映画館や美術館などで知っておくべき子どものマナーとは

映画館や美術館などで知っておくべき子どものマナーとは

コンサートや劇場など

美術館や映画館など子どものマナーについて気になるママやパパもいるでしょう。劇場やコンサート、ライブで子どもが周りの迷惑にならないか心配だとせっかくの鑑賞も楽しめないかもしれません。ママたちの体験談を参考に、守るべき子どものマナーについてご紹介します。

鑑賞をする時に守るべき子どものマナー

子どもといっしょに映画館やライブなどを鑑賞する際、周りに迷惑をかけないように注意しているママやパパは多いのではないでしょうか。

映画館や劇場、ライブでは前の席を蹴らないように注意したり、先にトイレに行っておくなど共通のマナーがあるでしょう。

その他美術館をはじめ、場所によって守るべきマナーが異なるようです。体験談を参考にご紹介します。

美術館の子どものマナー

展示
Pla2na/Shutterstock.com

子どもといっしょに美術館に行きたいときもあるでしょう。美術館ではどのようなマナーを守ればよいのでしょうか。

ガラスケースや展示品には触れないようにする

美術館に展示されている作品に触れてしまうと作品を壊してしまう恐れがあります。

ガラスケースに触れると指紋がついてしまったり、展示品を壊してしまいかねないため、子どもには展示品、ガラスケースに触れないように伝えていたママもいるようです。

静かにゆっくり鑑賞する

美術館内で走ってしまうと人にぶつかったり、作品にぶつかってしまうことがあるでしょう。

美術館は特に静かに鑑賞したい人が多いため、話をするときは小さな声で話すようにし、館内は走らないように子どもに伝えるとよいのではないでしょうか。

美術館は静かで大人が多いイメージがあるというママの意見もありました。

マナーをしっかり伝えると、子どもといっしょに楽しめるかもしれません。

映画館の子どものマナー

子ども向け映画を見に行くときもあるでしょう。映画館ではどのようなマナーがあるのでしょうか。

おしゃべりしない

映画中はおしゃべりしないように伝えるママもいるかもしれません。

子どもはつい興奮して話し声が大きくなってしまうことがあるでしょう。

「映画の内容について話したくなったら映画のあとに話そうね」と事前に子どもに話しておくというママの意見もありました。

食べ物を食べるときは静かに

映画中食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりすることもあるでしょう。

子どもは無意識に音をたててしまうことがあるので、食べ物や飲み物は静かに飲食するように伝えているというママの意見もありました。

こぼしてしまうと周りの人に迷惑をかけるため、こぼさないようにママが食べ物を持つなど工夫しているようです。

子どもが楽しみにしている映画を楽しむためにも、事前にマナーを確認したうえで映画館に行くとよいでしょう。

劇場の子どものマナー

劇場
peych_p/Shutterstock.com

子どもと劇場に行くこともあるでしょう。劇場ではどのようなマナーがあるのかご紹介します。

カジュアルな服は避ける

劇場にはドレスコードがない場合でも派手すぎず、フォーマルな服を着せていくママもいるでしょう。

長時間座っていることになるため、子どもは座りやすく疲れにくいコーディネートがよいかもしれません。

劇場の空調に合わせて羽織りものを持っていくというママの意見もありました。

帽子や、お団子ヘアは他の人の邪魔になるかもしれないため、避けるとよいでしょう。

飲食はしない

劇場にもよりますが、飲食禁止の劇場がほとんどでしょう。

子どもはお腹がすくとぐずってしまうことがありますので、上演前にご飯は食べておくとよいかもしれません。

劇場では途中で休憩がある場合があるため、お腹が空いてしまった場合は「もうちょっとで休憩だからね」と声をかけてあげるとよいでしょう。

事前に飲食禁止かどうか確認してから劇場に行くとよいかもしれません。

ライブ・コンサートの子どものマナー

子どもが音楽が好きな場合はライブやコンサートに行って楽しみたいと思うこともあるでしょう。ライブ、コンサートのマナーをご紹介します。

子どもがぐずったときは退出する

ライブやコンサートで子どもがぐずってしまったときは退出しているというママの意見もありました。

特に静かになるシーンで子どもが騒いでしまうと他の人の迷惑になるでしょう。ぐずってしまったときは1度退出して子どもが落ち着くまで待つとよいかもしれません。

ライブやコンサートの場合は対象年齢が3歳以上、6歳以上などイベントによって異なるため事前に確認しておくとよいでしょう。

子どものことで周りに迷惑がかかりそうな場合は、子連れOKのコンサートに行っているというママの意見もありました。

うちわや被りものはルールに合わせる

ライブやコンサートにうちわを持って行ったり、被りものをしていきたい場合もあるかもしれません。

演出上許されている場合もありますが、後ろの人の視界の妨げになったり周りの人の迷惑になる可能性があるため、事前に公演のルールを確認しておきましょう。

鑑賞はマナーを守って楽しもう

ライブ鑑賞
Valentina Strada/Shutterstock.com

子どもと映画館やライブなどに出かけるからには、楽しい思い出を作りたいでしょう。

子どもと鑑賞を楽しむためにも事前にマナーは確認しておくとよいかもしれません。

美術館や映画館には年齢制限はありませんが、劇場やコンサートには年齢制限がある場合があるため事前に確認しておくとよいのでしょう。

各会場のマナーを守って子どもと楽しくすごしましょう。

2019年08月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧