慣らし保育で送り迎えをするパパ。慣らし保育に関わったパパが困ったことと対処法

慣らし保育で送り迎えをするパパ。慣らし保育に関わったパパが困ったことと対処法

パパが慣らし保育の送り迎えをしてみてよかったと思ったこと

慣らし保育が始まるとパパも保育園に関わる機会があるかもしれません。慣らし保育で送り迎えをしていたというパパはいるのでしょうか。また、パパはどんなときに慣らし保育の大変さを感じたのでしょうか。慣らし保育で困ったことと対処法、よかったことなどをママやパパからの体験談を交えてご紹介します。

パパは慣らし保育に関わっていた?

保育園
New Africa/Shutterstock.com

子どもが入園するとほとんどの保育園では慣らし保育からスタートするようです。育児の負担を減少させるためパパに慣らし保育に関わってもらいたいと考えているママも多いのではないでしょうか。

慣らし保育には誰が関わっていたのかについて聞いてみました。

30代ママ
主に私でしたが、祖母も送り迎えをしてくれていました。
30代ママ
預かり保育中は仕事の関係で妹に送迎をお願いしていました。

ほとんどの家庭ではママあるいは祖母などが保育園の送り迎えをしていたようです。仕事の時間の都合により送りはパパ、迎えはママと役割を分担していたという家庭も少なくないようです。

実際にパパはどのようなときに慣らし保育に関わっていたのでしょうか。

30代ママ
私が出産のため入院したので、夫や実家の母に送り迎えをお願いしていました。

パパが預かり保育に関わっていたケースは少ないようですが、下の子の出産でママが入院している間はパパに送り迎えを頼んでいたというママもいるようでした。ほかにも体調不良などでママが送り迎えに行けないときには、パパが上の子どもの慣らし保育の送り迎えをしていたという声もありました。

パパが慣らし保育で大変に感じたことと対処法

実際に慣らし保育に関わったパパはどのようなときに大変さを感じ、どのように乗り切っていたのでしょうか。

子どもが泣きやまない

泣いている 女の子
iStock.com/ziggy_mars
30代パパ
何日目からか送迎のときに泣くようになりました。

保育園へ送りのときに子どもが泣いて困ってしまうというパパは少なくないようです。パパと保育園で離れるのを嫌がって子どもが泣いていると子どもを置いて離れることが心苦しいというパパが多いようです。

なかなか泣き止まない子どもに対してパパはどのように対処したのでしょうか。

30代パパ
先生がその都度子どもを引き取りに来てくれたり親切に対応してくれたので、保育園に滞在する時間が延びることなくなんとかなりました。

子どもが泣いていれば保育園の先生が親身に対応してくれるようです。子どもが泣いていても先生に笑顔で子どもを預けて速やかに保育園を離れることで、子どもも少しずつ気持ちの切り替えができるように成長していくでしょう。

保育園のルールに慣れない

30代パパ
初めは持ち物をどこに置いたらよいのかなど、登園の仕方に慣れませんでした。

おむつや着替えなどを指定の場所に置いたり子どもの様子を先生に伝えるなど、送りのときの保育園での言動に戸惑ってしまうというパパの声がありました。

慣れない保育園のさまざまなルールで困ったとき、パパはどう対処したのでしょうか。

30代パパ
持ち物のことなどで迷ったら思い切って先生に聞くようにしました

持ち物で準備するものや足りないもの、どこに置けばよいのかなど、困ったことはその都度先生に聞いてみることが大切なようです。

パパが少ない

保育園の送り迎えはママが多く、ママたちの中に入って送り迎えをすることに躊躇してしまうパパもいるのではないでしょうか。保育園の先生も女性がほとんどという環境のなかで、なかなか馴染めなかったというパパもいるようです。

慣らし保育期間中に保育園の先生や周りのママと笑顔で接することで、パパも徐々に保育園の環境に慣れるとよいですね。ほかの子どものパパが送り迎えをしていたらパパ友になれる機会があるかもしれません。パパ友ができると送り迎えにより行きやすくなるかもしれませんね。

パパが慣らし保育に関わってよかったこと

30代パパ
子どもだけでなく自分も保育園に慣れることができた期間でした。
30代ママ
保育園に通い始めた最初の段階でパパがしっかり関わってくれたおかげで、パパの中に『保育園の対応は夫婦で協力してやっていくこと』という意識がついたのかなと思います。

保育園の先生やほかの子どものママパパにいろいろ相談もでき、子どもの成長の手伝いができたことに喜びを感じたというパパもいるようでした。子どもと接する時間が増え子どもが以前よりなついてくれるようになったと感じるパパもいました。

慣らし保育でパパも保育園デビューしてみよう

パパと女の子
iStock.com/Yagi-Studio

仕事復帰したばかりのママのサポートや、出産などでママが入院中のときに、育児休暇中のパパが慣らし保育の送り迎えをしていたというケースもあるようです。ママは育児の負担を減らすこともできて助かるのではないでしょうか。

パパが慣らし保育の送り迎えに関わることで、徐々に保育園に慣れていく子どもの成長を感じることもでき感動したという声もありました。困ったことなどいろいろ相談できるパパ友に出会えるきっかけになるかもしれません。

パパも子どもといっしょに保育園デビューしてみてはいかがでしょうか。

2019年07月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧