2歳、3歳の女の子をもつパパの子育て。遊びやしつけのポイント

2歳、3歳の女の子をもつパパの子育て。遊びやしつけのポイント

パパにしかできないことを考えよう

2歳、3歳の女の子をもつパパのなかには、子どもとの関わり方が気になっている方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、パパが2歳、3歳の女の子と楽しむ遊びや、しつけるときのポイント、女の子を育てるときに意識していることを、体験談を交えてご紹介します。

2歳、3歳の女の子を育てているパパの悩み

2歳、3歳の女の子を育てているパパは、どのようなことが気になっているのでしょう。パパたちに子育ての悩みを聞いてみました。

30代パパ
2歳になってから遊びの幅が広がってきた娘と、どのように関わりながら遊べばよいかわからず悩んでいます。私と娘とで楽しめる遊びを知りたいと思います。
20代パパ
3歳の娘がイヤイヤ期に入ったためか、約束したことを守ってくれません。どのようにしつけをすればよいのか悩んでいます。
2歳の女の子といっしょに楽しめる遊びや、3歳の女の子のしつけで悩んでいるパパがいました。女の子の好きな遊びを経験したことがないパパにとって、いっしょに楽しめる遊びがいくつかあれば関わりやすいかもしれません。

2歳、3歳の女の子と楽しむ遊び

絵本
iStock.com/CHUYN

2歳、3歳の女の子とパパとで楽しむ遊びにはどのようなものがあるのでしょう。実際に子どもが喜んでくれた遊びを、パパたちに聞いてみました。

人間飛行機

30代パパ
うちの子は私といるときには必ず「飛行機やって」とせがみます。3歳になって体重が増えたために妻が娘を持ち上げることが難しくなったので、人間飛行機は私の役目になりました。娘にせがまれるのも私の楽しみになっています。
子どもを足で持ち上げたり頭より高く上げたりする人間飛行機は、パパにしかできない遊びかもしれません。2歳や3歳の女の子は飽きずに何度もせがむこともあるようですが、子どもの嬉しそうな笑顔を見るためならできるだけ楽しませてあげたいですよね。

絵本の読み聞かせ

40代パパ
娘は絵本が大好きなので、私もときどき読み聞かせをしています。妻はていねいに読んであげているのですが、私は少しアレンジして内容を面白く変えて読んでいます。娘に「パパ違うよ」と言われるのも楽しいと感じています。
パパならではの絵本の読み聞かせも、3歳頃の女の子に喜ばれそうです。絵本にないことを創作して話し、子どもが「明日は続きをお話ししてね」と言ってくれるのを楽しみにしているというパパの声もありました。

プールで水遊び

30代パパ
休日には3歳の娘をプールに連れて行き、いっしょに水遊びを楽しんでいます。ときには大人用のプールに入って私が娘を背負って泳ぐこともあるので、休みの前日には「明日はパパとプールに行きたい」とせがまれ、嬉しく感じています。
3歳くらいになると、パパと二人でプールに出かけることもできるかもしれません。普段は子ども用の浅いプールで水遊びを楽しんでいる子どもも、パパといっしょなら大人用の深いプールに入って潜って遊ぶこともできそうです。

2、3歳の女の子をしつけるときのポイント

2歳をすぎると何でも自分でやりたいと言って、パパやママを困らせる女の子もいるかもしれません。パパたちに2歳、3歳の子どものしつけのポイントを聞いてみました

子どもにわかる言葉で話をする

女の子
iStock.com/ziggy_mars
40代パパ
3歳になって自分の主張をするようになった娘と話すときは、わかりやすくやさしい言葉を使うようにしています。子どもにわかる言葉で話すことで、私や妻が考えていることを子どもなりに理解してくれるのではないかと思います。
イヤイヤ期の女の子にわかりやすい言葉で伝えることをポイントにしているパパがいました。ひと言ひと言ゆっくりていねいに話すことで、自分の思う通りにならずに泣いている子どもにもパパの言葉が伝わりやすいかもしれません。

約束を決めておく

30代パパ
娘は2歳になってから遊びの種類が増え、おもちゃをたくさん使うようになってきました。遊びをやめて片づけることがなかなかできないので「ママやパパが遊びは終わりにしようと言ったら、すぐに片づけ始めよう」と約束しました。
おもちゃの片づけをママやパパの言葉でいっしょに始めると約束しておくと、子どもも気持ちを切り替えて片づけてくれるかもしれません。パパのなかには、子どもがなかなか取りかからないときには「約束したよね」とだけ言っているという声もありました。

大げさに褒める

40代パパ
妻や私に褒められると張り切って行動するようになったので、よいことをしたときには大げさに褒めるように心がけています。小さなことも見逃さずに褒めることで、どのように行動することがよいのかわかってくれるのではないかと感じています。
2歳、3歳の頃の女の子はママやパパに褒められると、次も褒められるようにしようと張り切ることがあるようです。歯みがきをする度に「しっかり磨けたね。とってもえらいよ。」と声をかけることで、自分から歯みがきをするようになったというパパの声もありました。

女の子を育てるときに意識していること

女の子を育てるときには、どのようなことを心がけるとよいのでしょう。パパたちに、2歳、3歳の子どもと関わるときに意識していることを聞いてみました。

スキンシップを充分に取る

30代パパ
娘は2歳になって「ママがいい」と言うことが増えてきたので、できるだけ多くスキンシップを取るように心がけています。早く帰宅できたときには娘といっしょに遊んだりお風呂に入ったりすることで、仲よくなれるようにしています。
2歳くらいになると、寝かしつけるときなどに「ママがいい」と言う女の子もいるようです。毎日短時間でも子どもとスキンシップを取ることで「パパがいい」と言ってくれるようになるかもしれません。

ママと子育てについてしっかり話しあう

20代パパ
娘の子育てについて機会がある度に妻と話しあうことを心がけています。3歳の娘は自分の主張をすることが多くなってきたので、夫婦で同じように対応をして娘が迷わないようにしようと考えています。
2歳、3歳の頃の女の子は、自分がやりたいことなどを言葉で主張するようになるかもしれません。ママとパパが常に同じように対応することで、子どもも自分の主張が正しいのか判断しやすくなりそうです。

2歳、3歳の女の子の子育てを工夫しよう

パパ
Monkey Business Images/Shutterstock.com

2、3歳の女の子を育てているパパたちは、子どもといっしょに楽しめる遊びやしつけの仕方について悩んだり考えたりしているようです。子どもが約束を守ったときには、大げさに褒めることを心がけているパパがいました。

2歳をすぎると自分の主張をし始める女の子もいるようですが、子どもの話をよく聞いてていねいに対応するなどの工夫をしながら、パパも子育てを楽しめるとよいですね。

2019年09月12日

おすすめユーザーのコメント
1
    ys
    女の子へのパパの関わり方が難しいとよく聞きます。 夫婦で同じ対応を心がけて子どもが迷わないようには大切だなと思いました。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧