夫婦の幸せとは。幸せを感じたエピソードや暮らしのなかで心がけていること

夫婦の幸せとは。幸せを感じたエピソードや暮らしのなかで心がけていること

夫婦が笑顔でいられるための工夫

人生をともにすごす夫婦。普段は意識していなくても、夫婦の幸せとはどのようなものかと考える場面もあるかもしれません。今回は夫婦でいることに幸せを感じたエピソード、喧嘩をしてしまったときの対処法や夫婦が笑顔でいるためにしていることについて、ママやパパの体験談をご紹介します。

夫婦の幸せとは

夫婦の幸せをママやパパはどのように考えているのでしょうか。現在の夫婦生活を幸せと感じているか、どのような場面で幸せを感じるかについて聞いてみました。

30代ママ
夫が家事や育児に協力的なのがうれしいです。子どもと夫が二人で遊んでいて笑い声が聞こえると幸せだなと感じます
30代パパ
たまに二人でデートに出かけたときに、いっしょに楽しいことをしたりおいしいものを食べたりすると幸せを感じます
30代ママ
幸せと感じる場面はあまり思いつかないです……お互い好きなことをできる時間が持てているところはよいなと思います

子どもを通して感じる幸せや夫婦二人の場面で感じる幸せもあれば、夫婦二人でいることよりそれぞれの時間を持てていることに満足しているなど、夫婦の幸せはいろいろな形があるようです。

夫婦の幸せを感じたエピソード

子供の工作
iStock.com/elena_hramowa

日常のなかで幸せを感じる場面はさまざまあるようです。ママたちに聞いた印象に残っているエピソードをご紹介します。

30代ママ
主人と子どもが出勤と登園でいっしょに『行ってきます』と元気に出かけて行ったとき、『行ってらっしゃい』と言いながらこう言える相手がいるって幸せだなぁとしみじみ感じました。登園途中に歩きながら子どもの写真を撮影している主人とポーズを決めている娘の姿を後ろから眺めていて、二人とも朝から幸せそうで私も幸せな気分になれました
30代ママ
子どもが保育園で工作を作ってきて、照れながら『はい、どーじょ』と渡してくれたときはとっても幸せでした。主人も子どもが日々成長していく姿を見るのが何より幸せと感じていて、両家の祖父母が子どもをかわいがってくれている姿を見ると家族ってよいなと思います
30代ママ
夫が私の職場の近くに仕事の用事で来る機会があり、仕事の合間にランチに誘ってくれました。おいしいご飯を食べて何気ない話をしながら、恋人時代と環境は大きく変わっても二人ですごす時間を大切にしてくれることを感じ、幸せな時間でした

イベントごとなどの特別な場面でなくても、日常の何気ない出来事のなかで幸せを感じることができるようです。

ママたちからは、夫婦で築いた家族の絆に触れたときに幸せを感じたという声や、家事や育児から離れて夫婦二人の時間を持てたときに幸せと感じたという声がありました。

幸せな夫婦でいるためにしていること

夫婦の関係を良好に保つためには、普段からの心がけも大切なようです。どのようなことを意識しているのかママやパパに聞いてみました。

感謝の気持ちや愛情を伝える

30代ママ
さりげなく主人のよいところを褒めたり、ちょっとしたことでもお互いに『ありがとう』を言い合うようにしています
30代ママ
傍から見たら恥ずかしい夫婦かもしれませんが、お礼だけだなく『好き』などの愛情も言葉でストレートに伝え合っています。喧嘩が重なるときでも根本的には大切に思っているということを伝えておくのは大切だと思います

感謝や愛情を言葉にしているというママの声がありました。態度や行動で伝わる場合もあるかもしれませんが、言葉にしてはっきり伝えることも大切かもしれません。

感謝の言葉を大事にすることでそばで聞いている子どもにも自然にお礼が言える子になってほしいというママや、特別な日でなくてもたまにちょっとしたプレゼントを用意するというパパもいました。

家事や育児を分担する

洗濯機と洗濯物
iStock.com/Choreograph
40代パパ
家事や育児は『できるほうがやればよい』という姿勢で、妻に任せすぎないようにしています
30代パパ
些細なことでも任せきりにせず、何事も協力するという姿勢が大切なのかなと思います

パパたちからは、おうちのことを二人で協力するように意識しているという声がありました。家事や育児を通じてママや子どもとの絆も深まりそうですね。

コミュニケーションを大切にする

30代パパ
年に数回、夫婦二人だけですごす日を作っています。また月に数回は子どもが寝た後にお酒を飲みながら映画などを見て楽しむ時間を持っています
30代ママ
喧嘩をしたことはありませんが、お互いの気になるところは『~はよくないと思う』と日常会話の中で話し合いをしています
30代ママ
育児で悩んだことはその都度相談しています。いっしょにいない時でも、育児に関する気になる記事をインターネットでみつけたらメッセージアプリで共有したりしています

夫婦二人ですごすことを大切にしているというパパの声や、気になることは話し合うようにしているというママの声がありました。楽しみや悩みを共有することはよい夫婦関係保つために大切でしょう。

喧嘩を引きずらない

30代ママ
思うところがあるときは『相談があるから話を聞いて』と前置きしてから、こうしてほしいなど意見を話すようにしています。主人は私がイライラしていてもあえて触れず普段どおり接し、触発されないスタンスを持っている気がします。そんな主人の態度を見て私のイライラもおさまることが多いです

喧嘩をしても次の日まで険悪な雰囲気をひきずらないよう気をつけたり、お互いの不満を解消できるよう話し合うという声がありました。

ママやパパはいっしょにすごすなかで、よい関係でいるために気をつけるべきさまざまなポイントを見つけ、工夫しながら暮らしているようです。

笑顔で向き合える夫婦でいよう

赤ちゃんを見守る夫婦
iStock.com/Yagi-Studio

夫婦の幸せとは家族の絆を感じたり相手からの愛情を感じること、というママやパパがいました。日ごろ意識することはなくても、他の夫婦のエピソードを聞いて自分たち夫婦の幸せに気づく場合もあるでしょう。

二人が笑顔ですごすためには、今ある環境を当たり前と思わずお互いに思いやりを持ち続けることが大切かもしれません。夫婦で向き合いながら自分たちにあった幸せを見つけられるとよいですね。

2019年05月30日

おすすめユーザーのコメント
1
    muu
    きもち、ことば、だいじ。

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧