臭わない袋や消臭グッズを使ったオムツの臭い対策。オムツの収納方法とは

臭わない袋や消臭グッズを使ったオムツの臭い対策。オムツの収納方法とは

臭わない袋の代用品について

赤ちゃんのオムツの処理や、ゴミ出しをするまでの管理について気になるママやパパもいるかもしれません。オムツが臭わない袋を使っている家庭も多いようですが、代用品にはどのようなものがあるのでしょうか。オムツの処理方法や、収納方法についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

オムツを扱うときのママたちの悩み

使用済みのオムツの臭いや、購入したオムツの収納方法について気になっているママもいるかもしれません。

住んでいる地域や住居によってオムツをゴミに出せる曜日や頻度は異なるでしょう。

オムツをすぐに捨てることができず、家に溜めなければならない場合もあるかもしれません。

使用済みのオムツの扱い方や収納方法の悩みをママたちに聞いてみました。
30代ママ
兄弟2人のオムツを捨てているとすぐにゴミ箱がいっぱいになるので、週に2回ある燃えるゴミの日を1日でも忘れるとゴミ箱に捨てられなくなり、大変でした。
30代ママ
オムツ用の臭わない袋に入れてゴミ箱に捨てていますが、ゴミが増えるとどうしても臭いが気になってしまいます。
20代ママ
オムツを買ったあと袋のまま部屋に置いておくと、子どもの遊び道具になってしまい、部屋中にオムツが散乱してしまうこともありました。
30代ママ
オムツはとにかく場所を取るので、スマートに収納できたらなと思います。
オムツの臭い対策に追われているママたちがいました。子どもが複数いる場合、ゴミの量も多いためゴミ出しが大変だと感じることもあるようです。

購入したオムツは袋から出すか、袋のままにするか悩むこともあるかもしれません。よく使うオムツは、使いやすいように収納したいですよね。

オムツの収納方法

オムツ
iStock.com/StockPlanets
ママたちはオムツを購入後、どのように収納しているのでしょうか。
30代ママ
袋から出してカラーボックスに入れています。普段使うときは床に置いていますが、来客がある場合は、カラーボックスごと押し入れにしまって収納しています。
30代ママ
すぐに使わないオムツは袋のまま押し入れにしまい、今すぐ使うオムツは取っ手がついた籠に入れて収納しています。オムツといっしょに保湿クリームや綿棒なども入れているので使いやすいです。
購入したオムツを袋から出すというママが複数人いました。部屋の雰囲気に合ったデザインの収納グッズを用意するのもよいですね。

子どもが複数いてサイズの異なるオムツがある場合は、違う色のボックスにオムツをわけて収納すると使いやすいかもしれません。

オムツ以外に、おしりふきなどのベビー用品をいっしょに収納するのもひとつの方法でしょう。

オムツの処理方法

オムツ
iStock.com/lostinbids
使用済みのオムツの処理方法についてご紹介します。

オムツ用の臭わない袋に入れる

30代ママ
うんちがついたオムツはどうしても臭いが気になるので、オムツ用の臭わない袋に入れて捨ててます。
20代ママ
オムツ用の臭わない袋に入れて捨てると、臭いがそこまで気にならないのでよく使っています。
オムツ用の臭わない袋を使用しているママは複数人いました。うんちの臭いが気になる場合に使うことが多いようです。

密閉できるゴミ箱に捨てる

30代ママ
オムツ専用の密閉できるゴミ箱を使っています。臭いがすっかり消えることはありませんが、少しは良くなったと思います。
サイズやデザイン、機能などさまざまな種類の密閉できるゴミ箱があります。ゴミ箱をトイレに置いたり、ベランダに置いているママがいました。

オムツの汚れに合わせて捨て方を変える

30代ママ
おしっこのオムツはそのまま捨てていますが、うんちがついたオムツは臭いがしないように普段よく使っている小さいポリ袋に包んで、しっかり結んでからゴミ箱に捨てるようにしています。
オムツ用の臭わない袋の代用品として、ポリ袋を使用しているママがいました。料理に使える食品用の袋でも代用できるようです。

うんちがついたおむつは、ポリ袋を二重にして臭い対策をしているママもいました。

オムツの臭い対策のポイント

オムツの臭い対策で工夫していることについてママたちに聞いてみました。
20代ママ
うんちがついたオムツは、そのまま捨てずにうんちをトイレに流してから捨てています。そうすると臭いもだいぶ違います。
30代ママ
消臭シートをゴミ箱に貼っています。貼るだけで簡単に臭い対策ができました。(30代ママ)
30代ママ
オムツをゴミ箱に捨てるときに、ゴミ箱内に消臭スプレーを吹きかけています。それでも臭う場合はゴミ箱周辺の壁にも使っていました。
30代ママ
オムツ用のゴミ箱の上に消臭剤を置いています。以前よりも臭いが気にならなくなりました。
ゴミ箱に捨てる前にうんちをトイレに流したり、消臭グッズを使いながら対応しているママたちがいました。

ゴミ出しの日が来るまでオムツを溜めなければならない場合もあるでしょう。捨て方を工夫しながら臭い対策をするとよいかもしれません。

臭わないように工夫しながらオムツを処理しよう

オムツ
iStock.com/kuppa_rock
オムツ用の臭わない袋や、密閉できるゴミ箱を使用しながらオムツを処理しているママたちの声がありました。

臭わない袋の代用品として、料理に使うポリ袋なども活用できるようです。

オムツの処理や収納方法は、さまざまな工夫のポイントがあります。ご家庭のやり方にあった方法で、オムツの臭い対策や処理をできるとよいですね。

2019年09月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧