【調査】保育園選びは「家・職場からの近さ」と「雰囲気」重視

【調査】保育園選びは「家・職場からの近さ」と「雰囲気」重視

「#保育園落ちた」この投稿から約3年、まだまだ各地では保育園の入園に苦戦を強いられている声もあるようです。保育園の入園は選んだから入れるものではないが、実際に入園した方はどのような基準で選んでいるのでしょうか。保育施設のホームページ制作などを手掛ける株式会社ネクストビート(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:三原 誠司)は、幼稚園/保育園選びに関するアンケート調査を実施いたしました。

幼稚園/保育園選びで重視した(重視する)事

保育園のお友達
maroke/Shutterstock.com
幼稚園/保育園選びで重視した(重視する)事は?

「家・職場から近い」次いで「園全体、園、園児の雰囲気が良い」を重視するという結果になりました。

幼稚園/保育園選びで最も重視した内容と理由

「家から近いところを選びました!夫婦共働き+私が不規則勤務のため主人にも送り迎えをお願いする都合上、家から近いが必須条件でした」(岡山県、34歳、正社員、1歳児のママ)

「共働きで働きたいので近くに保育園があると送り迎いがしやすいし、子供が帰りをまたなくてすむからです」(愛知県、22歳、専業主婦、0歳児のママ)

「家から近いこと。毎日のことなので」(東京都、40歳、正社員、5歳児のパパ)

「家からの距離。送迎にかける時間を最短にしたいから」(神奈川県、38歳、正社員、3歳児のママ)

「園の雰囲気。特に先生と園児のコミュニケーションの取り方」(宮城県、31歳、パート・アルバイト、1歳児のママ)

「先生の雰囲気。子どもが行きたいと思える保育園がよいから」(東京都、27歳、正社員、1歳児のママ)

「雰囲気。先生方の笑顔や挨拶を見ていた。余裕がなくては保育理念も実践できないと思うので」(神奈川県、34歳、正社員、2歳児のママ)

実際に園を選ぶときに参考にした情報

実際に園を選ぶときに参考にした情報は何?

園を選ぶ際に参考にした情報は「園の見学、説明会」が2位「知人などからの口コミ」3位「園のホームページ」を引き離し、首位という結果でした。実際の雰囲気はやはり園に足を運ばないと分からないという一方で、見学が平日日中に限られるケースがほとんどであるが為に、保育園選びは、産休・育休中のママ1人でせざるを得ない状況に懸念の声も。

「園のホームページが充実していれば、実際に園に足を運びづらいパパの意見も反映した上で園選びができる」というコメントもいただきました。

実際に園を選ぶときに最も重視した内容と理由

「園の見学。行ってみて園の雰囲気、施設、特徴などがはっきりわかった」(兵庫県、28歳、専業主婦、1歳児のママ)

「画面上や伝聞では分からない事があるので、園の見学会での印象や子供の様子は特に注視しました」(神奈川県、29歳、正社員、1歳児のママ)

「やはり知人などからのクチコミです。嫁いできた先で土地勘がなかったので、初めは義母や周りのママにいろいろ教えてもらいました」(岡山県、34歳、正社員、1歳児のママ)

「知人からの口コミ。自分の目で見ることも大事だけど、他の人からの意見も大事」(北海道、32歳、専業主婦、2歳児のママ)

「クチコミサイトはよくチェックしました。いろんな年に実際に入園した人が書き込んでいるので、入園時の面接の有無や園の雰囲気なども知れてよかったです。(…が、マイナスな物は削除されるのは有名な話なので、いい面を知るためだけに使った感じです。)」(岐阜県、32歳、専業主婦、3歳児のママ)

園のホームページで、より充実してほしい情報

園のホームページで、より充実してほしい情報は何?

園のホームページでより充実してほしい情報については、「園全体、先生、園児の雰囲気」が分かる情報がほしいという声が最多となりました。 

【調査概要】
調査対象: 株式会社ネクストビートが運営する子育て情報メディア「KIDSNA」のSNS(Instagram, Facebook, Twitter)閲覧者
調査日:2019年2月22日~28日
調査方法: 株式会社ネクストビートが運営する子育て情報メディア「KIDSNA」のSNS(Instagram, Facebook, Twitter)上にてアンケート配信を実施
有効回答数:65名

調査リリース https://www.nextbeat.co.jp/news/3693
株式会社ネクストビートでは、保育施設向けのホームページ制作サービス「KIDSNA キズナウェブパック」も運営しています。スマホ対応でいつでもどこでも見やすく、写真・動画も多用し、施設の雰囲気を感じ取って頂きやすいホームページ制作を行っています。
https://kidsna-webpack.com/

ホームページの充実は、未就園児の保護者向けの情報発信の場としてだけでなく、在園児や地域住民への理解・協力促進にもつながり、よりスムーズな園運営が可能になります。また、人材獲得の面でも有効です。先月2019年2月に保育士向けに実施したアンケートでも、就職活動中に参照する情報として「園のウェブサイト」が就活サイトに登録/就職・転職業者の合同説明会に参加に次いで、3位にランクインしました。
https://www.nextbeat.co.jp/news/3433

2019年03月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧