しました。30代で結婚し、保険を旦那さんと見直そうとなりましたが、その保険よりも入れるいい保険が私にはなく、私はその保険を継続することに…良かったのは、その直後に、私が手術するほどの病気が見つかり手術したことです。そのときほど母の助言を聞き保険を解約しなくて良かったと思いました!!保険って難しいですね!
    ろろ先生 保育士
    最近は女性ならではの疾患に特化した保険があり心強いですよね。
    保険はいろんなものがあり難しく、保険を探すためのサービスもあるぐらいで一般人からしてみるとわからなくて当然のような気もしてきてしまいます、、、
    妊娠出産を考えているのであれば突然の帝王切開に備え事前に入っておくのがいいかもしれませんね(*˙﹀˙*)
    はなこ先生 保育士
    結婚を期に保険見直しました!
    女性特有の病気や、出産の際手術などした場合の保険など、いろいろあるのできちんとつけて入りました!
    若いうちから入っておいた方が保険料もそんなに高くないので早めに入るといいですね!!!
    いざという時に保険がないと大変なことになる可能性もなくないので、、、
    すー先生 保育士
    独身の時、保険の相談に何度か通ったのですが種類が多すぎて悩みそのまま加入せず…。今まで入院したことがなかったので保険に入らず過ごしても不便はなかったのですが、妊娠をして切迫で入院した時にその金額に驚かされました。同じ部屋で入院してた妊婦さんは3ヶ月で保険が90万もおり、プラスだっといっていました。私も産後女性向けの保険に加入し、痔の手術をした際に保険もおりたのでとても助かりました。
    ぺち先生 保育士
    帝王切開の場合はお金が降りるので、保険は大事ですよね!妊娠中は保険に入れなかったり、変えたりできないので、、
    また、高額療養費制度というものもあって、そちらもお金を多く払ったらかえってくる制度みたいです。知らないともったいない事があるので、勉強しなきゃなと私も勉強中です!
    せおみ先生 保育士
    結婚した時に、死亡保険、医療保険に入りました。子どもの学資保険をどこにしようか検討する時についでにもう一度加入している保険の見直しもしています。家族が増えると保険の事も真剣に考えますよね。
    さと先生 保育士
    子どもが産まれてからきちんと医療保険に入りました。
    できることなら結婚後、妊娠前に入っておいた方がいいと思います。
    帝王切開になると保険金が下りるのはもちろん、出産そのものでもらえる保険もあります。
    すず先生 保育士
    今は2人に1人がガンになる時代ですから、ガン保険は必ず入っておいた方がいいと思います。

    比較的若い年でも、乳がんになる可能性はあります。知り合いは標準治療で月に8万くらいかかっていて、その時期が半年は続くそうです。

    共済や生協の安いものでも、十分助かります。
    のんの先生 保育士
    私は専業主婦ですので、自分に時間やお金をかけることをに少し気が引けます。
    仕事(パート等)を始めたらもう少し高い保険に入っておこうかな?と思っています。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧