女の子のおねしょ事情。防水シーツなどおねしょが続くときの対応

女の子のおねしょ事情。防水シーツなどおねしょが続くときの対応

おねしょをしたときの声がけで意識したこと

女の子のおねしょについて、いつまでおねしょをするのかや、おねしょをしたときの対応が気になるママのいるのではないでしょうか。今回は、女の子のおねしょ事情やシーツや布団にしておく対策、おねしょをしたときの声がけで意識したことを体験談を交えてご紹介します。

女の子のおねしょについて

子育てをしているなかで、女の子のおねしょに関してさまざまなことが気になるママやパパもいるかもしれません。そこで女の子のおねしょについて聞いてみました。

30代ママ
うちの娘は6歳になりましたが、まだときどきおねしょをしてしまい、気になっています。他のお家のお子さんは、いつまでおねしょをしていたか知りたいです。
20代パパ
うちの子は、おねしょを頻繁にするので、私も繰り返されると余裕がなくなってしまいイライラしてしまします。おねしょをしたとき、どのような対応をしたらよいのか悩みます。
女の子のおねしょについて、いつまでおねしょをするのかや、おねしょをしたときの対応が知りたいという声が聞かれました。

そこで今回は、女の子のおねしょについて、おねしょが続くときの対応や声がけで意識したことなどを体験談を踏まえてご紹介します。

女の子のおねしょ事情

女の子のおねしょについて、いつまでおねしょをしているのかや、頻度が気になるママもいるようです。実際にどうだったかをママたちに聞いてみました。

おねしょをしていた時期

滑り台をすべる女の子
beeboys - stock.adobe.com
30代ママ
トイレトーニングが終わり、パンツになり、しばらくしてからおねしょをするようになりました。幼稚園入園後はおねしょをすることがなくなりました。
40代ママ
娘は6歳をすぎましたが、今でもときどきおねしょをしてしまうことがあります。入学前までにはおねしょがなくなるとよいと思っています。
おねしょをしてしまう時期が入園前までだったという子どもや、6歳をすぎてもときどきあるという子どももいて、子どもによってその時期はさまざまなようです。ママからは、おねしょはいつかは卒業できると割り切り、長い目で見るように心がけたという声も聞かれました。

頻度

30代ママ
寒くなってきて汗をかかなくなってきたことも関係あるのか、週に2~3回おねしょをするようになりました。
20代ママ
娘は、毎晩おねしょをしてしまします。日中にイベントなどで外出せずに、家ですごしていてもおねしょを繰り返しています。
週に数回や毎日とおねしょの頻度もさまざまなようです。ママのなかからは、寝る前にたっぷり水分をとった日にたまにおねしょをしてしまうことがあるという声も聞かれました。

おねしょが続くときの対応

女の子のおねしょが続くとき、ママたちはどのような対応をしたらよいのでしょうか。実際にママたちが取り組んだことをご紹介します。

規則正しい生活を心がける

30代ママ
以前休日で遅くまでお出かけをして、生活リズムが崩れたときにおねしょが続いたことがありました。それからは、生活のリズムが整うように早寝早起きを心がけました。規則正しい生活をしていると、おねしょの回数もいくらか減ってきたように感じます。
子どもの生活リズムが整うように意識したママもいるようです。また、子どもが安心して眠れるように、寝る前に絵本を読んだり親子でリラックスした時間を作るようにしたという声もありました。

水分量に気を配る

お茶を飲む女の子
polkadot - stock.adobe.com
40代ママ
うちの娘は、夕食時に麦茶などの飲み物をごくごく飲んでいたので、なるべく夕食後は水分を控えるように意識しました。おねしょの量が多少減ったように思います。
夕食後以降にとる水分量を意識しているママもいるようです。ママからは、夏場は汗をかくので、あまり気にせず飲ませていたという声も聞かれました。季節に応じて水分量を調整してみるのもよいかもしれません。

寝る前にトイレに行く

30代ママ
基本的なことかもしれませんが、寝る前に必ずトイレに行くように心がけています。一時間くらい前にトイレに行ったからと行かないこともあったので、寝る前にトイレに行く習慣ができたらよいなと思います。
就寝前にトイレに行くことで、親子ともに安心して眠ることができそうです。寝る前にトイレに行く習慣を身につけることで、おねしょの回数も少なくなるかもしれませんね。

おねしょ対策をしておく

40代ママ
布団に敷くシーツを防水のものにしておきました。あらかじめ対策しておくことで、おねしょをしてしまったときも、私自身気持ちに余裕がもててよかったです。
事前に防水タイプのシーツを活用し、おねしょ対策をとったママもいるようです。また、衛生面を考え、布団を洗濯しやすい丸洗いできるものにしたという声も聞かれました。おねしょに対して、さまざまな工夫することでママやパパも大らかに構えることができるかもしれませんね。

おねしょをしてしまったときの声がけで意識したこと

おねしょでをしてしまったとき、どのような声がけをしたらよいのか気になるママもいるかもしれません。女の子のママたちに声がけで意識したことを聞いてみました。

落ち着いた態度で

30代ママ
以前、おねしょをしてしまったときに叱ってしまい、子どもがおねしょを隠すようになりました。それからは、落ち着いた態度で接するように意識しました。
落ち着いた態度で子どもに接することを意識したママもいるようです。おねしょが続き睡眠不足になるとついイライラしてしまい子どもにも気づかれてしまうので、夫婦二人で協力して片づけをするようにしたというパパの声もありました。

子どもの気持ちに寄り添う

20代ママ
おねしょをしてしまったとき、一番つらいのは子ども自身という意識を持つようにしました。子どもの気持ちに寄り添うことで、私も「濡れていると気持ち悪いから着替えようね」と穏やかな口調で声がけすることができました。
子どもの気持ちに寄り添って声がけするように意識するとよいかもしれません。ママのなかからは、一旦、子どもの気持ちを受け止めるようにすることで子どもも安心するように感じるという声も聞かれました。

女の子のおねしょは焦らずに

眠そうな女の子
zilvergolf - stock.adobe.com

女の子がおねしょをする時期は、その子どもによってさまざまなようです。ママのなかからは、割り切って長い目で見るように意識しているという声も聞かれました。

あらかじめ防水シーツや丸洗いできる布団などを用意して対策しておくと、気持ちにゆとりができるかもしれませんね。子どもの気持ちに寄り添いながら、大らかな気持ちで見守っていけるとよいですね。

2019年12月15日

専門家のコメント
8
    かか先生 保育士
    小学一年生の娘は今でもごくたまにおねしょをします。
    朝起きた時におねしょまではいかなくても、パンツとズボンが濡れてるのはしょっちゅうです。
    寝る前に必ずトイレのお約束を守っていれば、おねしょをしても寝ている時の事なので、怒ることはありません。特にイライラもしませんが、あまりにも続くので少し心配はしてます。
    毎朝、パンツを交換してるので洗濯物が増えますが、実家に帰省してる時はそんな事がないので、緊張感だったり精神面も多少影響してるのかなと思います。
    とりあえず防水シーツはちゃんとひいて対処はしています。
    小学生3.4年生でも続くようなら病院で相談が必要だと思いますが、それまでは様子見でもいいかなと思っています。
    こいまま先生 保育士
    いつまでおねしょが続くのか、それはそれぞれなので一概には言えません。
    ただ、大人になるまでおねしょをしている…というのはそうないことです。
    大事なのはおねしょをしてしまった時に決して怒らないこと。
    「そんなのともあるよね」「お洗濯するから大丈夫だよ」「冷たかったね、着替えようね」なんでもいいので声をかけてあげて欲しいです。
    ゆか先生 保育士
    夕食中、夕食後に水分をたくさんとってしまうとおねしょに繋がる可能性があります。
    小学生高学年になっても週に何回かあるようなら夜尿症かもしれないですね。
    低学年でたまにするくらいなら特に問題はないと思います。
    日中ストレスを感じすぎてもおねしょしてしまう子もいます。
    おねしょしたときは起こらないことが一番ですね。
    本人が1番悔しいと思うので!
    のの先生 保育士
    おねしょ、仕方がないのは分かっているけど大変ですよね。特に朝は本当に大変ですよね。防水シーツ使っていると便利です。下まで染みないので助かります。防水シーツはビニール製なので、古くなったり劣化してきた場合は新しい物を用意した方がいいです。
    でぶいも先生 保育士
    頻度が多い場合は、お子さんのプレッシャーになっていることも考えられます。おねしょ=失敗感に繋がり、お母さんやお父さんが困る顔を見て更に失敗感が増してしまいます。一度おむつに戻して、本人が自信を持てる関わりをしていくことも必要かと思います。
    なこ先生 保育士
    しばらくは防水シーツをつけてました。あからさまに付けていると子どもがショックなので、こっそりと。
    洗濯の負担にならない方がいいですものね。
    ろろ先生 保育士
    子どもによっていつまで続くかはわからないのでしばらく安定するまでは敷布団とシーツの間に撥水シートを敷いておくと後処理が楽でいいかもしれませんね♪
    ただおねしょをしてしまうときは必ず原因があるので、寝る前に水分をとりすぎていないか、トイレにいって排泄したかなど大人が気にかけてあげてくださいね(*˙﹀˙*)
    よっしー【シッター】 保育士
    記事にもありましたが、冬になるとおねしょの頻度が増えるお子様は、日中こまめに水分を摂っていないことが考えられます。
    夏は暑いので喉の渇きを感じやすいですが、冬は逆でさらに自分から飲む量も減る傾向にあります。

    食事では、鍋やスープ・シチューが美味しい季節なので、水分を多く摂れるように工夫するのも方法です。
    また、夕食時や寝る前だけでなく、水分を摂って排出するリズムについても考えてあげて欲しいです。

    また、小学生になっても週に複数回おねしょがある場合、考えられる工夫をしても改善しなければ、医療に頼ることも大切です。
    体の機能的におねしょが避けられない子もいます。
    5年生で宿泊学習がある自治体が多いので、3年生でも改善が見込めない場合、受診する選択肢ももっていただきたいと思います。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧