【体験談】対面式のベビーカーはいつからいつまで?必要だと感じたシーン

【体験談】対面式のベビーカーはいつからいつまで?必要だと感じたシーン

対面式のベビーカーを選ぶときのポイント

ベビーカーを選ぶときに、対面式のベビーカーは必要なのか気になることもかもしれません。A型の対面式のベビーカーが多いようですが、どのようなことを意識して選ぶとよいのでしょうか。対面式ベビーカーをいつからいつまで使用したのかや、3輪や4輪など選ぶポイントについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

対面式のベビーカーとは

対面式のベビーカーとは、赤ちゃんとママやパパが向き合いながらおでかけできるベビーカーです。

対面式のベビーカーは、生後1カ月頃から使えるA型や、対面と背面を切り替えながら使える両対面タイプなど、さまざまな種類があるようです。

ベビーカーを選ぶなかで、対面式のベビーカーは必要なのかや、いつからいつまで使うことが多いのかが気になることもあるかもしれません。

今回は、対面式のベビーカーが必要だと感じたシーンや選ぶときのポイントについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

いつからいつまで対面式のベビーカーを使っていた?

ベビーカー
iStock.com/danilovi
対面式のベビーカーをいつからいつまで使用していたのかママたちに聞いてみました。
30代ママ
生後2~3カ月頃は対面式のベビーカーを使うことが多かったですが、生後4カ月頃になると赤ちゃんが外の景色を楽しむようになり、対面式のベビーカーを使うシーンは減りました。
30代ママ
A型の両対面タイプのベビーカーを使用していました。生後3カ月頃から9カ月頃までベビカーを対面にして使っていました。
30代ママ
生後3カ月から1歳頃まで対面式のベビーカーを使っておでかけしていました。
対面式のベビーカーをいつからいつまで使っていたのか、期間についてはそれぞれのママによって違いがあるようでした。対面と背面を切り替えながら活用していたというママの声もありました。

対面式のベビーカーが必要だと感じたシーン

対面式のベビーカーが必要だと感じたシーンについてママたちに聞いてみました。
30代ママ
赤ちゃんが私の顔が見えないと泣くことが多かったため、対面式のベビーカーは必要でした。私も赤ちゃんの表情を常に見ることができるため、安心でした。
30代ママ
赤ちゃんの様子を常に確認できるように対面式のベビーカーをよく使っていました。おでかけをするときも、赤ちゃんの顔を見ながらコミュニケーションをとることができるのでよいなと思います。
30代ママ
対面式のベビーカーは、赤ちゃんの様子を見ながらおでかけできるため、赤ちゃんが遊んでいるおもちゃが落ちたときもすぐ気づくことができました。
対面式のベビーカーは、向かい風が強いときも赤ちゃんに直接強風が当たらないため安心しておでかけできたというママの声がありました。

対面式のベビーカーでおでかけすると、赤ちゃんに強い日差しや風が当たらないように、ママが様子を見ながら対応しやすいかもしれませんね。

対面式のベビーカーを選ぶときのポイント

ベビーカーに座る赤ちゃん
justplay1412/Shutterstock.com
対面式のベビーカーを選ぶときのポイントについてご紹介します。

リクライニング機能を確認しながら選ぶ

ベビーカーには、生後1カ月頃から使えるA型や、生後7カ月頃から使えるB型などの種類がありますが、対面式のベビーカーはリクライニング機能があるA型のものが多いようです。

リクライニングの角度などの機能を確認しながら対面式のベビーカーを選んだというママの声がありました。

リクライニングの角度はベビーカーによって違いがあります。赤ちゃんが快適にベビーカーに乗れるように、ベビーカーをどのくらいの角度にリクライニングできるのか確認しましょう。

軽いものを選ぶ

対面式のベビーカーを選ぶとき、ママやパパが扱いやすいように軽いものを用意したいと考えることは多いのではないでしょうか。対面式のベビーカーは商品によって軽さに違いがあります。

電車移動をスムーズに行えるように、軽さを確認しながらベビーカーを選んだというママの声がありました。

電車移動や車移動など、それぞれのママによっておでかけ方法は異なるでしょう。

対面式のベビーカーを使うシーンをイメージしながら、ママやパパが扱いやすい軽いものを選ぶのもひとつのポイントでしょう。

タイヤを確認して選ぶ

対面式のベビーカーには、ダブルタイヤやシングルタイヤなどさまざまな種類のタイヤがあるようです。3輪や4輪などベビーカーによってタイヤの数は異なります。

ベビーカーのタイヤの数によって、走行性に違いがあるようです。お店に行って実際にさわってみて、使いやすさを確認するとよいかもしれません。

多機能タイプのものを選ぶ

対面式のベビーカーを選ぶときに、対面と背面を切り替えて使える両対面タイプのベビーカーを選んだというママがいました。

シート部分を取り外してベビーキャリーのように持ち運べるものや、チャイルドシートとして使えるものなど、対面式ベビーカーの種類によってざまさまな機能があります。

欲しい機能を考えながら選ぶのもよいでしょう。

対面式のベビーカーでおでかけを楽しもう

ベビーカーで散歩する夫婦
iStock.com/paylessimages
対面式のベビーカーは、生後1カ月頃から使えるA型のものが多いようです。3輪や4輪などタイヤの数や、リクライニングの角度などベビーカーによってデザインや機能は異なります。

対面式のベビーカーをいつからいつまで使っていたのか、期間についてはママによって違いがあるようでした。

ママの顔が見えないと泣いてしまうため、おでかけのときは対面式のベビーカーが必要だったという声もありました。

対面式のベビーカーを活用して、赤ちゃんとコミュニケーションを取りながらおでかけを楽しめるとよいですね。

2020年01月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧