生後0カ月の新生児が使うおしゃぶりの選び方。使うときに意識するポイント

生後0カ月の新生児が使うおしゃぶりの選び方。使うときに意識するポイント

生後0カ月以上などおしゃぶりの対象月齢を確認しよう

生後0カ月の新生児が使うおしゃぶりはどのようなものを選ぶとよいのかや、使い方について気になるママやパパもいるかもしれません。対象月齢として生後0カ月以上と記載されているおしゃぶりもあるようです。赤ちゃんが使うおしゃぶりの選び方や使うときに意識するポイントについてご紹介します。

生後0カ月のおしゃぶりの使い方

赤ちゃん おしゃぶり
Rawpixel.com/Shutterstock.com
赤ちゃんがぐずったときや、寝かしつけのときにおしゃぶりを使ってみようか考えるママやパパもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんは、お腹が空いたときや眠いとき、オムツを替えてほしいときに泣くことが多いでしょう。

おしゃぶりを吸うと、母乳やミルクを飲んでいるような感覚になり、心が落ちつく赤ちゃんもいるようです。ママやパパの育児を手助けしてくれるかもしれません。

おしゃぶりを嫌がる赤ちゃんもいるでしょう。赤ちゃんの様子を見ながら、おしゃぶりを使うかどうか判断をしましょう。

生後0カ月の新生児が使うおしゃぶりの素材

赤ちゃんが使うおしゃぶりの種類には、大きく分けると天然ゴム製とシリコン製の2つがあるようです。それぞれのおしゃぶりの特徴をご紹介します。

天然ゴム製

天然ゴム製のおしゃぶりは、やわらかく、赤ちゃんの口にフィットしやすいようです。吸う力が弱い新生児も使いやすいかもしれません。

天然ゴム製のおしゃぶりは劣化が早く、傷みやすいためこまめにお手入れする必要があるようです。おしゃぶりに傷がついた場合は使い続けずに交換しましょう。

シリコン製

シリコン製のおしゃぶりは、弾力があり、劣化しにくいと言われています。

煮沸消毒や薬液消毒、電子レンジ消毒など、哺乳瓶と同じように洗えるシリコン製のおしゃぶりが多いため、お手入れもしやすいでしょう。

生後0カ月の新生児が使うおしゃぶりの選び方

おしゃぶり
Africa Studio/Shutterstock.com
生後0カ月の新生児が使うおしゃぶりを用意するとき、どのようなことを意識して選ぶとよいのでしょうか。

対象月齢を確認しながら選ぶ

新生児用のおしゃぶりには、「生後0カ月以上」「Sサイズ」など対象月齢やサイズが表記されています。

生後3カ月頃に使うものや生後12カ月頃に使うものなど、赤ちゃんが使うおしゃぶりにはさまざまなサイズがあるため、生後0カ月の赤ちゃんが使えるおしゃぶりかどうか対象月齢を確認しながら選びましょう。

消毒しやすいものを選ぶ

赤ちゃんが使うアイテムは、消毒をして清潔に保ちたいですよね。

赤ちゃんが使うおしゃぶりは、素材や形状によって消毒方法が異なるため、お手入れしやすいものを選ぶとよいでしょう。

電子レンジで消毒できるように専用のケースがセットになったおしゃぶりもあるようです。

形状を確認しながら選ぶ

赤ちゃんが口にくわえる部分が平たいものや丸いものなど、おしゃぶりによって形状が異なるようです。

赤ちゃんが普段使っている哺乳瓶と同じような形をしているおしゃぶりを選ぶのもひとつのポイントです。

哺乳瓶と同じメーカーのおしゃぶりを選んでもよいかもしれません。

かわいいデザインのものを選ぶ

赤ちゃんが使うおしゃぶりは、幼児向けのキャラクターデザインのものや、カラフルなものなど、かわいいデザインがたくさんあります。

おしゃぶりを使う赤ちゃんの姿をイメージしながら、かわいいデザインを選ぶのもよいでしょう。

生後0カ月の新生児がおしゃぶりを使うときにママたちが意識するポイント

赤ちゃん おしゃぶり
Valua Vitaly/Shutterstock.com
生後0カ月の新生児がおしゃぶりを使うときに気をつけるポイントについてご紹介します。

長時間の使用を避ける

おしゃぶりを使うと、赤ちゃんがおしゃぶりに依存してしまうのではないかと気になるママやパパもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんが泣き止んだらおしゃぶりを外す、1日のおしゃぶりを使う時間を決めるなど使い方を意識しながら、長時間の使用は避けましょう。

コミュニケーションを取る

赤ちゃんがぐずったときにおしゃぶりを使うと、ママやパパとコミュニケーションを取る時間が減ってしまうと感じることもあるかもしれません。

赤ちゃんがおしゃぶりをしているときも、声をかけたり抱っこしたりなど赤ちゃんとふれ合いながらコミュニケーションを取るようにしましょう。

消毒する

赤ちゃんが1度使ったおしゃぶりは、細菌が繁殖しやすくなっているようです。煮沸消毒や薬液消毒など商品に合ったお手入れをして、清潔に保ちながら使いましょう。

おしゃぶりをはじめて使う際は、使用する前に1度消毒をしてから使うとよいようです。

赤ちゃんが寝ついたときや機嫌がよいときなど、タイミングを見ながら消毒しましょう。

生後0カ月の新生児に合ったおしゃぶりを用意しよう

赤ちゃん おしゃぶり
Monkey Business Images/Shutterstock.com
新生児期のおしゃぶりの使い方や選ぶポイントについてご紹介しました。

生後0カ月以上のものや生後3カ月の赤ちゃんが使うものなど、おしゃぶりによって対象月齢が異なります。

素材によって消毒方法にも違いがあるため、赤ちゃんとママが使いやすいおしゃぶりを選びましょう。

おしゃぶりの長時間の使用は避けて、赤ちゃんとコミュニケーションを取りながらおしゃぶりをうまく活用できるとよいですね。

2019年12月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧