ママ友との距離感はどうしている?関係に合わせた付き合いのポイント

ママ友との距離感はどうしている?関係に合わせた付き合いのポイント

ママ友との距離感や関わり方

ママ友とちょうどよい距離感をつかむのが難しいと感じる人がいるかもしれません。ママ友との距離感で意識するポイントや他のママがどのような関わり方をしているかが知りたい場合もあるでしょう。今回は、ママ友との距離感や関わり方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

ママ友とのちょうどよい距離感が知りたい

友達
elwynn/Shutterstock.com

ママ友とのちょうどよい距離感が気になる人もいるのではないでしょうか。ママ友との距離感についてママたちに聞きました。

20代ママ
子育ての悩みや楽しみを共有し、ランチやお互いの家に気軽に行けるような距離感のママ友もいれば、あいさつする程度の距離感のママ友の両方がいます。
30代ママ
会ったらあいさつしたり、子どもの話をしたりする程度の距離感がよいなと思います。
30代ママ
どのママ友とも深く交わりすぎないようにしています。それぞれの家庭で教育方針も異なるので、割とあっさりした付き合いになっています。

ママ友との距離感や付き合い方はそれぞれ異なるようでした。なかには、ママ友との距離感や付き合い方に悩むという声もあり、よい関係を作っていくためのポイントが気になるママもいるようです。

【関係別】ママ友との距離感で意識していること

ママ友達
elwynn/Shutterstock.com

ママ友との距離感では、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。ママ友との関係別に意識するポイントをママたちに聞きました。

同じ園に通うママ

30代ママ
お迎えの時間が重なったら、同じ方面なのでいっしょに帰ることもあります。お互いの家で遊んだこともあり、子どもも楽しそうでした。頻繁ではなく、適度な頻度で遊んだり、いっしょに帰ったりするよう意識しています。
30代ママ
『洋服かわいいね』などとちょっとしたことでも褒めるようにしてます。
20代ママ
園庭開放や参観では、ママ友の子どものことも気にかけるようにしています。行事でママ友の子どものよい写真がとれたら『よいショットが撮れたから送ってよい?』など聞いています。みんなで子どもたちの様子を話せるのはうれしいです。

子どもが同じ園に通うママとの距離感では、適度な頻度で遊んだり、ちょっとしたことでも話したりしているようでした。

顔を合わせる機会が多い子どもが同じ園に通うママ友とは、それぞれの生活を大切にしながら、会ったときに楽しく話せたらうれしいですね。

同じ職場のママ

30代ママ
前職で同僚だったママ友は、偶然近い年齢で子どもができた人が多かったので、積極的に子どもたち同士を遊ばせています。長年一緒に働いてきた仲間で信頼できるので、ママ同士で家庭のことやこれからのことなども相談しています。
20代ママ
職場がいっしょだったママ友とは、育休に入ってから連絡をとり合うようになりました。子育てのことでいろいろ聞いていたら以前より近い距離感になり、親子で遊ぶようになりました。職場復帰や保活のことも相談できてよかったです。

同じ職場のママとは、いっしょに働いていた経験から信頼関係が築きやすいという声がありました。家族のことや悩みなども話しやすいのかもしれません。

子どももいっしょに付き合うよう意識しているようでした。子育てを通して以前より親しくなる場合もあるようです。

近所のママ

20代ママ
近所に住むママ友には、旅行のお土産を持って行くようにしています。近所で子育てするうえで助け合っていけるよう、定期的に顔を合わせるよう意識しています。ママ友からもテーマパークの割引券や絵本など子どもがよろこびそうなものをもらったことがあります。

近所に住むママ友と親しくしているママもいるようです。生活リズムの違いから定期的に会うのが難しい場合もあるでしょう。

近くに住んでいる分、長い付き合いになったり、さまざまなことで助け合ったりすることもありそうですね。コミュニケーションをとるためにも、顔を合わせられるよう意識するとよいかもしれません。

【シーン別】ママ友との付き合い方のポイント

ママ友とどのように接しているか気になる人もいるのではないでしょうか。シーン別のママ友との付き合い方のポイントを聞きました。

あいさつや話すとき

20代ママ
会ったときに自分からあいさつをしたり、話しかけたりするようにしています。
30代ママ
保育園で知り合ったママ友は、働いているママ友が多いので無理に予定を合わせず、送り迎えで会ったときに話したり、お茶したりするようにしています。

ママ友と関わるうえで大切なあいさつでは、積極的に自分から声をかけることがポイントのようです。

予定を無理に合わせずに会ったときに話すようにしているママもいました。普段連絡をとり合わない場合でも、会ったときは楽しく話せたらよいですね。

相談にのるとき

20代ママ
最初は自分からオープンに接するようにしています。子育てで悩んだら相談して、励ましてもらったり、励ましたり、お互いのいろいろなことを共有しています。

悩み相談にのるとき、ママ友との距離感が近いと感じるのではないでしょうか。ママ友との関係によっては、子育て以外のことを話す場合もあるでしょう。

困ったときに助け合えるようコミュニケーションが取れるとよいですね。

食事や遊びに行くとき

20代ママ
子どもが同じクラスのママ友とお迎え前にランチに行きます。誘う頻度に気をつけています。
20代ママ
ママや子どもの誕生日にプレゼント交換したり、2人目の出産祝いを贈ったりします。最初は『ママ友ってこわいのかな?』と思っていましたが、今では心強い存在です。

親しい付き合いのママ友にも気遣いを忘れないことが大切かもしれません。食事や遊びに誘う頻度を考えたり、誕生日をお祝いしたりとママ友のことを気にかける気持ちが伝わるとよいですね。

子どもがいなくても、ママ同士が楽しくいられる関係は心強そうです。

お互いに気持ちよく付き合える距離感を目指そう

ママ友達
Rawpixel.com/Shutterstock.com

ちょうどよいと感じるママ友との距離感や付き合い方は人それぞれ異なり、ママ友との関係によって、意識するポイントもさまざまでした。

あいさつや会話をすることに加えて、子ども同士を遊ばせたり、お土産を渡しに行くなどしてコミュニケーションをとっているようです。

ママ友との距離感は、それぞれの生活スタイルや教育方針などの違いを尊重しながら、気持ちよく付き合えるとよいですね。

2019年12月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧