ベビーカーの虫除けは必要?吊り下げタイプなどの種類や選び方

ベビーカーの虫除けは必要?吊り下げタイプなどの種類や選び方

ママたちに聞いたベビーカーの虫除け方法

ベビーカーの虫除けを選ぶとき、吊り下げタイプや虫除けスプレー、日よけとしても使える虫除けカバーなど、何を選んだらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、ベビーカーでの外出時に虫除けは必要か、ママが選んだ虫除けのタイプと、使うときに気をつけることについてご紹介します。

ベビーカーのお出かけで虫除けは必要?

ベビーカーでお出かけするとき、虫除けは必要なのか気になるママもいるのではないでしょうか。実際に、ママたちに虫除けを使ったのかどうか聞いてみました。

30代ママ
虫除けは毎回というわけではなく、外出先によって使うことがあります。周りに草木の多いバーベキュー場でのイベントに参加したときは、虫除けを利用しました。
40代ママ
ベビーカーでお出かけをするとき、虫は気にならなかったので虫除けは必要と感じませんでした。その代わりとして、虫が少ない時期でも、普段から肌を出さない服装で出かけるように意識していました。

ベビーカーでお出かけするとき虫除けが必要かどうかは、行く場所や時期などによってさまざまなようです。虫除けを用意したい場合は、虫除けの種類や使い方などが気になるかもしれません。

実際に、ママたちはベビーカーでお出かけするときどのような虫除けを使っていたか聞いてみました。

ベビーカーでのお出かけに使った虫除けの種類

ベビーカーで使う虫除けには、どのような種類があるのでしょうか。ママたちに使った虫除けの種類について聞いてみました。

吊り下げタイプ

吊り下げる虫除け
iStock.com/Evgen_Prozhyrko
20代ママ
ベビーカーに簡単に取りつけられるように吊り下げる虫除けを使いました。赤ちゃんが触らないように赤ちゃんの目につきずらいところに吊り下げました。

簡単に取りつけられる吊り下げタイプの虫除けを使ったママがいるようです。ママのなかには、つけ外しが簡単なものを選ぶと、ベビーカーを使わないときは部屋で使うこともできて便利だったという声もありました。

虫除けカバータイプ

30代ママ
虫除けだけでなく日よけとしても使えるカバータイプを使っています。うちの子は敏感肌で刺激に弱いタイプだったので、虫除けカバータイプは薬液を赤ちゃんに直接噴霧する必要がない点も気に入っています。

虫が赤ちゃんに近づかないように虫除けカバーを使ったママもいるようです。虫除けカバーを選ぶときはベビーカーにあったサイズを選ぶように気をつけたという声もありました。

赤ちゃんにつけるタイプ

30代ママ
リストバンドタイプの虫除けを使いました。色や柄など豊富なデザインから選べるので、アクセサリー感覚で使えます。赤ちゃんの腕や脚につけるだけでなくベビーカーや私の腕にもつけて利用しています。

リストバンドタイプの虫除けを使ったママがいるようです。他にも、虫除けシールを赤ちゃんの洋服やベビーカーに貼りつけたという声もありました。

赤ちゃんの肌に塗るタイプ

40代ママ
虫をしっかりガードした。4いと考え、虫除けスプレーを肌に吹きかけて使っています。肌だけでなく服やベビーカーにもスプレーをかけるようにしています。

肌に直接つけるスプレータイプを使っているママもいるようです。ママのなかには、赤ちゃんがスプレーを吸い込まないように塗って使うジェルタイプを使っているという声もありました。

ベビーカーの虫除けを選ぶときに気をつけること

虫除けスプレー
iStock.com/Yevhenii Orlov

ベビーカーの虫除けを選ぶときに、どのようなことを気をつけたらよいのか気になるママもいるかもしれません。ママたちに、虫除けを選ぶときに気をつけたことを聞いてみました。

対象年齢

20代ママ
赤ちゃん用の虫除けであっても年齢によって使えないものがあるようです。虫除けを選ぶときは、パッケージで対象年齢を確認します。

赤ちゃんにあった虫除けを選ぶために対象年齢を確認するママがいるようです。ママのなかには、天然素材を使って虫除けスプレーを手作りしたという声もありました。

使用回数

30代ママ
虫除けスプレーなど直接塗るタイプの虫除けは、1日に使える回数が決められていることがあります。朝のお散歩と夕方のお散歩で使いたかったので1日2回以上使えるものを選びました。

1日に虫除けを使いたい回数を考えて選んだという声がありました。ママのなかには、赤ちゃんの肌の様子にあわせて使用回数を変えたという声もありました。

アイテム毎の持続時間

40代ママ
虫除けスプレーやつる下げるタイプなど種類によって持続時間が異なります。お出かけする場所やつけ直しができるかどうかによって、虫除けを選ぶようにしています。

虫除けはタイプによって持続時間が異なるようで、用途にあわせた持続時間の虫除けを選んでいるようです。ママのなかには、交換や塗り直しをしなくてよいように持続時間の長い虫除けを選んだという声もありました。

虫除けを使うときのポイント

ベビーカーでのお出かけで虫除けを使うときのポイントをママたちに聞いてみました。

シーンにあわせて使いわける

30代ママ
昼間のお散歩は吊る下げタイプの虫除けを使っているのですが、夕方など虫の多そうな時間帯は、スプレータイプと併用しています。両方使うことで虫がよってきにくくなるのではないかと考えました。

虫の多そうな時間帯は2種類の虫除けを使うのもよいかもしれません。出かける場所に応じて虫除けを使いわけているという声もありました。

使用後は洗い流す

20代ママ
虫除けスプレーを使った後は必ず洗い流すようにしています。簡単に洗い流せるように、お湯で落ちるタイプの虫除けを使うと便利です。

赤ちゃんの肌に虫除けスプレーなどを使った後は、洗い流すことを意識しているママがいるようです。他にも、服に虫除けスプレーをかけた後は洗濯をするという声もありました。

赤ちゃんやシーンにあわせて虫除けを選ぼう

公園でベビーカーに乗る赤ちゃんとママ
iStock.com/RoBeDeRo

ベビーカーでお出かけするときの虫除けは、吊り下げタイプや虫除けスプレーの他に、日よけにも使える虫除けカバーなどさまざまな種類があるようです。虫除けは、対象年齢や使用回数などを確認し選ぶとよいでしょう。

ベビーカーでお出かけするときは、赤ちゃんの様子やシーンにあわせた虫除けを選んでみてはいかがでしょうか。

2019年05月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ