育児に役立つ本を使ってパパも子育てを楽しもう!本の選び方など

育児に役立つ本を使ってパパも子育てを楽しもう!本の選び方など

育児の本を使ってよかったこと

育児のための本について気になっているパパもいるかもしれません。今回の記事では、パパにとって育児本は必要なのかや本を選ぶポイント、育児や家事のノウハウが書かれた本など、実際に使っている育児本や使ってみて感じたことを、パパたちの体験談を交えてご紹介します。

パパに育児の本は必要?

育児に参加しようと考えているパパにとって、育児に関係する本は必要なのでしょうか。子育て中のパパに聞いてみました。

30代パパ
初めての育児でわからないことがさまざまあるので、育児の本は必要だと思います。子どもの世話をする際に、家事や育児で忙しい妻に頼らずに対応できることもあり、助かっています。
20代パパ
私は子育てで知りたいことは育児のためのサイトで調べているので、育児本は使っていません。必要と感じたら購入しようと考えています。
育児でわからないことを自分で調べるために、育児の本は必要と考えているパパがいました。育児関係のサイトにはさまざまなアドバイスが掲載されているようですが、いつでもどこでも開くことができる本も使いやすいかもしれません。

そこで今回は、パパのための育児に役立つ本についてご紹介します。

育児の本を選ぶポイント

パパ向けの育児の本はどのように選ぶとよいのでしょう。本を選ぶときのポイントをパパたちに聞いてみました。

基礎知識が載っている

哺乳瓶
iStock.com/stevanovicigor
40代パパ
私はミルクの作り方や赤ちゃんの体調に関係することなど、育児についての基礎知識が載っている本を選んでいます。妻が外出したときに、ミルクを作ったりおむつを交換したりする方法が書かれている本があると助かると思います。
赤ちゃんのお世話の仕方など、育児についての基礎知識が書かれていることを選ぶポイントにすることもあるようです。離乳食を食べ始めた赤ちゃんのお世話をするために、量や食べさせ方などが書かれた本を購入したというパパの声もありました。

悩みに応じた対応が書かれている

30代パパ
2歳になってイヤイヤ期が始まり、対応の仕方で悩むことが増えてきたので、育児に関するQ&Aが書かれている本を選ぼうと思いました。育児のための本は、困っているときに参考にできるものがよいと感じています。
子どもの年齢にあわせた育児について書かれていることを選ぶポイントにしたパパがいました。子どもが成長してくると育児の悩みも変わってくるかもしれません。それぞれの事象にあう対応の仕方が書かれていると、子育てに役立ちそうです。

読みやすい

30代パパ
平日は仕事や家事などで忙しく本をじっくり読む時間がないので、簡単に読めるかどうかをポイントに選んでいます。子どもへの声のかけ方などがイラストでわかりやすく説明されていると、妻が忙しいときに積極的に育児に参加することができます。
育児に役立つ本を選ぶときには、読みやすさをポイントにしてもよさそうです。子育て中はパパも仕事や家事で忙しく、本を読むことが難しい場合もあるので、イラストや写真などを使ってわかりやすく書かれた本は使いやすいかもしれません。

パパたちが使っている育児の本

子育て中のパパたちは、どのような育児の本を使っているのでしょう。実際に使っている本について聞いてみました。

医療関係者が書いた育児本

40代パパ
育児で心配になるのは子どもの病気や成長に関することが多いので、医療関係の方が書いた育児本を使っています。子どもが急に発熱したときや嘔吐をしたときにも、対応の仕方が詳しく書かれていて助かります。
子どもの病気などについて詳しく書かれた本を使っているパパもいるようです。子どもは自分の体調について言葉で説明できないこともあるので、医療の専門家が書いたり監修したりしている育児本は、パパの役に立ってくれそうです。

育児や家事のノウハウが時間軸で書かれた本

本
Melinda Nagy/Shutterstock.com
30代パパ
私は妻がいない日に子どもの世話をしっかりできるように、育児や家事の仕方が時間を追って説明されている本を使っています。子どもが寝ているときや一人遊びをしているときに、書いてあることを確認しながら育児と家事の両方をこなしています。
育児と家事のノウハウが書かれた本も使いやすそうです。朝から夜までの行動パターンの時間軸が載っていれば「子どもがお昼寝をしている間に洗濯物を片づける」といった作業も手際よくこなせるかもしれません。

漫画で描かれた育児本

20代パパ
子どもとの関わり方が漫画で描かれている本を、ときどき読んでいます。絵を見ることで子どもへの対応の仕方をある程度覚えられるので、失敗して落ち込んでいる子どもを見たときにすぐにやさしく声をかけることもでき、使いやすいと感じています。
育児について漫画で描かれた本も使いやすそうです。子どもと接する際に起こるさまざまな状況を漫画で読むことで、育児のポイントを理解しやすいかもしれません。漫画のなかのパパの表情も参考にしているという声もありました。

パパが育児本を使って感じたこと

育児の本を使っているパパたちは、どのようなことを感じているのでしょう。育児本を使ってよかったことを聞いてみました。

ママと協力しやすくなった

30代パパ
育児の本を参考にして積極的に子どもの世話ができるようになったので、子育てで妻と協力しやすくなりました。私も子どものお風呂上がりの世話ができるようになったため、妻と交代で子どもとの入浴を楽しんでいます。
育児の本を読んで子どものお世話の仕方に自信をもつことができると、ママと協力しやすくなるかもしれません。育児の本を参考にしながら、子どものしつけについて夫婦で話しあうことが増えてきたというパパの声もありました。

子どもと楽しくすごすことができた

40代パパ
育児の本を使うことで子どもとの留守番が楽しくできるようになりました。以前は子どもが泣き出すとどうすればよいかわからず困ることがありましたが、本に書かれている声のかけ方を参考に、落ち着いて対応できるようになってきました。
子どもと楽しくすごすために育児の本が役立っていると感じたパパもいるようです。子どもとの関わり方が年齢別に書かれた本もあるようなので、成長にあわせて言葉のかけ方などを工夫してみるとよいかもしれません。

育児本をパパの子育てに役立てよう

親子
szefei/Shutterstock.com

パパ向けの育児の本はさまざまあるので、必要に応じて利用するとよさそうです。本に書かれたことを参考にして、育児も家事も手際よくこなせるようになったというパパがいました。

子育て中はママとしっかり協力することができるように、使いやすい育児本を選んで役立てることができるとよいですね。

2019年08月31日

専門家のコメント
1
    なえ先生 保育士
    わたしの住む市町村には、母子手帳と一緒に父子手帳も配布されています。 そこには、妊娠から出産後の育児に関することまで、様々な情報が記載されています。 また、カラーのイラストなども豊富で、お父さんが読みやすく、わかりやすいような工夫もされています。 母は、妊娠した時からお腹の中で子育てを始めています。 父はどうしても「生まれた時から父親になる」感覚かと思いますが、 母だけが先に子育てを始めるのではなく、父も妊娠が分かったと同時に子育てに参加する気持ちでいることが大切なのではないかと思います(^^) 父子手帳は、そういった気持ちを高めてくれる一つのアイテムになると思います。 生まれてから慌てることなく、どっしり構えて待っていられるくらいの、かっこいいお父さんを目指しませんか(o^^o)

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧