慣らし保育の期間はどのくらい?乗り越え方や期間中の仕事について紹介

慣らし保育の期間はどのくらい?乗り越え方や期間中の仕事について紹介

慣らし保育中のトラブルの対処法

慣らし保育の期間について気になるママやパパもいるかもしれません。期間はどれくらい必要でその期間仕事はどうするのか知りたいと思うのではないでしょうか。ママたちの体験談をもとに、慣らし保育中の乗り越え方やトラブルの対処法などをご紹介します。

慣らし保育の期間

慣らし保育の期間はどのくらいなのでしょうか。ママたちの意見を参考にご紹介します。

0歳

0歳の慣らし保育
iStock.com/imacoconut

0歳児の慣らし保育の期間は、初日は入園式、その後は1日毎に2時間、3時間と時間を増やしていき、園にもよりますが、1~2週間ほど慣らし保育をするようです。

0歳ということもあり、保育園に慣れるのが早いというママの意見もありました。

1歳

1歳から登園させる場合、0歳児に比べて自分がどのような状況に置かれているのか理解できてくる時期のため、慣らし保育に時間がかかることがあるかもしれません。

慣らし保育期間は0歳児と同様、初日は1時間からはじめ、徐々に慣れさせていく園がほとんどのようで、期間は1~2週間程が多いようです。

ママたちの意見によると、園によって慣らし保育の期間はさまざまなようです。

なかなか園生活に慣れない場合は、年齢に限らず慣らし保育に長い時間をかける場合もあるという意見もありました。

慣らし保育を乗り越える方法

慣らし保育
iStock.com/paylessimages

慣らし保育中は子どもが泣いてしまったり、登園したがらないこともあるでしょう。園に慣れるのに時間がかかると慣らし保育が延長する可能性もあるようです。

ママたちはどのように慣らし保育期間を乗り越えたのでしょうか。

園と連絡を取り合う

30代ママ
不安なことがあれば園に相談したり、連絡帳に書いたりしていました。

子どもが不安を感じているとママまで不安に思うこともあるでしょう。先生に園の様子を聞いたり、どう対応すべきかを聞くなど対応しているママもいるようです。

なるべく早めに園から離れる

30代ママ
泣いている姿をみるとかわいそうで、私まで悲しくなりました。でも園を立ち去って子どもが園に早く慣れるように対応していくと、時間が経つにつれて子どもも楽しむようになってきました。

初めての園生活では子どもが泣いてしまうこともあるでしょう。

ずっと見守っていたい気持ちもありつつ、子どもが早く慣れるようにお見送りするときはなるべく早く園から離れていたというママもいました。

家で子どもとの時間をとる

慣らし保育の対処法
iStock.com/kohei_hara
30代ママ
家に帰ってきたら、いつもよりも子どもとの時間をとるようにしました。
30代ママ
子どもは平気そうに見えてもストレスを感じていることがあるようだったので、慣らし保育中はより注意して子どもと接しました。

保育園や幼稚園に通うことで、家で子どもとすごす時間が少なくなってしまうため、家では子どもとの時間をたくさん取るようにしたというママの意見もありました。

慣らし保育中は子どもはもちろん、ママたちも不安を感じているようです。子どもが園生活を楽しめるようになるために、さまざまな対策をしているようですね。

慣らし保育中仕事はどうする?

慣らし保育中、仕事はどうしていたのでしょうか。ママたちの体験談を聞いてみました。

30代ママ
慣らし保育中はいつ園から連絡がくるのかわからないので、有休を使っていました。

慣らし保育中の対応ができるように仕事をお休みしていたママもいるようです。その他、時短勤務をして対応したというママもいました。

また、慣らし保育を理由に育休を延長したいというママもいるでしょう。

育休の延長は会社との話し合いをすれば検討してくれることもあるようです。会社に相談してみるとよいでしょう。

慣らし保育中に起こりうるトラブル

慣らし保育中、思わるトラブルに対応せざるをえないこともあるでしょう。想定されるトラブルと対処法をご紹介します。

体調不良

慣らし期間中に体調不良になってしまう子どももいるでしょう。

初めての園生活で子どもが他の子どもから風邪をもらったという経験をしたママもいるのではないでしょうか。

お迎えにいったあとは看病をしつつ、頑張って園に行ったことを褒めてあげたというママの声もありました。

登園したがらない

子どもが「行きたくない」と、家を出ようとしないこともあるかもしれません。

ママたちは「終わったらお迎えにいくからね。」「園に行ったらお友だちいるよ。」など声をかけていたようです。

どうしても登園したがらないときに備えて、園の先生に対処法を聞いておくとよいかもしれません。

慣らし保育期間は園や子どもによってさまざま

慣らし保育の期間
iStock.com/bee32

ママたちの体験談によると、慣らし保育の期間は0歳、1歳など、年齢や園の決まりによってさまざまなようです。

子どもの状況によっては慣らし保育期間を延長することもあるようですが、子どもが園生活に慣れるためにも先生と連絡を取りあったり、家で子どもとすごす時間を増やすなどして対応するとよいかもしれません。

慣らし保育期間は園から連絡がある場合があるため、すぐに対応できるように有休を使ったり、時短勤務しているママもいるようでした。

子どものペースを大事にしながら慣らし保育期間を過ごしたいですね。

2019年07月31日

専門家のコメント
2
    ゆき 保育士
    初めて長くお母さんから離れるということでやはり子供は大泣きします。 しかしそんな時は保育士に任せてお母様はすっと教室から出て行き、気になることは連絡帳に書くといいでしょう。 基本は1週間ですが、1週間すぎてもやはり泣く子はいます。 でもおやつも食べて、少しでも遊べれば最初よりもかなり成長しています!ただおやつも飲み物も拒否してしまう子は慣らし保育をすこし延長したりしますが… 必ずいつか大丈夫になりますのでご安心ください。
    よっしー【シッター】 保育士
    お子様をお預かりする側からの意見ですが、慣らし保育中はいきなりフル稼働することをお勧めしません。 お子様が慣れないのもそうですが、保護者様もいきなりの生活の変化でストレスを感じやすくなると思います。 子どもの環境適応の能力は素晴らしいですが、それは家庭や保育者に対する安心感の上で発揮されるもの。 子どもの力を過信せず、保育園に送り出す時・お迎えに行く時、しっかりとお子様に向き合えるよう、ゆったりと構えていただきたいと思います。 良いスタートを切ることで、子育て+仕事の生活リズムも整い、良い循環が生まれると思いますよ。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧