ママたちが行っていた哺乳瓶からミルクが漏れるときの対処法

ママたちが行っていた哺乳瓶からミルクが漏れるときの対処法

空気穴やちくびの大きさを確認しよう

赤ちゃんに哺乳瓶でミルクを飲ませるときに、ミルクが口から漏れることに困っているママたちも多いのではないでしょうか。ミルクが漏れるのを防ぐために、ママたちはどのように対処したのでしょうか。ママたちの体験談をもとに、ミルク漏れを防ぐ方法をご紹介します。

哺乳瓶でうまくミルクを飲ませたい

哺乳瓶でミルクを飲ませるときに口から漏れてしまう経験をするママは多いようです。

ミルクが漏れてしまうと、赤ちゃんの体や服が濡れてしまい、赤ちゃん自身が気持ち悪く感じたり、ママも服を変えたり洗濯をしたりと、手間が増えますよね。

ミルクの時間を赤ちゃんもママも気持ちよく過ごすために、ミルクが漏れるとき、どのように対処したのかママたちの体験談を交えながらご紹介します。

どこからミルクは漏れるの?

哺乳瓶から漏れたミルク
iStock.com/matt_benoit

ミルクが漏れるのはどこからなのでしょうか。気付いたら、赤ちゃんの口からミルクが漏れてびしょびしょになっていたというママの声もありました。

どこからミルクが漏れていたのか、ママたちに聞いてみました。

30代ママ
哺乳瓶のちくびが大きかったせいか、赤ちゃんの口からあふれて漏れていました。
30代ママ
子どもの口からよく漏れるなと思っていたら、ちくびのゴムがゆるくなっていたのか、パッキンの隙間から漏れていたことがありました。
20代ママ
キャップの締めが甘かったようで、キャップから漏れていることがありました。

哺乳瓶でミルクをあげたことがあるママのほとんどがミルクが漏れる経験をしているようでした。また、ミルクが漏れる場所についてもきちんと確認をして対処しているようです。

原因はさまざまですが、赤ちゃんの口から漏れている場合もあれば、哺乳瓶の隙間から漏れている場合もあり、漏れる場所によって対処法も変えなければ改善しないようですね

ミルクが漏れるのを防ぐ方法

ミルクが漏れたときに実際に行った対処法をママたちに聞いてみました。

ガーゼを使う

30代ママ
どこから漏れているか確認しても分からなかった場合は、取り急ぎ、赤ちゃんのあごの下にガーゼを挟み込んで対処していました。ミルクを飲み終える頃にはガーゼがびしょびしょになっていました。

ミルクが漏れても、首や体まで濡れないように、ガーゼを当てているママたちは複数いました。

哺乳瓶だけでなく、母乳をあげるときもミルクがこぼれることがあり、ガーゼを使っていたというママの声もありました。

哺乳瓶などの道具に原因があるわけではなく、赤ちゃんの飲み方によっても漏れることがあるようですね。

ゆるみがないようキャップを締める

哺乳瓶
iStock.com/Yhounie
20代ママ
キャップの締め具合がゆるかったので、哺乳瓶でミルクをあげる時は必ずゆるみがないように哺乳瓶を傾けて、漏れないかの確認をしていました。

キャップをゆるみがないように締めることは初歩的なことなので見落としがちかもしれませんが、基本に立ち返ってしっかり準備したいですね。

ちくびを交換する

30代ママ
ちくびの穴の大きさが大きすぎたようでミルクが漏れることが多かったので、月齢に合った小さいものに変えました。ちくびの穴が大きいときはミルクが一度にたくさん赤ちゃんの口に入ってしまうようで、むせることも多かったように思います。
30代ママ
ちくびが劣化していたので、新しいものに交換しました。
30代ママ
哺乳瓶を違うメーカーのものに替えたら、漏れなくなりました。

哺乳瓶のちくびの穴を小さくすると、ミルクが少しずつ出るようになるので、赤ちゃんも飲みやすくなるようです。ミルクが漏れずに飲みやすくなると、赤ちゃんも気持ちがいいですね。

空気穴の位置を確認する

30代ママ
ミルクをあげはじめたときは、空気穴を気にしていませんでしたが、ミルクが漏れることが多かったので、空気穴を上にしてあげるとミルクが漏れるのが改善しました。

哺乳瓶の空気穴は赤ちゃんがミルクを飲みやすくするためのものですが、空気穴が下に向いていると、そこからミルクが漏れてしまうことがあるようです。

メーカーによっては空気穴がないものもあるようですが、空気穴の位置に配慮してミルクをあげると漏れることを防ぐことができるかもしれません。

調乳後に空気を抜く

30代ママ
調乳後は蓋を一度開けて膨張した空気を抜いてからミルクをあげていました。

ミルクは湯を使って調乳することが多いでしょう。調乳後、そのままミルクをあげると熱くなった空気がミルクといっしょに漏れてしまうことがあるようです。

ミルクが熱すぎる場合は、ぬるくしてから赤ちゃんにあげるようにしたというママの声もありました。

飲むときの姿勢を確認する

30代ママ
赤ちゃんの姿勢を立てらせて、哺乳瓶を横にせずに上に上げて飲ませていました。
30代ママ
一度、哺乳瓶を離して、深くくわえ直させるようにしていました。

授乳時の姿勢を寝かしすぎていると、ミルクが漏れてしまうことがあるようです。赤ちゃんの姿勢だけでなく、哺乳瓶の角度にも気を付けてみましょう。少しの工夫でミルクの漏れを防げるかもしれません。

赤ちゃんが気持ちよくミルクを飲めように工夫してみよう

赤ちゃんに哺乳瓶で授乳するママ
iStock.com/monzenmachi

授乳の時間は赤ちゃんにとって、幸せな時間ですよね。ママたちはいろいろな工夫をして、ミルクが漏れないように気を付けているようでした。ミルクが漏れることを防げると、赤ちゃんもママも授乳の時間を気持ちよく過ごせるでしょう。

ミルクがどこから漏れているかを確認しながら、状況に応じて対応していくことが大切かもしれません。

2020年01月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ