2歳児にベビーカーは必要?買い替えについてや嫌がるときの工夫

2歳児にベビーカーは必要?買い替えについてや嫌がるときの工夫

ベビーカーを使うシーンはどんなとき?

子どもが2歳になりコンパクトなベビーカーに買い替えるか、ベビーカーなしでもよいかなど悩むママもいるかもしれません。今回は旅行や疲れて歩かないときなどのベビーカーが必要なシーン、おもちゃを用意するといったベビーカーを嫌がるときの工夫について、ママたちの声を集めました。

2歳になってベビーカーを買い替えた?

子どもが2歳頃になり、それまで使っていたベビーカーを買い替えようか考えるママもいるのではないでしょうか。なかにはベビーカー自体が必要なのか、ベビーカーなしの生活も可能なのか悩むママもいるかもしれません。ママたちに、子どもが2歳になってベビーカーの買い替えをしたか聞きました。

A型ベビーカーをそのまま使った

「我が家では新生児期を過ぎてから初めてベビーカーを用意しました。すでにお座りができる時期になっていたこともありA型のなかでもコンパクトなタイプを選びました。2歳になってからも特に不便を感じることもなくA型ベビーカーを利用しています」(30代ママ)

2歳になっても変わらずベビーカーをそのまま利用することもあるようです。ママのなかには、A型ベビーカーを購入する時点で長く使うかどうかを考えて選んだという声もありました。

セカンドベビーカーに買い替えた

ベビーカー
iStock.com/Marc Bruxelle

「2歳になると生活リズムも一定になり、子どもも体力がついたと感じたので、日帰り旅行など一日を通して外出する機会が増えました。しかし夕方になると疲れて歩かないこともあるので、外出中に持ち歩いてもなるべく邪魔にならないような軽量タイプのセカンドベビーカーに買い替えました」(30代ママ)

2歳頃になり、セカンドベビーカーに買い替えたママもいるようです。ママのなかには、2歳頃になると子ども自身で歩く機会も多くなることから、コンパクトな作りで子どもが乗らないときは持ち歩きやすいよう、軽量なタイプを用意したという声もありました。

ベビーカー自体を卒業した

「上手に歩けるようになってきた1歳後半頃から徐々にベビーカーに乗るのを嫌がることが増え、2歳をすぎてからはベビーカーをほとんど使わなくなりました。お出かけのときはベビーカーなしなので、お店ではショッピングカートを利用したり、疲れたら休憩するなど子どもの様子にあわせて行動することもあります」(30代ママ)

2歳をすぎるとベビーカー自体を卒業することもあるようです。ママのなかには、自宅のベビーカーは処分したものの、お出かけ先によってはレンタルのベビーカーなどが設置されていることもあるので、必要に応じて予約することもあるという声もありました。

【シーン別】2歳頃の子どもにベビーカーが必要なとき

ヨチヨチ歩きの1歳の頃と比べると足どりがしっかりとして長く歩けるようになる2歳頃の子どもに対しても、ときにはベビーカーが必要に感じることもあるかもしれません。実際に、ママたちにどのようなシーンでベビーカーが必要と感じたのか聞きました。

旅行や長時間の外出するとき

「旅行で知らない場所に出掛けたときなどは行程が予定通りにならないこともあります。休憩場所を探すのも大変なので、ベビーカーを持参して子どもの様子に応じて使えるようにしています」(30代ママ)

「家族で一日中出かけるときは、途中で子どもが疲れて歩かないことも考えベビーカーを持っていくようにしています。夫婦2人いれば、子どもが乗らないときも片方が子どもと手を繋ぎ、片方がベビーカーを押せるのであまり邪魔に感じません」(40代ママ)

2歳児との旅行や長時間外出する場合にベビーカーが必要と感じるママもいるようです。ママのなかには、旅行では普段のお出かけより荷物が増えるので、子どもが歩かないときにはカートのように使えて便利だったという声もありました。

荷物が多く両手が塞がるとき

たくさんの紙袋
iStock.com/ConstantinosZ

「買い物したときなど、荷物が多いときは歩き疲れた子どもに抱っこをせがまれたときにベビーカーを必要と感じます。長く抱っこしてあげられないので、ベビーカーに子どもを乗せ、荷物をベビーカーに掛けて歩くようにしています」(30代ママ)

荷物が多いときもベビーカーが必要と感じるママもいるようです。ママのなかには、荷物で両手が塞がってしまうと手を繋げないので、買い物した帰りなどはベビーカーに子どもを乗せて置けると安心と感じたという声もありました。

下の子が生まれたとき

「下の子が生まれてから3人で出かけるときに上の子をベビーカーに乗せるようになりました。下の子を抱っこしていると上の子の急な動きに対応しずらかったので、ベビーカーに乗ってくれると助かりました」(30代ママ)

下の子が生まれたときにベビーカーが必要になることもあるようです。ママのなかには、上の子と下の子を交互に抱っこ紐で抱っこできるように、ベビーカーは買い替えず、下の子にあわせてA型を使い続けたという声もありました。

2歳児がベビーカーを嫌がるときの工夫

2歳頃の子どもは自分で歩きたい気持ちなどから、ベビーカーに乗るのを嫌がることもあるかもしれません。2歳児がベビーカーを嫌がるときママたちがどのような工夫をしたのか聞いてみました。

おもちゃを用意する

「そのときの気分でベビーカーに乗りたがらないこともあるので、ベビーカーを使うときはおもちゃが欠かせません。シールブックに穴をあけて紐を通しベビーカーに掛けておいたり、こぶりなサイズのおもちゃを持参してベビーカーで遊べるようにしています」(30代ママ)

子どもが嫌がりそうなときは、ベビーカーに乗りながら使えるおもちゃを用意するとよいかもしれません。ママのなかには、お気に入りの人形のおもちゃを用意していっしょに乗るようにしたら嫌がらずに乗ってくれたという声もありました。

事前に説明しておく

「ベビーカーに乗る機会があるときは、子どもに対して先に説明するようにしています。事前に説明すると、子どももすんなりと乗ってくれることがあります」(30代ママ)

ベビーカーに乗ることを、事前に伝えるようにしたママもいるようです。ママのなかには、子どもに伝える場合はどこまでどのくらい乗るのか、なるべく子どもがわかりやすいよう、具体的に伝えたという声もありました。

2歳のベビーカーは子どもの様子にあわせて

子供を抱えるママとベビーカーに乗った子供
iStock.com/Satoshi-K

2歳頃の子どもは自分で歩きたがる反面、旅行など外出中に疲れると自分で歩かないこともあることから、ベビーカーなしでの外出が難しくベビーカーの必要性を感じるママもいるようでした。買い替えるときはコンパクトタイプを選んだり、使う場合はおもちゃを用意したりと子どもにあわせたベビーカーの使い方ができるとよいですね。

2019年02月14日

この記事を読んでいるあなたにおすすめの記事
子どもの栄養が心配なママ必見!幼児期に必要な栄養素を徹底解剖!
子どもの栄養が心配なママ必見!幼児期に必要な栄養素を徹底解剖!
[PR]株式会社明治
子どもの栄養摂取について悩むママ・パパも多いのではないでしょうか。今回の記事では、日本の子どもの栄養不足について小児科医に話を伺いました。栄養が与える影響とご家庭でも気軽に楽しく栄養摂取できる方法をお伝えします。
詳しくはこちら
  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レクチャーの関連記事

カテゴリ一覧