抱っこ紐のケースを選ぶポイント。手作りするときの手順やコツ

抱っこ紐のケースを選ぶポイント。手作りするときの手順やコツ

使いやすさを考えた素材選びなど

抱っこ紐を使っているママやパパのなかには、抱っこ紐のケースについて購入を迷うことや、手作りしてみたいと思うママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、抱っこ紐のケースが便利だと感じたシーンや選ぶときのポイント、手作り方法などについてママやパパの体験談も交えながらご紹介します。

抱っこ紐のケースとは?

抱っこ紐のケースは「収納カバー」などとも呼ばれているようで、主にキャリータイプの抱っこ紐などの収納に使うものだそうです。抱っこ紐を使っているママやパパからは、ケースを用意しようか迷っているという声や、手作りしてみたいという声も聞かれました。

今回は、抱っこ紐のケースを使う場面や選ぶときのポイント、ママたちの手作りした方法などについてご紹介します。

抱っこ紐のケースが便利だと感じたシーン

抱っこ紐のケースを使っているママやパパたちに、便利だと感じたシーンについて聞いてみました。

抱っこ紐をつけているとき

20代ママ
キャリータイプの抱っこ紐を使っています。赤ちゃんを抱っこしていないときに腰ベルトをつけたままだと、抱っこ紐の肩紐や本体部分が腰から垂れ下がってしまい、歩きにくく見た目にも気になっていました。抱っこ紐のケースを用意したことで、腰ベルトをつけたまま本体部分をコンパクトに収納できることが便利だと感じています。
赤ちゃんが抱っこを求めたり、抱っこ紐から出たがったりなど、抱っこ紐の脱着を頻繁にしなければならない場面もあるかもしれません。腰にベルトをつけたままでも抱っこ紐の本体部分をまとめられるケースは、肩紐などが垂れ下がらず動きやすくなったというママの声が聞かれました。

持ち運ぶとき

30代パパ
外出先に抱っこ紐を持って行くとき、抱っこ紐をまとめにくく荷物としてかさばるのが気になっていました。抱っこ紐のケースを使うと、小さくまとめてベビーカーのフックに引っかけられるので、移動も楽に感じます。
抱っこ紐のケースを使ったことで、抱っこ紐を持ち運びやすくなったと感じるパパもいるようです。抱っこ紐を使わないときに、バッグのように斜めに背負っているというママの声も聞かれました。

抱っこ紐のケースを選ぶときのポイント

抱っこ紐のケースを使っているというママやパパに、抱っこ紐のケースを選ぶときのポイントについて聞いてみました。

サイズ

30代パパ
インターネットで抱っこ紐ケースを注文するとき、事前に使っている抱っこ紐が入るかどうかサイズを確認しました。抱っこ紐ケースの説明書きに、使用対象とされている抱っこ紐のメーカーが記載されていたので、それを参考にサイズ感をイメージして選びました。
抱っこ紐のケースを選ぶとき、使っている抱っこ紐を収納できるかどうかケースのサイズをポイントに選んだというパパの声がありました。インターネットなどで注文する場合は、対象サイズやメーカーなどを確認するとよいかもしれません。

素材

20代ママ
抱っこ紐ケースは、赤ちゃんとの外出のシーンで使うことが多いアイテムなので、汚れることもあるかもしれないと考えました。洗濯できる素材のケースを選んだのですが、自宅の洗濯機で丸洗いできるところが気に入ってます。
抱っこ紐のケースを選ぶとき、洗濯できるかなど素材をポイントに選んだママもいるようです。他にも、汚れをさっと拭き取れるものなど、お手入れの簡単な素材を選ぶようにしたというママの声も聞かれました。

機能

30代ママ
小さめのファスナーポケットがついた抱っこ紐ケースを選びました。ポケットにスマホや小銭入れを入れることができ、近所への外出のときなど荷物が減ったように感じます。
抱っこ紐のケースに小さめのポケットがついているものなどもあるようです。抱っこ紐をつけているときにポケットの中身をサッと取り出しやすく、外出に便利だと感じているというママの声も聞かれました。

デザイン

20代パパ
抱っこ紐ケースは、夫婦どちらも使いやすいように無地のシンプルなデザインのものにしました。それぞれのファッションにもあわせやすく、夫婦ともによく使っています。
抱っこ紐を夫婦で使うことも考えて、男女兼用しやすいデザインを選んだというパパの声もありました。抱っこ紐のケースには、色や柄、留め具などさまざまなデザインのバリエーションがあるようなので、好みにあったものを探してみるとよいかもしれません。

抱っこ紐ケースを手作りするとき

ママやパパのなかには、抱っこ紐のケースを手作りで用意したいと考える方もいるかもしれません。実際に、抱っこ紐のケースを手作りしたことのあるママたちに、抱っこ紐ケースの作り方について聞いてみました。

ケースタイプの作り方

30代ママ
抱っこ紐の肩ひもなどを折りたたみ、縫いしろなども考えながら全体を包めるくらいの大きさの布を用意します。布の上下を3つ折りにして縫い、左右を1から2cm程度折り返して縫いつけてゴムの通し口を作ったら、平ゴムを通して両端を縫いつけます。布の上下の部分にスナップボタンをつけたら完成です。
スナップボタンの他にも、留め具に面ファスナーなどを使って抱っこ紐ケースを手作りしたママもいるようです。抱っこ紐のケースを手作りするときは厚手の生地を使い、スナップボタンや面ファスナーは強度のあるものを使うと、しっかりとしたケースができるかもしれません。

薄い布を使う場合などは、裏地をつけて手作りしたママの声も聞かれました。

バンドタイプの作り方

30代ママ
手芸用品店でバックルと幅広ゴムを用意し、折りたたんだ抱っこ紐をゴムバンドでくくって留められるものを簡単に手作りしました。ゴムの部分に、はぎれで作ったカバーやくるみボタンをワンポイントとしてつけるなど、見た目にもこだっていて気に入っています。
折りたたんだ抱っこ紐を、ゴムバンドでまとめるバンドタイプの抱っこ紐ケースを簡単に手作りしたというママの声もありました。しっかりと抱っこ紐を固定できるように、ゴムの幅や伸縮の加減を確かめながらちょうどよいゴムを用意できるとよいかもしれませんね。

使いやすい抱っこ紐のケースを選ぼう

抱っこ紐を使わないとき、コンパクトにまとめておくために専用のケースを用意したママやパパもいるようです。ケース選びのポイントとして、使っている抱っこ紐がしまえるかや、お手入れしやすい素材かなどを意識したというママの声が聞かれました。

抱っこ紐ケースを手作りする場合は、しっかりした強度のある材料を用意すると長く使えるかもしれません。抱っこ紐のケースを使うシーンなどもイメージしながら、それぞれ使いやすいものを用意できるとよいですね。

2019年11月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧