朝に子どもがぐずるときの対処法は?ぐずる子どもとの接し方について

朝に子どもがぐずるときの対処法は?ぐずる子どもとの接し方について

子どもはいつまでぐずることが多いのか

忙しい朝に子どもがぐするとき、どのように対応したらよいのか悩むこともあるでしょう。いつまでぐずっていたのか、ぐずっていた子どもの年齢と朝に子どもがぐずったときの対処法についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもが朝ぐずるとき

忙しい朝に子どもの支度や自分の身支度に負われると子どもとゆっくり接することができずに困ることもあるでしょう。朝に子どもがぐずるシーンについてママたちに聞いてみました。

30代ママ
2歳から3歳ごろに、子どもとママが眠っているところにパパが起こしに来ると『パパはいや』と朝からぐずることがありました。
30代ママ
3歳ごろから服へのこだわりが強くなり始めたので自分で服を選びたがるようになったのですが、服選びに対してこちらが提案をすると泣きながらぐずり、嫌々着替えるということがよくあります。
30代ママ
朝、おでかけの準備をするときに子どもの機嫌が悪くてなかなか準備が進まず、朝食も時間がかかってしまい、ママやパパが『早く食べて』と言うと余計ぐずります。

子どもの気持ちとママやパパの思いがすれ違ってしまうこともあるかもしれませんよね。2人目の子どもが生まれてから上の子がぐずることが多くなったと感じているママもいました。

朝の時間に子どもがぐずるときの対処法

朝日
iStock.com/elenaleonova

朝に子どもがぐするときの対処法についてママたちに聞いてみました。

スキンシップをたくさんとる

30代ママ
子どもがぐずるときはぎゅっと抱きしめたりスキンシップをとるようにしています。それでもぐずるときはしばらくそっとしておいたり、子どもが落ち着くまで待つようにしていました。

子どもの身体にそっと触れたり、やさしく抱きしめてあげると気持ちが落ち着くかもしれませんね。

子どもの気分が高まっているときはあえて距離をとって様子を見ているというママもいました。

子どもの気持ちに寄り添う

30代ママ
朝ごはんのメニューや服を嫌がってぐずるときは、子どもの話をよく聞くようにしています。子どもの気分に合わせて対応できるように白米だけでなくパンも用意しています。

普段よく食べている朝ごはんを嫌がったり、お気に入りの服を着てくれないこともあるでしょう。子どもの気分に合わせて、朝ごはんのメニューを変更したり、着る予定の服を何着か前日に準備しておくのもひとつの方法かもしれません。

興味をほかのことに向かせる

30代ママ
ぐずる子どものイライラが少しでもおさまるように、子どもの好きな歌や朝にやっている教育番組などのテレビを流して他のことに興味が向くようにしていました。

子どもがぐずるとき、ただ怒るのではなく子どもの気持ちを落ち着かせるために音楽やテレビを流すという対処法もあるようです。子ども自身がイライラしていることを忘れられるように会話の流れを切り替えているママもいました。

ママとパパで協力しあう

夫婦
iStock.com/Milatas
30代ママ
ママが子どもの相手をしているときに、朝ごはんの準備やお弁当作りをパパがするなど2人で協力しながら朝をすごしています。役割を決めて行動すると時間に少し余裕を持てる気がします。

ぐずる子どもと接してるときは他のことを進められないこともあるでしょう。ママとパパで助け合えると準備にかかる時間など朝のすごし方も変わってくるかもしれませんね。

子どもがぐずるのはいつまで?

子どもは何歳ごろまでぐずることが多いのでしょうか。

30代ママ
3歳になった今、2歳のころよりもぐずる頻度が多くなったような気がします。いろいろ分かるようになった分、ぐずるポイントが増えたのかもしれません。
30代ママ
4歳でもぐすることはありますが、何をどうしたいかなど、子どもが具体的に提案してくるようになったので、よく話し合うようになりました。
30代ママ
2歳のころは特によくぐずっていましたが、小学生に入学してからもぐずることはありました。泣いてぐずることは少なくなったかなと思います。

子どもはいつまでぐずるのかの年齢についてはそれぞれの子どもで異なるようでした。

保育園や幼稚園、また小学校など、生活環境が変わることによってぐずることがあるかもしれません。ぐずる原因を理解して子どもの話を聞いてあげられるとよいですね。

気持ちよく朝をすごせるように

あくびをする女の子
iStock.com/OkinawaPottery

子どもが朝にぐずるとき、どのように接してあげるとよいのか悩むこともあるでしょう。ママたちは、家族と協力したりいつも以上にスキンシップをとったり、子どもの気持ちに寄り添うなど朝ぐずる子どもにさまざまな対処法を取り入れて朝をすごしているようでした。

子どもがいつまで、何歳までぐずるのかの年齢に関しては2歳や3歳、4歳などそれぞれで違いがあるようです。

朝の時間に余裕を持てるようにスケジュールを見直しながら対応したりして、気持ちよく朝をすごせるとよいですね。

2019年07月19日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧